ピクシブ百科事典

サイバー・ドラゴン

さいばーどらごん

サイバー・ドラゴンとは遊戯王OCGに登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

光属性機械族効果モンスター
その名の通り「機械竜」といった見た目で、融合体や派生体を多く持つ。
アニメ遊戯王GX丸藤亮が使用。彼の人気と相まって、多くのデュエリストから愛されている。

アニメ・漫画

初登場は「VS十代」1戦目。
この時は「相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、生贄(現在のリリース)無しで召喚できる」という効果だった。
E・HEROフェザーマンを戦闘で撃破するも、返しのターンにE・HEROサンダー・ジャイアントの効果で破壊されてしまった。
しかし、死者蘇生で復活し、手札の2体目と融合してサイバー・ツイン・ドラゴンとなった。
さらに、終盤では「融合解除」でフィールドに戻った後、パワーボンドによって手札の3体目と共にサイバー・エンド・ドラゴンへと融合する。

その後も亮のデュエルではかなりの割合で登場。効果は使わずに融合素材にされることも多いが、「融合解除」によって複数体フィールドに並ぶ姿も度々見られる。

使用カードが変わっていることが多い漫画版でも亮が使用している。

攻撃名は「エヴォリューション・バースト」。初登場時はなぜか炎を吐いていたが、再登場時には融合体同様に光線を発射するものに変更された。
後に「DUEL TERMINAL-シンクロ覚醒!!-」にてカード化されているが、こちらのイラストも光線になっている。

OCG版

アニメと同じ条件で特殊召喚へと変更された。
このおかげで追加で通常召喚が行えるため、登場から長らく幅広いデッキで使用される優秀なアタッカーとして名を馳せた。
派生体のキメラテック・フォートレス・ドラゴンにより、相手の機械族を素材として除去できる一方で同様に相手に除去されるリスクを抱えるようになったり、シンクロモンスターの登場後もその素材としても重宝されたりと、時代を越えて愛用され一時は制限カードにまでされていた。

しかし、最近はデュエルの高速化がさらに進み、攻撃力のインフレも進んだためこのカードの攻撃力ではアタッカーとするにはやや苦しくなった。
また、エクシーズモンスターはランク4が主流であることや、似たような特殊召喚効果持ちが増えたことなどもあり、現在は制限を解除されている。

環境の第一線からは退いたものの、ランク5のエクシーズモンスターを中心に使うデッキでは強力な効果を持つセイクリッド・プレアデスの素材にできることから採用を検討される。
また、このカードや派生体を中心とした構築済みデッキ「ストラクチャーデッキ-機光竜襲雷-」が発売されるなど、根強い人気を持っているカードである。

制限

  • 2008年3月1日に準制限カードに指定。
  • 同年9月1日に制限カードに指定。
  • 2010年03月1日に準制限カードに緩和。
  • 同年09月1日に制限解除。


テキスト

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在していない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

派生カード


効果モンスター

サイバー・ドラゴン・コア
サイバー・ドラゴン・ツヴァイ
サイバー・ドラゴン・ドライ
サイバー・バリア・ドラゴン
サイバー・レーザー・ドラゴン
プロト・サイバー・ドラゴン

融合モンスター

キメラテック・オーバー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
キメラテック・ランページ・ドラゴン
サイバー・エンド・ドラゴン
サイバー・ツイン・ドラゴン

エクシーズモンスター

サイバー・ドラゴン・ノヴァ
サイバー・ドラゴン・インフィニティ

関連項目

遊戯王OCG 機械族 丸藤亮 サイバー流

pixivに投稿された作品 pixivで「サイバー・ドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79252

コメント