ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

カード

通常モンスター

星4/地属性/魔法使い族/攻1900/守 900

交互に攻撃を仕掛けてくる、エルフの双子姉妹。


概要

遊戯王OCGの最初期、BOOSTER4の時代に登場した通常モンスターカード。


当時の下級モンスターは攻撃力数百程度というものも少なくない中、攻撃力1900という上級モンスター級の高攻撃力を持っていたことから、登場当初から多くのデュエリストに注目されていた。


当時のレベルは攻守合計/700(端数切り捨て)で機械的に算出されていたため、合計2800のヂェミナイ・エルフは一部例外を除けば最高クラスのステータスを持つレベル4カードだった。しかもそれが攻撃力側に寄っており、使い道が非常にわかりやすい点も長所である。


その後ルール整備などが行われ、通常召喚可能なのはレベル4以下モンスターに限る事が明言されるが、その環境下でもデメリット無し下級モンスターとしては最大攻撃力の座を維持した。後にブラッド・ヴォルスが登場すると合計ステータス差でNo1の座を明け渡す事になるが、あちらが闇属性・獣戦士族というサポートカードを使いまわしづらい能力なのに対し、地属性・魔法使い族とサポートカードが豊富な組み合わせになっている点は差別化点となっていた。


なお、初出であるBOOSTER4ではノーマルカードで排出数もそれなりに多かったが、ガチデッキを組むのであればこのカードかブラッド・ヴォルスの3積みが必須というような風潮があったことから需要は高く、カードショップでは高額取引されるカードだった。人気の高さから、レアリティ違いで繰り返しその後も再録されている。


カードプールが拡大されるにつれ、攻撃力1900どころか2000の通常モンスターも珍しくなくなくなり、攻撃力1900+メリット効果持ちモンスターも多数登場したことなどから、かつてほど「どのデッキにも無条件で入る」というカードではなくなっている。ただ一方で、地属性・魔法使い族、レベル4という部分が後発のサポートカードやシステムに対応する事も少なからずあり、それなりの打点を持つ下級枠として採用されることはちょくちょくある。


イラスト面でも人気が高く、アジアチャンピオンシップ2001では上位入賞者によって描き下ろしリクエストされたものの、現在該当カードの所在は不明で伝説のレアカードと化している。


原作・アニメ・ゲーム


アニメ

初期の人気カードは多くが遊戯、海馬などが使う→カード化という流れを汲んでいるが、このカードは実は原作には存在せず、原作・アニメでの初出はアニオリの乃愛編である。

女性モンスターカードという事で、のデッキに投入されていた。


劇場版作品『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 光のピラミッド』ではペガサスがトゥーン・ヂェミナイ・エルフを使用している。


GX」では、明日香が過去にデッキ投入していたカードとして回想シーンで登場している。現在はサイバーガール/エンジェル・白夜テーマのカードを主力としているため、劇中で直接登場することはなかった。


ゲーム

ゲーム作品では海馬ブラッド・ヴォルスに対抗する形で

闇遊戯のデッキに下級モンスターとして投入されている場合が多い。


『遊戯王デュエルモンスターズ ワールド チャンピオンシップ2008』では

対戦相手キャラとして登場し、死皇帝の陵墓軸のブラック・マジシャンデッキを使う。


『遊戯王Falsebound Kingdom』では姉妹で1体ではなく、それぞれ別キャラクターとして登場。褐色肌赤髪の方が姉の「カチュア」、色白金髪の方が妹の「ローラ」という名前である事が明かされている。


余談

フレーバーテキストには「交互に攻撃を仕掛けてくる、エルフの双子姉妹」と

書かれているが、「姉妹」の部分のルビは「しまい」ではなく「きょうだい」と書かれている。

兄妹や姉弟で「きょうだい」と読ませる場合はままあるが、姉妹を「きょうだい」と読むのが

意図された正しい物なのか誤植なのかは謎である。


派生カード

トゥーン・ヂェミナイ・エルフ

関連項目

遊戯王OCG 魔法使い族

関連記事

親記事

魔法使い族 まほうつかいぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111374

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました