ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カード

通常モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1900/守 900
交互に攻撃を仕掛けてくる、エルフの双子姉妹。

概要

遊戯王OCGの最初期、BOOSTER4の時代に登場した通常モンスターカード。
最初期環境では攻撃力数百程度しかない下級モンスターが多かったなか、
攻撃力1900という上級モンスターに匹敵する高攻撃力を持つことから
登場当初から注目され、下級アタッカーとして多くのデュエリストに採用された。

最初期のOCGはルールが未整備な部分があったが、その後きちんと整備されると
レベル4で攻撃力1900というのはデメリットの無い下級モンスターの中では
最高値で、後に登場したブラッド・ヴォルスかこのカードが採用される事が多かった。
なお、当初BOOSTER4で収録された際のレアリティはノーマル扱いで排出数も
それなりに多かったが、3枚積みする必須カード扱いされた事などから
需要が非常に高まり、前述のルール整備直後はカードショップ等で高値で売買されていた。

その後攻撃力1900~2000で有用な効果を持つ下級モンスターが
登場するに従って必須カード級の扱いからは外れていったが、イラスト面等から
引き続き人気が高く、度々レアリティ違いや描き下ろし新規イラスト版が登場している。
現在は地属性・魔法使い族である事に加え、それなりの打点も持つという特性から
これらの特性が噛み合うデッキに起用される事がある。

余談

フレーバーテキストには「交互に攻撃を仕掛けてくる、エルフの双子姉妹」と
書かれているが、「姉妹」の部分のルビは「しまい」ではなく「きょうだい」と書かれている。
兄妹や姉弟で「きょうだい」と読ませる場合はままあるが、姉妹を「きょうだい」と読むのが
意図された正しい物なのか誤植なのかは謎である。

ゲーム作品では海馬ブラッド・ヴォルスに対抗する形で
闇遊戯のデッキに下級モンスターとして投入されている場合が多い。
『遊戯王デュエルモンスターズ ワールド チャンピオンシップ2008』では
対戦相手キャラとして登場し、死皇帝の陵墓軸のブラック・マジシャンデッキを使う他、
『遊戯王Falsebound Kingdom』では姉妹で1体ではなく、それぞれ別キャラクターとして
登場しており、褐色肌の方が姉の「カチュア」、色白な方が妹の「ローラ」という
名前である事が明かされている。

派生カード

トゥーン・ヂェミナイ・エルフ

関連項目

遊戯王OCG 魔法使い族

関連記事

親記事

魔法使い族 まほうつかいぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヂェミナイ・エルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70261

コメント