ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カードテキスト

通常魔法
自分フィールド上に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合に発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
このカードを発動するターン、「サイバー・ドラゴン」は攻撃できない。

概要

遊戯王GXの登場人物、丸藤亮相棒であるサイバー・ドラゴン専用のサポートカードの一つ。カード名の元ネタは劇中のサイバー・ドラゴンの攻撃名、いわゆる「必殺技」カードと呼ばれるものの一つである。サイバー・ドラゴン系のカードは数多く存在するが、その必殺技がOCG化されているのは現状このエヴォリューション・バースト以外ではサイバー・エンド・ドラゴンの「エターナル・エヴォリューション・バースト」のみ。

相手のカードを種別や表示を問わず1枚破壊できるという分かりやすく使いやすい効果だが、自分のフィールド上にサイバー・ドラゴンが存在しなければ発動できない点と、使用したターンはサイバー・ドラゴンが攻撃できなくなってしまう点がネック。しかし、これはリスクとしては割と軽い部類に入り、尚且つサイバー・ドラゴンの性質からフォローが比較的容易なのが大きな特徴。
前者の弱点はサイバー・ドラゴン自体が展開力に定評があり、尚且つ「フィールド上ではサイバー・ドラゴンとして扱う」カードが多数存在するため、発動条件自体は簡単に満たせる場合が多い。純粋なサイバー・ドラゴンデッキなら複数枚投入してもそうそう腐ってしまうことはないだろう。
後者の弱点は自軍のサイバー・ドラゴン全員が攻撃できなくなってしまう。これは発動時にフィールドにいたものは勿論、発動後にフィールドに出したサイバー・ドラゴンでも攻撃できない。しかし、逆に言えばサイバー・ドラゴン以外のモンスターなら普通に攻撃できるということでもあり、融合やシンクロ召還などで「サイバー・ドラゴン」ではないモンスターにしてしまえば実質デメリットを無視することができる。進化の手段と方向性が非常に多いサイバー・ドラゴンなら決して難しい話ではないだろう。
なお、1ターン中に何枚発動してもデメリットは変わらないので、可能なら一気に発動してしまうのもアリ、というかそれが望ましい。

ちなみにサイバー・ドラゴン・ツヴァイの場合、攻撃したターンのメインフェイズ2で効果を適応し、サイバー・ドラゴンになることでエヴォリューション・バーストを発動させることも可能である(「サイバー・ドラゴン」として攻撃しているわけではないので発動条件に触れない)。

関連項目

サイバー・ドラゴン
エターナル・エヴォリューション・バースト

関連記事

親記事

サイバー・ドラゴン さいばーどらごん

兄弟記事

コメント