2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要(アニメ・原作)

原作ではバトルシティ編以降の海馬瀬人がデッキに投入していた通常モンスター
ミノタウルスの後釜的ポジションであり、使う武器が斧の獣戦士族。

パワーカードを好む海馬のカードらしく、当時の水準ではデメリットのない下級モンスターでは最高だった攻撃力1900を持つ。
序盤の様子見に使われる事が多いが、その高い攻撃力をあまり活かせずに破壊されたり生贄にされて上級モンスターに繋げられてしまう事が多い、ちょっと不遇なモンスター。

『殺戮の魔獣人』の二つ名を持ち、攻撃の際には手に持っている得物の斧で敵を斬りつけるのだが、乃亜編での海馬剛三郎戦で登場した際には斧をブーメランのように投げつけるという攻撃を披露した。

遊戯王GX』以降の作品では海馬が使ったカードという事もあり、ちょくちょくカメオ出演的に登場している。海馬以外のデュエリストでは三沢大地チーム・サティスファクション時代の鬼柳京介等が使用している。

カードテキスト

通常モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
悪行の限りを尽くし、それを喜びとしている魔獣人。
手にした斧は常に血塗られている。

解説(OCG)

登場当時はデメリットの無い下級モンスターとしてはヂェミナイ・エルフと並んで
最高攻撃力の1900、更に守備力も申し訳程度だがあちらよりも高いため、下級モンスター最強カードのような扱いを受けており、デッキに3枚積むデュエリストも多かった。
その後は魔導戦士ブレイカー等の攻撃力1900+有用な効果持ちや怒れる類人猿等の実質デメリットが無いに等しい攻撃力2000のデメリットアタッカーが登場した事から徐々に環境から姿を消していった。

しかしこのカード最大の問題点は入手難易度が異常に高い事であった。
というのは本カードはゲームボーイカラー用ソフト『遊戯王デュエルモンスターズ4』が3バージョンあるうち、海馬バージョンに封入されている可能性があるカードの一枚だったのである。同作はゲーム自体のデキが微妙だった事もあり、「クソゲーをカード付属で無理やり売っている」と当時から揶揄されていた非常に悪名高いソフトである。
しかも、税抜4800円のゲームを1本買ったとしても封入カードは各バージョン毎に5種のうち3枚がランダムに封入の為必ず手に入るとは限らない。3積みしたかったら最低でもソフトを3本以上の購入が必須となってくるから極悪である。シングル買いにしても当然ソフトを購入してこのカードを売った人が居ないと在庫ができないため、取引価格は非常に高騰していた。

流石に問題があると判断されたのか、DM4発売の2000年年末から丸1年と少したった2002年の1月に発売されたストラクチャーデッキ海馬編に収録されたのを筆頭に、ストラクチャーデッキや記念パック等に繰り返し収録された為に現在では入手が容易である。

GX放映時やシンクロ全盛期では、ぱっとしない存在だったが、エクシーズ召喚の導入、レスキューラビットや炎舞の登場によって、ランク4素材やウイルスカードのコスト候補として、そこそこ評価されるようになる。

炎星や妖仙獣などに属する獣戦士族モンスターと差別化できる点があるとすれば、ヴェルズ・ナイトメアの素材になれる事か。

関連タグ

遊戯王OCG 通常モンスター 獣戦士族 闇属性
レジェンドカード(RD)

関連記事

親記事

獣戦士族 じゅうせんしぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4052

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました