ピクシブ百科事典

ギルフォード・ザ・ライトニング

ぎるふぉーどざらいとにんぐ

遊戯王OCGに登場する戦士族モンスター
目次[非表示]

稲妻を操る伝説の戦士


神を除く初の3体リリースによるアドバンス召喚


『遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2』付属カードで登場した光属性・戦士族の最上級モンスターであり、3体のリリースによってアドバンス召喚できる。
2体のリリースによるアドバンス召喚も可能であるが、3体のリリースによるアドバンス召喚に成功すれば、相手モンスターを全て破壊すると言う禁止カードにおける『サンダー・ボルド』に匹敵する効果を持つ。

神のカードを除けば遊戯王OCGで初めて登場した3体リリースによる召喚が可能なモンスターである。

また、攻撃力が2800もある為に特殊召喚して攻めたり、光属性を活かして『オネスト』の効果も受けれる。

さらに『ユーフィロイド・ファイター』の融合素材にも使える為に召喚できない場合はそっちを狙うのもありである。

生け贄の補充


このモンスターの魅力は何を言っても3体リリースによるアドバンス召喚後の相手モンスター全体破壊。
その効果を発揮する為には3体のモンスターを場に出すのが必要不可欠である。
しかし、最近ではモンスターを特殊召喚するカードが多く存在するために生け贄補充もしやすくなっている。
戦士族専用デッキでもそれは可能である。

さらには通常召喚せずに3体のモンスターを揃える方法はいくつもある。

  • 『リミット・リバース』のような特殊召喚カードで『ヒーロー・キッズ』を特殊召喚した後、その効果でデッキから2体の同名モンスターの特殊召喚。

  • 『トゥルース・リインフォース』などの効果で攻撃力1500以下のモンスターの特殊召喚の後、『地獄の暴走召喚』のコンボで同名モンスターをさらに2体特殊召喚。

  • 相手の場にしかモンスターがいない時に、『サイバー・ドラゴン』の特殊召喚の後、『フォトン・サンクチュアリ』でフォトン・トークンの特殊召喚。

  • 『ワン・フォー・ワン』の効果で攻撃力500以下のモンスターを特殊召喚した後、『機械複製術』での同名モンスターの特殊召喚。

  • 『トライワイトゾーン』で墓地に存在するレベル2以下の通常モンスターを3体同時特殊召喚。

  • 『フォトン・リード』の効果で手札から『カイザー・シーホース』を特殊召喚した後に、使用して墓地に送られた『フォトン・リード』をゲームから除外して『マジック・ストライカー』を特殊召喚。

などさまざまな方法がある。

また、ペンデュラム召喚との相性が良く、3体のモンスターをペンデュラム召喚した後にそのモンスターをリリースしてのアドバンス召喚も強力である。
しかもリリースしたのが全てペンデュラム召喚であれば、また相手が壁モンスターを出しても『強制脱出装置』などでこのカードを手札に戻した後、再び3体のペンデュラムモンスターをペンデュラム召喚し、3体リリース狙いをするのも面白い。

注意すべき事


このカードは光属性である為、光属性の2体分のリリース素材になる『カイザー・シーホース』でリリース減少を狙うのもあり。

しかし、『死皇帝の陵墓』の効果によってライフを3000払って召喚しても効果を発動する事はできない。
それは3体のリリースによるものどころがアドバンス召喚ですらないからだ。



活躍


バトルシティの準決勝で城之内闇マリク戦で使用した最上級モンスター。
彼の最強のしもべであり、自らの手で手に入れたレアカードである。
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム』・『ロケット戦士』・『漆黒の豹戦士パンサーウォリアー』の3体を生け贄に召喚され、その効果によって無敵状態の『万力魔神バイサー・デス』を破壊した。(アニメでは『プラズマ・イール』)
その後は直接攻撃を失敗し、『ラーの翼神竜』の効果によって破壊されてしまう。

原作ではこれだけの登場だが、アニメではドーマ編、KCグランプリ編、劇場版『光のピラミッド』にも登場。

『R』でもキース戦(2回目)に登場して彼のライフを大幅に削る大活躍をしたが、最終的には『邪神イレイザー』によって破壊されるなど、2度も神に倒される事となった。

攻撃名は『ライトニング・クラッシュ・ソード』、効果名は『ライトニング・サンダー』。



ステータス


効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守1400
このカードはモンスター3体をリリースして召喚する事もできる。
(1):モンスター3体をリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。


関連タグ

遊戯王OCG 戦士族
城之内克也 切り札
生け贄 破壊 稲妻

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルフォード・ザ・ライトニング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5224

コメント