ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

脈翅目に属する昆虫のうち、ウスバカゲロウツノトンボ(名前に反してカゲロウでもトンボでもない)の幼虫のこと。

通常はウスバカゲロウの方を示し、その漏斗状ののことも含めて言われることもある。


卵から生まれたばかりの時は前に動けるが、それ以降はの構造故に後ろ向きにしか歩けないのが特徴的。この事から「あとじさり」とも呼ばれ、「すりばちむし」の別名も持つ。


体長約1cmと丸い体型。平たい頭部の正面には6対の単眼と、クワガタムシのように大きく発達したノコギリ状のを持つ。


この顎は1対に見えるが、実は2対の顎(外側の大顎と内側の小顎)がくっついて形成された吸汁用のストローである。この顎で獲物を掴みながらをすすり、空殻になるまで食い尽くす。


ウスバカゲロウのアリジゴク

最もよく知られるアリジゴク。ツノトンボと比べて腹部は盛り上がり、滑らかで突起を持たない。


穴でもある漏斗状のを乾燥した地面で作り、アリダンゴムシなどの飛べないが来るのを底に待ち伏せ、巣穴に落ちた獲物に粒をぶつけ追い落として捕食する。

ウスバカゲロウの英語名「antlion」がこの生態に由来する(直訳は"アリの獅子"だが、意訳としては"アリの殺し屋"が近い)。


ただし巣に獲物が落ちることが極めて稀であり、月に1匹しか食えないこともザラである。そのため飢餓乾燥に対しては大変強く、3か月餌を全く食わなくても死なない


食べ残された死骸や、巣穴に落ちた石ころなどのゴミを自ら顎で鋏んで投げ捨てる。巣穴にジャンジャン虫が入ってくる状態では巣の整備を雑にしてしまうが、一週間程飢餓を迎えるとまた巣を整備し直す。


なお前述した捕食性とは裏腹に防御力は低く、陸上に出ると獲物であるはずのアリなどに軽々と捕食されてしまう。他にもアリジゴクの巣に他のアリジゴクを入れた場合は、入れられた方が食べられてしまう。


穴の中では排泄が出来ず、尿も我慢して成虫になってから放出するとされてきたが、最近の研究によりたまにおしっこはしていることが判明した。ちなみにこれを発見したのは何と日本小学生である。


ツノトンボのアリジゴク

ウスバカゲロウと比べて腹部は扁平で、縁辺部に数多くの突起が並んでいる。


を作らず、地表や岩、植物などの表面でそのまま獲物を待ち伏せるため、環境の色に溶け込むカモフラージュが優れている。


フィクション・創作関連

奇妙な外見と凶暴な生態故に、悪役モチーフとなることが多い。大概はモグラケラモチーフのキャラクターと同じく、の中を動き回ったりする。成虫がモチーフとなる作品はあまりない。

一方でトリオンの蟲惑魔のように美少女化されている作品も存在する。


仮面ライダーシリーズ

昭和

平成一期

平成二期


スーパー戦隊シリーズ

昭和戦隊

20世紀平成戦隊

21世紀平成戦隊

令和戦隊


その他特撮


漫画・アニメ


ゲーム


楽曲


比喩表現

巣穴から抜け出すことが困難なことから、一人では逃げ出せない、または抜け出せない困難(借金など)の厳しい現状を表す例えとして使用されることもある。


また、グンタイアリなど一部の毒アリにたかられることをこのように形容することもある。こちらは人間であっても命に関わるほど危険。


表記揺れ

アリジゴク


関連タグ

昆虫 脈翅目 ウスバカゲロウ ツノトンボ 幼虫

肉食 捕食 /トラップ 待ち伏せ カモフラージュ

 砂漠 地獄 ミルメコレオ

関連記事

親記事

脈翅目 みゃくしもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314593

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました