ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

MOTHER3

まざーすりー

2006年4月20日に任天堂から発売されたRPG。『MOTHER』シリーズの第3作目である。
目次 [非表示]

「あんなウルッてくるとは思わなかった。仕事柄、台詞に引き込まれる所があって……その一行一行が重いですよね」


奇妙で、おもしろい。

   そして、せつない。

(※本作のキャッチコピー)


概要編集

データ

種類オリジナル版VC版※1NIntendo Switch Online
機種GBAWiiUNintendo Switch
発売日2006年4月20日2015年12月20日2024年2月21日
開発元任天堂HAL研究所ブラウニーブラウン・東京糸井重里事務所同左同左
販売元任天堂同左同左
レーティングCERO-A同左同左

※2023年3月28日に配信終了(購入済なら再ダウンロードは可)


2006年4月20日に任天堂から発売されたRPGで、前作の正式な続編。ただし、本作では別世界が舞台と思われる事や続投するキャラクターがごく一部に限られている為、仮にシリーズ内で最初にプレイしても一応楽しめるようになっている。

だが、とある登場人物の隠れた一面を知りたい場合は前作を遊び込む事が必須となるだろう。


プロデュースは前2作と同様に糸井重里が担当し、開発は元スクウェア組のブラウニーブラウン(現:1-UPスタジオ)が新たに参加。一方、音楽は前2作で関わった鈴木慶一と田中宏和に代わり、HAL研究所の酒井省吾が全曲を担当した。

そして、糸井は本作を持って『MOTHERシリーズ』を完結とし、今後自身の手で続編を製作する予定は無いと明言している。

(ただし、「『MOTHER4』を作りたいという声に対しては許可を出すかもしれない」と答えている。)


なお、本作は現在もシリーズ内で唯一国内版しか発売されていない。その為、海外では認知されにくい作品となっているが、有志による翻訳大乱闘スマッシュブラザーズシリーズへの外部出演によって徐々に知られるようになっている。


発売までの開発経緯編集

幻となったN64版編集

本作は元々N64専用ソフトとして開発が進められていた。

当初は1997年に『MOTHER3 キマイラの森』として発表したが、後にプラットフォームをN64 DDに移行しタイトルも『MOTHER3 奇怪生物の森』へと変更。

更に、1999年にタイトルが『MOTHER3 豚王の最期』に変更され、2000年5月に発売を決定。当時のイベントで試遊台やトレーラームービーなども披露された。


当時は、マップキャラクターがフル3DCGで描画されたクォータービューのRPGで、物語は全12章仕立てだった。世界観や物語はこの時から既に完成しており、当時のトレーラーを確認すると3Dで描かれた現在のキャラクター達を垣間見る事が出来る。


しかし、容量や開発期間の都合で12章から8章に短縮されるなどN64のスペックでも糸井の求めるゲームデザインを行えなかった他、前作を開発中止から救ったプログラマー岩田聡の離脱(本社業務への関与)、開発の長期化によるファンからの期待の膨大化、開発側の大作志向化など様々な問題が山積みするようになった。

また、任天堂では同時期に次世代ハードであるGCをメインとしたソフト開発が行われるようになり、N64向けソフトの開発に多くの人員や予算を割く事も出来なくなっていた。

そして、2000年8月に公式から開発中止発表。約6年の開発期間でもなお完成しないまま、『MOTHER3』は沈黙する事になった。


しかし、岩田と糸井、宮本茂は何とか別の形で発売にこぎつけられないかとこの時から検討をしていた。また、ファンからの発売を求める声も大きくなる一方であった。


再開発からのカムバック編集

2003年6月20日、『MOTHER1+2』の発表と同時に本作の再開発を発表。プラットフォームをGBAに移し、物語やキャラクターはそのままで前2作の雰囲気を色濃く受け継いだドット画による2DRPGとして生まれ変わる事になった。


そして、2006年4月20日に発売。前作から12年の時を経て、遂に復活を遂げたのであった。


ゲームシステム編集

本編は全8章で構成されており、1つの巨大な島の内部で物語が繰り広げられる、前半部では章ごとに主人公が変わる、序盤から重たい展開があるなどの点が見られる。これらは、ほのぼのしたような雰囲気の中で終始主人公の視点で世界中へ旅をしながら物語が進む前2作とは大きく異なっている。


システム自体は普通のRPGだが、現在では『マリオ&ルイージRPG』などで定番となったシンボルエンカウントと、本シリーズの特徴であるHP減少が時間差で反映されるドラムロールカウンター、幾何学的な戦闘BGMやPSIエフェクトは前作から続投。


そして、本作では新たに戦闘BGMに合わせてボタンを押す事でコンボを重ねられるサウンドバトルという要素が追加された。リズム判定はかなりシビアな上、リズムが不規則という嫌らしいフェイントや判定ポイントを持つBGMも多いが、最大までコンボを繋げると2.5倍のダメージとなる。

この為、ダメージや回復の数値はメッセージウインドウには表示されず、敵やパーティに数字がかかるスクウェア作品によく見られる方式になった。


あらすじ編集

いかにものんびりした美しい風景のなかに、質素な山小屋がたっています。

主人公の少年の、おじいさんの住まいです。

お母さんと一緒に、おじいさんのうちに遊びに行った、双子の少年たちは、今日のうちに、お父さんの待つタツマイリ村に帰ることになっています。


大きく気だてのいい動物ドラゴと全身を使って遊んだり、食卓を囲んでお母さんの手料理を味わったり、たのしい時間は、あっという間に過ぎて行きます。


いつもの森を抜けて、あとは帰るだけ。

不吉な気配など、みじんもありませんでした。

もうじき帰りますよ」という手紙を加えた鳩が、夕暮れの空を飛び立ちました。


ここが世界のどこなのか、いつの時代なのか、さらには、悲劇なのか喜劇なのか・・・・。

すべては謎にされたまま、この物語は始まります。


WELCOME TO MOTHER3 WORLD

ようこそ『MOTHER3』の世界へ!


※『MOTHER3』の公式サイトから引用


登場人物編集

メインキャラクター編集

◇リュカ。

本作の主人公で、心優しい少年。父フリント、母ヒナワ、双子クラウスとの4人家族。

幼い頃から超能力の才能があり、後にマジプシーのイオニアの協力を経て『PSI』が使えるようになった。

第4章『チチブーの劇場』以降、プレイヤーとして操作出来るようになる。


クラウス

リュカの双子の。弟と比べるとやんちゃで活発な性格をしており、母のヒナワからは少し心配されている。


もうすぐ父の日だと思う

リュカとクラウスの父親。不器用な性格で向こう見ずな一面もあるが、強くて頼れる存在。

第1章『とむらいの夜』では、プレイヤーとして操作が出来るようになる。


ひまわりのような

フリントので、リュカとクラウスの母親。とても優しく温和な性格で、家族だけでなく『タツマイリ村』の住民達からも愛されている。


ボニー

リュカの家で飼われている勇敢で利口な。全編を通しフリント一家やメンバーを支える。


ドット絵:ダスター

本作の仲間の1人で、何も盗まない正義のドロボー親子の息子。父のウエスから教わった『ドロボー術』を使う。

第2章『泥棒アドベンチャー』では、プレイヤーとして操作が出来るようになる。


クマトラ

本作の仲間の1人で、サルよりすばしっこくクマより強いという『オソヘ城』の姫君。男勝りで仲間思いな性格。

『PSI』では、主に彼女のみが習得する攻撃系の技が使用できる。


  • サルサ

DANCE!

サル質(人質)となったガールフレンドのサルコを助ける為、ヨクバに奴隷としてこき使われている

第3章『あやしい行商人』では、プレイヤーとして操作出来るようになる。


サブキャラクター編集

マジプシー

『ノーウェア島』で長い時代を生き続けている不思議な人々。中性的でオカマのような外見をしており、各地に存在する7本のハリを守っている。

彼女らの名前は本作の音楽を担当した酒井省吾によって、音楽用語の『教会旋法』に基き命名された。


暖暖

『オリシモ山』で、マジプシーのエオリアの家の裏の洞窟から繋がっている『ドラゴ台地』に住む緑の恐竜。外見に反して人懐っこい性格で、同じ山の近くに建てられているアレックの家までやってくる事もある。

また、リュカやクラウスがよくやる『ケンカごっこ』(ドラゴに体当たりをする遊び)にも気前よく応じてくれる。


ぴょん。 ごようですね?

ぴょん。セーブしておきますか?

『ノーウェア島』のいたる所にいたるところに生息し、セーブとお金(DP)の管理をしてくれる。

食べられていたり剥製にされていたり幽霊になっていたりしてもセーブはしてくれる。


『ノーウェア島』に住む生き物。プロローグではリュカとクラウスにいきなり戦いを挑むもあっさり倒され、直後にヒナワに踏まれてしまう。それでも無事に生きていたようで、3年後に『オケラホール』に来たリュカ達にリベンジを挑んでくる。

リュカ達が勝利した後はオケラが道中に度々現れ、商売をしてくれる。負けた場合は口の利き方が少し生意気になる。


おっさん属性

ダスターがオソへ城で手に入れた赤い蛇。名前通りとしての役割で冒険をアシストしてくれる。


  • サルコ

サルサの恋人ならぬ恋ザル。第3章『あやしい行商人』ではサルサと引き離され人質ならぬサル質にされている。


タツマイリ村の人々編集

詳細はタツマイリを参照。


第4章以降に登場編集

  • ヨシダさん

『コーバ』の責任者を務める人物。少佐のブタマスクだが、彼らの中では珍しくリュカ達に敵意を持っておらず気さくに話し掛けてくれる。

他のブタマスク達と違い『クラブ・チチブー』に行った事がなく、代わりに歌を作成する程『コーバ』への愛着があった為、閉鎖が決まった時には「俺まで必要とされてないみたいで悲しいよ」と嘆いていた。

本編では詳細が明らかにされていなかったが、2007年2月7日に『ほぼ日刊イトイ新聞』で配信されたブックレットで素顔が明らかになった。


センシティブな作品

『クラブ・チチブー』の看板従業員。その人気は圧倒的で、一部のファンからは歌まで作られている。


DCMC

『クラブ・チチブー』で演奏活動をしている5人組の男性バンド。全員が記憶喪失らしい。

物事で何か迷った時には『ジャンケス』で決める。


残念原画:「おともだち1」のパパ

キングPの命令により、『キマイラ研究所』で働いていた男性。

前作にも同名の人物が登場するが、同一人物なのかは不明。


ぐんまけん

『どせいだに』に住む謎の生命体。気の抜ける話し方や外見に反して高度な科学力を持っている。

怖い話を聞かされると怯えてしまう。



敵キャラクター編集

ここでは、MOTHER3に登場する一部の敵を紹介する。

全モンスターについてはMOTHERシリーズのモンスター一覧を参照。


RPGツクールXP規格 ブタマスク

キングPに忠誠を誓っている謎の集団。突如『タツマイリ村』に現れ、様々な悪事を働く。


ヨクバ

キングPに仕え、ブタマスク達を統率している男性。バナナが好きで、食べた後にその皮を地面に捨てる癖がある。

第3章『あやしい行商人』ではサルサを奴隷のように扱い、『タツマイリ村』に訪れてからは演説などを通して間接侵略を試みる。


かめんのおとこ

第5章『イカヅチの塔』のラストから登場した謎の人物。キングPに忠誠を誓い、多くのブタマスク達から慕われている。


  • キングP ※リンク先ネタバレ注意!※

絶対安全

ブタマスク達と仮面の男を統率する謎の人物。


  • ぶんちょうぼう

ぶんちょうぼう

文鳥が合体したキマイラ。爆弾が詰められている。


会いたくて

口だけの顔に足が4つついた不思議生物。


Mother3のドラゴ

ブタマスク達によってキマイラに改造されたドラゴで、第1章『とむらいの夜』のボス。


オソヘノオヘソノオソヘビ

『オソヘ城』の地下に潜んでいる巨大なヘビで、第2章『泥棒アドベンチャー』のボス。


VSジェネッタくん

『イカズチタワー』最上階のジェネレーターを守っているロボットで、第5章のボス。

電気がメインの攻撃を繰り出す為、通常攻撃をすると感電してしまう。


きゅうしょくのキムラ

『キマイラ研究所』に監禁されていた生命体。


  • てっきゅうメカゴリラ

VSてっきゅうメカゴリラ

『シログネ山』にある針を抜いた仮面の男が、後を追って来たリュカ達に差し向けたゴリラのメカキマイラ。

凄まじい攻撃力で、手に繋がれた鉄球を振り回してくる。


けっかいトリオ

『タネヒネリ島』にあるミクソリディアのハリを守る謎の生命体。


マシュマロチャーン!

『イカヅチタワー』の『キングPのおへや』に住んでいるメイドロボット。

室内に飾られた『ともだちのヨーヨー』を監視している。


New Pork City

『ニューポークシティ』に置かれている巨大な像。一見するとただの石像のようだが…?


その他編集

  • あなた

プレイヤーであるあなた自身。リュカの後見人として、メタ的な視点から旅の行く末を見守る。


冒険の舞台編集

本作の舞台で、村や森、火山、雪山、砂漠など様々なエリアが存在する。


『オオウロコ海岸』から海底ダンジョンを通って辿り着く小さな島。マジプシーの1人・ミクソリディアが針を守っている。

ヨーネル曰く別名"ぶきみじま"で、食べた者にトラウマやネガティブな幻覚を見せるキノコが生えている。


キーワード編集

  • 7本のハリ

『ノーウェア島』の各地にある不思議なハリ。かつてマジプシーの先祖が闇のドラゴンを封印する際に使用し、現在も封印の要として7人のマジプシーにより守られている。

ハリは特別な『PSI』を覚えた者しか抜く事が出来ず、7本全てが抜かれた時には闇のドラゴンが目覚め、1度世界に終焉を迎えた後、最も多くハリを抜いた者の意思を反映させた新世界へ改変すると言われている。


  • ハミングバードのタマゴ

"ひかりのタマゴ"とも呼ばれる。『オソヘ城』に隠されている秘宝で、世界を滅ぼす力と生み出す力を持っていると言われるタマゴ。第2章『泥棒アドベンチャー』では、ウエスがダスターに"ある重要な物"として盗んでくるように命じた。


  • シアワセのハコ

ヨクバ達が『タツマイリ村』の住民に配ったピンク色で画面付きのハコ。怪しげな光や震えるような音を常に発している。

3年後には完全に普及しており、所持していない住民は社会的、物理的な迫害を受けている。

作中で具体的な役割が明かされることはないが、恐らく……


フリントが子どもの頃から大切にしていたバッヂ。物語の途中で、ニッポリートを介してリュカの手に渡る。

あるタイミングでどせいさんに磨いて貰うことで、本来の模様と効果を取り戻す。


フリントの家のドアノブ。第1章『とむらいの夜』の序盤でトマスに破壊され投げ捨てられてしまい、以降度々目にすることになる。

リュカやサルサが拾おうとしてもヨクバや住民達によって何処かに投げられたりでゲットする事が出来ず、様々な場所を転々とし最終的にとある人物の手に渡る事になる。


メディアミックス編集

CD編集

  • MOTHER3+

2006年11月2日から発売されたサウンドトラック。酒井省吾が編曲した楽曲に加え、クレイジーケンバンドの生演奏曲や大貫妙子がボーカルを担当した『We miss you 〜愛のテーマ〜』を収録。

また、初回限定で『おしのびどせいさんストラップ』も付属していた。更に、2007年2月7日からはボーナストラック1曲を追加したネット配信版もリリースされた。


  • MOTHER3i

2007年2月7日からリリースされたアルバム。シリーズ内のアルバムで唯一ネット配信のみでの発売となっており、酒井省吾が編曲したメドレー曲が収録されている。


書籍編集

  • Pollyanna

ほぼ日『MOTHER』プロジェクト』の第1弾として、2020年6月25日に発売された公式トリビュートコミック。35名の漫画家作家が描き下ろした漫画掲載されている。ほぼ日ストアでは同年6月12日から先行販売が行われていた。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ編集

スマブラX2周年!

大乱闘スマッシュブラザーズX』以降の作品で、ファイターとしてリュカが参戦、『大乱闘スマッシュブラザーズfor』を除いてステージとしてニューポークシティが登場している。

前述の通り本作は国外では発売されていないため、『スマブラX』が初の全世界デビューとなった。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではクラウスを初めとしたメインキャラクターがスピリットとして登場した。


詳細は当該記事を参照。


余談編集

  • 舞台としても謎がかなり多く、少なくとも前作との繋がりがあるキャラはごく僅かしか居ない。時代すらはっきりしておらず、糸井重里も現在でも公言していない。
    • 前作との関係性は未来説や太古の時代説、別の世界説もあるがどれも確証が無い。

  • 前2作にもあったBGMも一部使われており、『Pollyanna』『スノーマン』はシリーズ皆勤賞となった。

  • 前作では主要登場人物や一部のモンスターのフィギュアが作られていたが、本作では一切制作されず、長らく他作品で登場する際にはドット絵がそのまま使われていた。
    • しかし、リュカときゅうきょくキマイラは『大乱闘スマッシュブラザーズX』、クマトラとボニーは『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』での登場を機にモデリングされた。

  • 登場人物にまつわると思われる没イベント・没データが複数発見されている。
    • その内の没戦闘データには非常に不気味なエフェクトも幾つか存在し、前作のギーグに勝るとも劣らない不気味さが見られる。どうしても詳細を知りたい場合は「ゆげ2」の記事にて。

64版について

  • N64版で開発されていた時は『PSI』ではなく『マホウ』と呼ばれる物があった。
  • 開発中止以前に公開された映像では『前作の舞台とよく似た街が崩壊』する衝撃的なシーンがあった。
    • ただし、製品版では前作との時代や舞台の関係は不明となっている。
  • 1999年にN64で発売された『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』は元々没となった本作の代わりであった。


  • 2024年2月21日に「NintendoSwitchOnline」に追加。追加パックに加入することでプレイできる。
    • WiiUバーチャルコンソールに続いて8年ぶり2度目の移植。2023年3月28日の「ニンテンドーeショップ」サービス終了に伴い、入手及びプレイ困難な作品の一つとなっていたが、本移植によって再び幅広い層が遊べるようになった。


関連イラスト編集

MOTHER3あいすべきあそびば

MOTHER3  9周年記念双子ちゃん

オソヘ城パーティ♪×16

マザー3 !MOTHER3


関連動画編集

プレイ映像編集

  • Nintendo Switch Online版


  • WiiU版



関連タグ編集

メインタグ編集

MOTHERシリーズ

前々作:『MOTHER

前作:『MOTHER2 ギーグの逆襲


リュカ(MOTHER) クラウス(MOTHER)

フリント ヒナワ

ボニー(MOTHER)

ダスター クマトラ

マジプシー リダ

ヨクバ しきかんどの

ポーキー


ゲームボーイアドバンス WiiU


スマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズfor 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL


間接侵略


参考作品編集

影響を受けた作品編集

悪童日記』(1986年)

フランス小説家アゴタ・クリストフが発表した3部作の第1作目。

本作に登場するリュカとクラウスの名前はこの作品の双子の名前が元になっているが、厳密にはそれが明らかになるのは続編の『ふたりの証拠』以降からである。


ひまわり』(1970年)

ヴィットリオ・デ・シーカ監督の映画。

本作のとあるシーンのインスパイア元としてこの映画を挙げている。


ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年)

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画。

本作の『ニューポークシティ』で、映画館の映写室に置かれた小麦粘土の人形はこの作品の登場人物が元になっている。


『ふりむけばカエル』(1987年)

4〜5月の『みんなのうた』で公開された楽曲。作詞は糸井氏が行っている。

本作に登場するカエルのモチーフの一つとして、この楽曲が挙げられている。


『再会』(1960年)

日本の歌手・松尾和子の楽曲

作中のとある人物の描写、及びMOTHER3の善悪観のイメージ元としてこの楽曲を挙げている。

※リンク先ネタバレ注意!※


ライブ・ア・ライブ』(1994年)

スクウェアから発売されたSFCのRPG。

『MOTHER2』と同年に発売されており、最終的に本作に携わったスタッフも参加しているからか、章仕立てや群像劇、衝撃的なイベントなどよく似た部分がある。


影響を与えた作品編集

Undertale』(2015年)

トビー・フォックスによって発売されたインディーゲーム

原作者が影響を受けた作品の1つとして、更に『ファミ通』のインタビューでは本シリーズの中で特に本作が好きとコメントしており、糸井を驚かせた。このような経緯がになったのか、後に公式コミックの『Pollyanna』では唯一の海外アーティストとして正式に参加を果たした。


OMORI』(2020年)

ディレクター、原作者であるOMOCATが自身のXアカウントにて人生を変えたゲームとして本作を挙げている。

『Pollyanna2』に参加。


他の記事言語編集

MOTHER 3


外部リンク編集

公式編集


その他編集

関連記事

親記事

MOTHERシリーズ まざーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14502089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました