ピクシブ百科事典

ショクダイオオコンニャク

しょくたいおおこんにゃく

ショクダイオオコンニャクとは、サトイモ科コンニャク属の世界最大の花である。英名はTitan arum(タイタンアルム)。

概要

名前の由来は花の形が燭台に似ている事から。
別名スマトラオオコンニャク
インドネシアスマトラ島の熱帯雨林に自生する。
花は7年に一度2日間しか咲かず、凄まじい悪臭を放つ。
世界最大の花と言えばラフレシアを思い浮かべる人が多いが、ラフレシアは「花単体として」の最大種であり、ショクダイオオコンニャクは複数の花が密生している「花序」という種類で、それぞれが別のカテゴリで世界最大の花とも言える。
その強烈な腐臭と奇異な花の形から死体花、オバケコンニャクという別名もある。
日本国内では、東京大学理学部付属施設である小石川植物園が1991年に日本初の開花に成功し
たものの3年後に枯死。その後に複数の種子を入手し、これを姉妹株として国内各地の植物園に広まっていった経緯がある。(現在では別入手された系統もある。)
その希少性・珍奇性の高さから、開花時には新聞やニュースの日常欄で取り上げられることも多い。

ちなみに、イギリス王立園芸協会がインターネット投票で決めた「世界で最も醜い植物」の第一位にも選ばれた事がある。

関連タグ

 スマトラオオコンニャク 死体花
ラフレシア

pixivに投稿された作品 pixivで「ショクダイオオコンニャク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9308

コメント