ピクシブ百科事典

ラフレシア

らふれしあ

ラフレシアとは、インドネシア原産の花である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 『ポケットモンスター』シリーズの登場キャラクター。→ラフレシア(ポケモン)
  2. ガンダムシリーズに登場する架空の兵器。→ラフレシア(MA)
  3. 宇宙海賊キャプテンハーロック』の登場キャラクター。


本項では、植物のラフレシアと、独立記事が無い項目について記述する。

ラフレシア(花)


インドネシア原産の寄生植物。
強烈な腐臭を放ち、その花粉を運ぶ虫も屍肉や糞にたかるハエである。
しかし、花を咲かせるには約二年という長い時間を要する上、花が咲いてから枯れるまでの期間もおよそ三日という短い為、その生態を知る人達から嫌われている割には出会うのが難しい植物でもある。
花言葉は『夢現(ゆめうつつ)』。
世界最大のとして知られているが、実際に世界一巨大な花は「ショクダイオオコンニャク」というこれまた悪臭を放つ植物である。

そのインパクトから、様々なキャラクターのモチーフとして用いられている。

ラフレシア(宇宙海賊キャプテンハーロック)

ラスボス植物から進化した宇宙人マゾーンの女王
原作漫画において中盤からその正体を現し、ハーロック達の動向を探る様子が描かれる。
容姿は典型的な「松本美人」。
ハーロックの基地を見つけながら破壊しなかったり、単純に話をしに直接会いにいったり
とらえ様によってはナメているとしか思えないが、義は通す様子。
例の如く話が中途半端に終わっているので(ry

pixivに投稿された作品 pixivで「ラフレシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1255118

コメント