ピクシブ百科事典

蟲惑魔

こわくま

蟲惑魔とは、遊戯王OCGに存在するカテゴリーの一つ。「ちゅうわくま」ではない
目次[非表示]

概要

第8期ブースターパック「JUDGMENT OF THE LIGHT」で登場したカテゴリー。今のところ地属性で統一されている。

センシティブな作品
蟲惑魔集合絵



カテゴリー名の由来は恐らく「」+「蠱惑的」+「小悪魔
なお蠱惑魔」ではない。「コワク」と打っても「蠱惑」しか出ない上、「蟲」と「蠱」でパッと見の字面が似ている為誤字をしていても中々気付けないことがある。

英語名は「Traptrix」で、「trap(罠)」+「-trix(女性の行為者の接尾辞)」からなる造語であり、次いで「trick(策略)」も掛かっていると思われる。強いて訳すなら「ハニートラップを仕掛ける女」といったところか。
実在の英単語である「Tractrix(牽引線)」と似た語感の名称であり、中々凝っている。

モンスター一覧

所属するモンスターは、それぞれ罠を張る虫や食虫植物などがモチーフとなっている。

効果モンスター

アトラクガキ


モチーフは蜘蛛(蜘蛛の神格「『アトラ』ク=ナクア」)

戯れ


モチーフはアリジゴク(英語名「Antlion(アン『トリオン』)」)

センシティブな作品


モチーフはウツボ『カズラ』

ティオの蟲惑魔


モチーフはハエトリソウ(属名「Dionaea(『ディオ』ネア)」)

ランカの蠱惑魔


モチーフはハナカマキリ(通称「『ランカ』マキリ」)

traptrix genlisea


モチーフはゲン『リセ』ア属の植物

センシティブな作品


モチーフはム『ジナ』モ属の植物

エクシーズモンスター

フレシアの蟲惑魔


モチーフはラ『フレシア』

アロメルスの蟲惑魔


モチーフはアリの一種「『アロメルス』・デケマルティクラトゥス」

リンクモンスター

セラの蟲惑魔


モチーフはモウセンゴケ(属名「Drosera(ドロ『セラ』」)

センシティブな作品


モチーフはウサギゴケ(学名「ウトリ『クラリア』・サンダーソニ」)

詳細

外見・イラスト

所属するモンスターはいずれも昆虫族植物族であるが、その容姿はというと両種族には珍しい少女型。

椿姫ティタニアルなどの属する植物族はまだしも、女性型モンスターの代表がインセクト女王地底のアラクネーだった昆虫族においては、爬虫類族におけるレプティレス・ナージャのようないわゆる萌え枠であり、なかなか革新的なイラストとなっている
だがしかし
「蟲惑の落とし穴」を始めとする各種派生カードでは、嗜虐的に微笑む少女と共に、巨大で不気味な怪物の姿が確認できる。
未だ公式からの言及はないが、恐らく少女の姿は疑似餌アバターのようなものであり、それに釣られた獲物をにかけ捕食するという設定なのだろう。

アトラの蟲惑魔
ついつめ 



性能・戦術

メインデッキの蟲惑魔は「『ホール・落とし穴通常罠カードの効果を受けない」、エクストラデッキの蟲惑魔は「(条件付きで)罠全般の効果を受けない」という耐性をそれぞれ持っている。
また、各固有の効果として、落とし穴を始めとする通常罠カードに関する効果も持つ。
なお、この耐性効果は当初のテキストでは「「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠」という妙に長い表現がされていたが、これは英語版の表記との兼ね合いからの措置だと思われる(英語版では該当カードを全て「Hole」で括れる)。
9期からカードの効果テキストのフォーマットが一新され、多くのカードの文言がシンプルになる中、蟲惑魔の効果は「「ホール」通常罠カードまたは(及び)「落とし穴」通常罠カード」という長いんだか短いんだかよくわからない感じの表記になっている。

登場から新規の情報がしばらくなく、よくある単発テーマかと思われていたが、2015年2月に新規カード「ティオの蟲惑魔」が、翌年には待望のエクシーズモンスターフレシアの蟲惑魔」も登場し、以後もゆっくりとしたペースながら着実に数を増やしている。
とはいえ、その性質上「蟲惑魔」のテーマとしての強さは「落とし穴・ホール」通常罠の性能に左右される。
9期以降モンスターの展開力のインフレは凄まじく、単発の罠程度では追い付かなくなることも多くなったが、それを追うように「落とし穴」も多様化。出現時を狙えなければ弱いという弱点は相変わらずながら対応できる範囲も増えてきている。

「ホール」通常罠カードが効かないため自身の「ホワイト・ホール」の効果も無効化してしまい、「ブラック・ホール」の被害から守ることができない。だから何だというレベルのネタだが

「落とし穴を操る」という個性的なテーマであるため注目されたが、何分カードが少なく、さしたる勝ち筋もデッキ切れまで粘るほどの持久力もなかった為、構築には何らかの混ぜ物が必要だった。
海外では「Hand(ファイヤー&アイス・ハンド)」「Artifact(アーティファクト)」「Traptrix(蟲惑魔)」という3つのテーマからカードを出張させ混合構築したメタデッキが開発され、「HAT」と呼ばれ活躍していた時期もある。
なお、このHATを始め、初期のデッキでは蟲惑魔要素が「トリオンの蟲惑魔+奈落の落とし穴」という出張パーツしかなかったため「蟲惑魔("T"raptrix)ではなくトリオン("T"orion)のTではないか」と揶揄されることも多かったが、後年には強力なシナジーを発揮する「ティオの蟲惑魔」も共に投入されるパターンも増えていた。
そしてそもそもトリオンの英名(Myrmeleo)にTの要素は全くない。

しかしこれらは既に過去の話。「セラの蟲惑魔」が登場すると蟲惑魔デッキは大きなブレイクスルーを迎えることとなる。
リンク1で容易に展開でき、自分はおろか相手のあらゆる通常罠をも展開の起点にするセラによりテーマの展開能力が大きく改善、さらにデッキから任意の落とし穴をセットするためデッキ全体の回転率や対応力も大幅に向上したのである。
そしてセラによる蟲惑魔の展開は同種を並べることができない為、そのスペックをフルに発揮するには自然と採用する蟲惑魔の数を増やす必要があり、カテゴリの純構築として纏める明確なメリットも生まれた。
また、如何にモンスターの能力が向上しようと半ば型落ちの「奈落の落とし穴」が尚も採用圏内な程に「落とし穴」側が貧弱という課題も、そちら側の急速な成長によってほぼ解決。
結果、現在の蟲惑魔というデッキは「自他の罠を起点に相手のリソースを食い荒らし、並んだ蟲惑魔や罠でトドメを刺す」という、待ち・受けの設定からは程遠い攻撃的でアグレッシブなデッキとして成立している。

なお、罠を起点にするテーマとして「オルターガイスト」という先輩がいる。
「属性・レベル統一、種族2種」の蟲惑魔に対し、「種族統一、属性・レベルがバラバラ」と完全に対照的になっている他、オルターガイストが永続カードで自分の有利を押し付けるのに長けているのに対し、蟲惑魔は相手のアクションに対する的確な対応が求められる点で異なる。

弱点としては、いわゆる「罠ビート」として見た場合に、モンスター効果への比重が非常に大きい問題点がある。
特に躍進の元となったセラへの依存具合は致命的であり、徹底して除去・無力化されると簡単に行動不能に陥ってしまう可能性すらある。
またメタビートの宿命で、相手の先攻ぶん回しからの大量展開や制圧布陣を逆転する力に乏しい。
つまることろ、このテーマデッキを握るうえで、「相手の動きを見切る洞察力と何が何でも先攻を取る運命力」こそが最も重要なスキルと言える。

相性のいいカード、カテゴリ

「汎用性の高い”落とし穴”サポートカテゴリである」ことと「地属性の植物族or昆虫族である」ことの二点から、純以外でも様々な構築が取れる。
また、搦め手を得意とするカテゴリであるため、メタデッキ系統とも相性がいい。

パラレルエクシード幻影騎士団シェード・ブリガンダイン
「セラ」を絡めることで初手から複数モンスターを展開する際に有用なカード。
前者はリンク1の「セラ」をトリガーに場に出せ、同名を呼びつつランク4の素材になれるサイバース族
後者は即座に使用できるレベル4罠モンスターであり、セラの効果と共にレベル4モンスターが2体並ぶ。
共にセラからの展開の強さを支えるカードであり、時にはリンク3以上の大型へ繋ぐことも可能。

各種種族サポート
種族の関係上サポートは多く、また両方を同時にサポートするカードもある。
特に全員を蘇生できる「ギガプラント」とは相性がよく、よく抱き合わせで組まれている。

ヴェルズ
特殊召喚能力を持ち植物族でもある「ヴェルズ・マンドラゴ」、自在な離脱能力により落とし穴を絡めたチェーン戦術も可能な「ヴェルズ・サンダーバード」、特殊召喚制限能力により、落とし穴とともに圧力をかけられる「ヴェルズ・オピオン」などを擁し、またカテゴリ自体の地力も高い。

ナチュル
主なモンスター及びサポートが植物族と昆虫族に集中している上、カテゴリ自体もロック主体であり蟲惑魔と傾向が合致している。特に永続罠「ナチュルの神星樹」は強力な展開カードとして候補に挙げられる。

アーティファクト
手札から魔法・罠扱いで伏せることができ、破壊されることで特殊召喚できるカテゴリ。蟲惑魔の性質上魔法・罠の除去を狙われやすく、そこに絡めることで相手にその破壊をためらわせることができる。
破壊効果でカウンターする「アーティファクト・モラルタ」とエクストラからの展開を封じる「アーティファクト・デスサイス」が特に人気。
また、「No.61ヴォルカザウルス」等優秀なモンスターを擁するランク5にタッチできるようにもなる。
前述の「HAT」はこれらの発想を推し進めたデッキである。

バージェストマ
韓国版「遊戯王TCG」で生れ、2016年夏に来日したレベル2罠モンスターテーマ。
罠に反応して墓地から出てくる性質上落とし穴を多用する蟲惑魔とは好相性で、ドローや多彩な戦闘補助・除去を行う効果が多い為デッキ全体を罠だけである程度完結させやすい。
また、強力なアタッカーである「バージェストマ・アノマロカリス」や「餅カエル」、その他粒揃いのランク2モンスター達を合わせて採用できる。
ただし、蟲惑魔側はバージェストマとの相性が良いものの、バージェストマ側は蟲惑魔との相性が良くないので採用バランスには注意。

闇属性・地属性チューナー
すでに出てしまった大型モンスターに対処できる大型シンクロを採用できる。
種族サポートをある程度共有できる「インフェルニティ・ビートル」、自己蘇生能力を持ち再利用しやすい「ゾンビキャリア」等の闇属性チューナーならフィニッシャーにもなり得る「地底のアラクネ―」等が、先述のナチュルを始めとする地属性チューナーなら「ナチュル・ビースト」などのロックモンスター等を投入できるようになる。
ただし、基本的に蟲惑魔との直接のシナジーはないため事故要因になる可能性もあることには注意。

真竜皇リトスアジムD
モンスター2体を破壊することで特殊召喚でき、それが指定の属性2体なら追加で効果を発動できる「真竜皇」の地属性担当。
その効果は「相手のエクストラデッキのピーピング除外」という強力無比な物であり、蟲惑魔が最も苦手とする「打点と耐性を併せ持つフィニッシャー」を出現前に始末できる。
先攻初手での発動は、決してリソースそのものが多いとは言えないこのテーマに置いてはかなりリスクが高いが、相手のデッキタイプを確認しつつ場合によってはそのプランを砕くこともでき相応のリターンが望めるだろう。

チェーン系
チェーンを重ねていくことで効果を発揮するカード群。「積み上げる幸福」や「連鎖爆薬」が該当する。
落とし穴が原則フリーチェーンであり、「サンダーバード」や「ゼンマイラビット」等のカードとも蟲惑魔が相性が良いことから、戦術の一つとして考慮できる。

マクロコスモス虚無空間
大抵のデッキに刺さる強力なメタカードの組み合わせ。単純にロック性能が向上する。
ただし、マクロコスモス等を採用するいわゆる「次元型」にする場合、優秀なエンジンであるティオが投入できなくなり、虚無空間等で直接特殊召喚を封じるとトリオンやティオの特殊召喚時効果が使えなくなる。
また、デッキ全体の魔法・罠への依存度が上がるため、比例してそれらへの対策・除去カードに異常に弱くなってしまうことにも注意。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



余談

前述のとおり初期は数も性能も非常に頼りないテーマであったが、10期辺りから直接の強化ペースが早くなっていたり、テーマ人気投票に顔を出すようになったりと、そのコアな人気は開発側も認識していることがうかがえる。
そして「カードイラスト自体に需要がある少女テーマ」という「霊使い」に近しいポジションと見ているのか、急速に高レアリティカードが増加する傾向が見られる。

関連タグ

遊戯王OCG
遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧
昆虫族 植物族 落とし穴(遊戯王)
小悪魔
紳士ホイホイ 虫娘 植物娘

関連記事

親記事

遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむのとくしゅかてごりーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蟲惑魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4137468

コメント