ピクシブ百科事典

妖仙獣

ようせんじゅう

妖仙獣 とは『遊戯王OCG』に登場するカード群である。
目次[非表示]

概要

『ブースターSP-トライブ・フォース-』にて登場。
主に妖怪をモチーフとした和風のテーマであり、属するモンスターは全て風属性で統一されている。

多くのモンスターが召喚もしくは特殊召喚に成功した時に発動する効果を持っている。
また、所属するモンスターの多くが、召喚(特殊召喚)したターンのエンドフェイズに手札に戻るという、スピリットに似た効果も有している。

レベル10の魔妖仙獣大刃禍是が切り札となるペンデュラム召喚のテーマであるのだが、レベル4の鎌壱太刀、鎌弐太刀、鎌参太刀がそれぞれ「召喚成功時、同名カード以外の妖仙獣を追加召喚できる」という効果が特に強力。
重要なのが「特殊召喚」ではなく「召喚」であるため、ペンデュラム召喚を含めた特殊召喚ができない状態でも大量展開ができるという地味ながらもインチキな性能を持つ。
加えて鎌壱太刀はバウンス効果、鎌参太刀はサーチ効果、鎌弐太刀は鎌参太刀の効果を発動しやすくできる直接攻撃効果を持っており、これらを展開するだけでアドがとれるのも魅力の一つ。
毎ターン手札に戻るので除去も受けにくく、これらの効果も自動的に毎ターン使用しやすい。

これにより上記の鎌壱太刀3兄弟(アニメより)を軸にし、「虚無空間」や「マクロコスモス」などのメタカードを大量に積んだようなデッキが妖仙獣のスタンダード、つまりはペンデュラム召喚のテーマなのにペンデュラム召喚をしないほうが強いというテーマになっている。もっとも、アドバンス召喚のギミックもあるため、通常召喚で攻めてよし、アドバンス召喚やペンデュラム召喚を絡めてもよしのカテゴリーともとれる。


モンスター一覧


発売されたモンスターカード


モンスターの容貌は、獣人のような姿の者と、人型ではない精霊のような姿の者に分かれる。
モンスターの名前は、風や山の妖怪や精霊あるいは風や山に関する言葉の当て字で構成されている。
詳しくは以下の通りである。

各モンスター名「送り仮名」(英語名)
各画像
名前の由来等


妖仙獣 鎌壱太刀「ようせんじゅう かまいたち」(Yosenju Kama 1)妖仙獣 鎌弐太刀「ようせんじゅう かまにたち」(Yosenju Kama 2) 妖仙獣 鎌参太刀「ようせんじゅう かまみたち」(Yosenju Kama 3)
妖仙獣 鎌壱太刀
妖仙獣 鎌弐太刀
【遊戯王ocg】 妖仙獣 鎌参太刀(その弐)
名前の由来は三人連れの妖怪鎌鼬(最初に人を転ばせる役目を持つ)。名前の由来は三人連れの妖怪鎌鼬(次に人を斬りつける役目を持つ)。名前の由来は三人連れの妖怪鎌鼬(最後に薬をつけていく役目を持つ)。
妖仙獣 閻魔巳裂「ようせんじゅう やまみさき」(Yosenju Misak)妖仙獣 凶旋嵐「ようせんじゅう まがつせんらん」(Yosenju Magat)妖仙獣 辻斬風「ようせんじゅう つじきりかぜ」(Yosenju Tsujik)
【遊戯王ocg】 まどろみ風の妖仙獣
凶と辻
凶と辻
イラスト下が閻魔巳裂。名前の由来は人に大病を起こさせる風の妖怪(亡霊とも言われている)ヤマミサキ。イラスト向かって左が凶旋嵐。2014年11月発売の「ザ・シークレット・オブ・エボリューション」に収録。名前の由来は「凶(「禍(まが)」の当て字としての意味)」+「旋風(つむじ風を意味する)の風の字を嵐に置換」の当て字。イラスト向かって右が辻斬風。2014年11月発売の「ザ・シークレット・オブ・エボリューション」に収録。名前の由来は通行人を斬りつける「辻斬り」+「風」。
妖仙獣 大幽谷響「ようせんじゅう おおやまびこ」(Yosenju Oyam) 妖仙獣 木魅「ようせんじゅう こだま」(Yosenju Kodam)魔妖仙獣 大刃禍是「まようせんじゅう だいばかぜ」(Mayosenju Daibak)
妖仙獣まとめた。
無題
魔妖仙獣 大刃祸是
イラスト向かって左が大幽谷響。2015年2月発売の「クロスオーバー・ソウルズ」に収録。名前の由来は、山に向かって発した音を遅れて返答する妖怪山彦。2015年2月発売の「クロスオーバー・ソウルズ」に収録。名前の由来は、妖怪山彦と同じく音を反響させる樹木の精霊木霊。ペンデュラムモンスター。名前の由来は旋風の姿で現れ馬に取り憑く妖怪提馬風。
妖仙獣 左鎌神柱「ようせんじゅう されんしんちゅう」(Yosenju Shinchu L)妖仙獣 右鎌神柱「ようせんじゅう うれんしんちゅう」(Yosenju Shinchu R)
唸る旋風! 妖仙ロスト・トルネード!
デュエルの一番星!ネオ・ニュー・沢渡!!!
イラスト奥側の向かって左が左鎌神柱。ペンデュラムモンスター。妖仙獣 右鎌神柱と合わせて一基の鳥居になる姿をしている。名前の由来とモチーフは不明だが、長崎県山王神社の二の鳥居(一本柱鳥居)ではないかと言われている。イラスト奥が右鎌神柱。ペンデュラムモンスター。妖仙獣 左鎌神柱と合わせて一基の鳥居になる姿をしている。こちらもモチーフは、長崎県山王神社の二の鳥居(一本柱鳥居)ではないかと言われている。

妖仙獣に関連する魔法・罠カード一覧


魔法カード一覧


カード名「送り仮名」(英語名)イラスト
修験の妖社「しゅげんのようしゃ」(Yosen Training Grounds)永続魔法。剣の修行を行う鎌壱太刀と鎌参太刀のイラスト。アニメ第31話で沢渡が発動させた際、妖仙カウンターは燭台の蝋燭の点灯数で表された。
妖仙大旋風「ようせんだいせんぷう」(Yosen Whirlwind)永続魔法。2015年2月発売の「クロスオーバー・ソウルズ」に収録。荷馬車が風に巻き上げられるイラスト。
妖仙獣の神颪「ようせんじゅうのかみおろし」(Yosenju's Divine Mountain Winds)通常魔法。2016年11月発売の「DIMENSION BOX LIMITED EDITION」に収録。ペンデュラムスケールにセッティングされた右鎌神柱と左鎌神柱の奥に大幽谷響が描かれたイラスト。


罠カード一覧


カード名「送り仮名」(英語名)イラスト等
妖仙獣の秘儀「ようせんじゅうのひぎ」(Yosenju's Secret Move)カウンター罠。イラストには鎌壱太刀・鎌弐太刀・鎌参太刀が描かれている。
妖仙郷の眩暈風「ようせんきょうのめまいかぜ」(Dizzying Winds of Yosen Village)永続罠。2015年2月発売の「クロスオーバー・ソウルズ」に収録。谷間に吹き下ろす風(おくには修験の妖社に描かれている場所が見える)のイラスト。


アニメでの活躍

アニメ『遊戯王ARC-V』にて登場。
レオコーポレーションがペンデュラム召喚を研究するサンプルとして沢渡シンゴに与え、舞網チャンピオンシップ1回戦vs榊遊矢戦にて使用した。
沢渡というキャラクター自体、その名前の由来(群馬県吾妻郡中之条町の沢渡神社からではないかと言われている)から元々妖仙獣の使用者になる予定であったと言われていた(ただしこの名前の由来自体が、不確定情報ではある)。

デュエルでは、鎌壱太刀3兄弟を大量展開しつつ「修験の妖社」と妖仙獣鎌参太刀のサーチ効果で手札を増やし、さらに妖仙獣大幽谷響を手札に控えさせる事でフィールドががら空きになるデメリットをカバーするなど手堅い戦術を見せた。

また、「妖仙大旋風」と「妖仙郷の眩暈風」を合わせた「沢渡レジェンドコンボ 妖仙ロスト・トルネード」によるデッキバウンスは観客からも賞賛された。

なお、この時登場した新規カードも後に全てOCG化したが、肝心のカードはデュエル終了後に回収され、さらに沢渡も再登場時は「魔界劇団」という別カテゴリを使用している。

関連タグ

遊戯王OCG 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 魔妖仙獣大刃禍是 沢渡シンゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「妖仙獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163359

コメント