ピクシブ百科事典

ギーグ

ぎーぐ

『MOTHERシリーズ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

MOTHERシリーズ』に登場するキャラクターで、『MOTHER』と『MOTHER2 ギーグの逆襲』のラスボス。それぞれの容姿設定が大きく異なる為、別々に解説する。

作中での活躍

MOTHER

原作

ギーグ


「その むしけらのような ちからでは
 どうすることも できない」

1900年代の始め頃、地球に現れた宇宙人ニンテンの曽祖父・ジョージと妻・マリアを連れ去った。2人は彼らからギーグの子守役を命じられ、地球人の手によってギーグが育てられる事になった。
しかし、2年後にジョージだけが地球に帰還した後自分達を攫いマリアを囚われの身にした宇宙人に対して敵対意識を持った彼は、侵略対抗する為に現地で盗み出した情報を元に『PSI』などの奇怪な研究に一生を捧げた(その為、ラストバトル時にギーグがわたしたちのほしから たいせつな じょうほうを ぬすみだして わたしたちに はむかおうとした・・・・ジョージと語っている)。
一方、マリアは2度と地球に戻る事が出来ないまま生涯を終えた

そして1988年、成長したギーグは地球に来襲し『ホーリーローリーマウンテン』山頂にマザーシップを構えた。それが原因となってか、地球では電気スタンド人形が飛び回るポルターガイストや正気を失った人々が襲いかかる、死者がゾンビとなってさまよい歩く、怪物が人々を襲う(作中ではニンテンの仲間であるテディ両親が「『ホーリーローリーマウンテン』に現れた怪物によって殺された」と語られている)、『イースター』の大人達が行方不明になるなど様々な怪奇現象発生するようになった。

カプセルのような機械に入っている事で如何なる直接攻撃も『PSI』も効かない無敵状態になっており、正体が掴めない攻撃でニンテン達を苦しめた。しかし、幼い頃にマリアに聴かされた子守唄を彼らに歌われた事で戦意を喪失し、再度の襲来を予見させる言葉を残した後マザーシップと共に地球を去って行った。

「ナゼ コノワタシガ コンナウタニ
ヤブレタノダ・・・・」
「ワタシハ カナラズ オマエタチヲ
・・・・・・・・マタ・・・・イツカ ・・・・」

ニンテン! また あおう!

小説版

ジョージとマリアは終始宇宙人に対して友好的で、彼らは彗星の衝突から地球を救って力尽きたギーグの母の恩に報いるべく、彼女の遺言に従ってそれぞれ、母親代わりとなってギーグを育てるため100年間睡眠カプセルに入る事、来るべき宇宙人との交流の日のために『PSI』の研究に没頭する事を決心していた。
しかし、マリアが入っていた睡眠カプセル誤作動を起こし、マリアは記憶を失うと共にマジカントを生み出し、自身はそこの女王だと思い込むようになってしまう。更に予定よりも早く卵が孵るという予想外の事態も発生する。
その結果、ギーグは生まれた時から孤独感に蝕まれ続けてグレてしまい、本編事件を引き起こしてしまった。

最終的には原作と同様ケン達の活躍で蘇ったメロディーで戦意を喪失するが、同時に本来の記憶を思い出したマリアとの再会を果たし彼女と共に地球を去って行った。

元の親が居るので少なくとも単独犯ではないが、原作の情報だけでは所謂フリーザのように高貴の出なのか、一般家庭の放蕩息子(≒地球人が弱過ぎる)なのかまでは判然としていない。

MOTHER2

原作

ギーグ


アー アー アー
キ モ チ イ イ・・・・
チガウ・・・・チガウ・・・・チガウ
・・・・イタイ イタイ・・・・
・・・・カエレ・・・・

地球を侵略する為に来襲し、『過去の最低国』を拠点として暗躍するようになる。しかし、彼が持っている『ちえのリンゴ』から"3人の少年達1人の少女によって敗北する"という予言を受け取ってしまう。
その為、ギーグは様々な手を使ってネス達の冒険を阻もうとする。

彼が地球に現れた影響で動物が凶暴になる、正気を失った人間がネス達を襲う、死人がゾンビとなって蘇る、宇宙人やロボットなどが地球に出現するようになる。また、人間の心に付け入り負の感情を増幅させる幻影マシーンとして作られた『マニマニのあくま』は様々な悲劇を生み出し、元々ブンブーンが居た未来では世界滅亡にまで追い込まれている。
そして、ギーグを倒す為にロボットの状態で辿り着いたネス達の前に、彼は本編を通して完全に仲間になったポーキーと共に最後勝負を仕掛けてくる。

ネスサン待ち受け


第1形態ではパイプ状の物体が球体の周囲を取り囲んでおり、その球体の真ん中にネスの顔が映し出されている。この形態では彼の本体が何処かコンピュータ回路のようにも見える為、彼自体が生体コンピュータか何かである可能性も考えられている。
ポーキーとの接触以前からそうだったのかは不明だが、あまりにも自らのが強過ぎた事で最早化身ではなく、ギーグ自身にもコントロール出来ない邪悪な力そのものになってしまっていた。その為、自我完全崩壊してしまっており普段は『あくまのマシン』によって力を制御している。
この機械は全ての攻撃を無効化・反射する為、この時点ではギーグにダメージを与える事は出来ない。また、ネスしか使えない筈の特別な『PSI』も試みる事が出来る。

キモチイイ・・・


しかし、第2形態以降ではポーキーに『あくまのマシン』のスイッチを切られた事で隠された真の姿が明かされる事になる。先程の無言だった状態にから一変し、無機質さの暴走でエラーを吐き続けるような狂気に満ちた台詞は多くのプレイヤーに凄まじいトラウマを与えた。

そして、解放された力の暴走によって繰り出した前作のような正体が掴めない攻撃でネス達を苦しめた。しかし、ポーキーの嘲りの言葉の中に隠されたヒントに気付いたポーラが旅先で出会った人々やそれぞれの家族、更に何処かで見覚えのある名前の人物と共に捧げた強力な祈りの力を喰らった事で、完全に消滅した。

小説版

序盤では『オネット』に墜落した隕石と共に来襲し、様子を見に来たポーキーに寄生した。当初、この事をすぐに見抜いたブンブーンがネスに早く倒するように促したものの、友達を殺せないという躊躇の気持ちを尊重した事から未遂で終わってしまった。
その為、本編を通して復活の時を迎えるまで彼の身体を蝕み続けるようになる。

そして、終盤ではポーキーとの融合を経てギーグを倒しに来た4人に襲いかかる。しかし、最終的には一時的に自我を取り戻したポーキーが「ギーグが完全に復活する前に一緒に殺してほしい」という願いを聞き入れたネスによって倒された。

余談

MOTHER

  • 2作品で容姿や設定が異なった状態で登場しているものの、公式では『MOTHER』と『MOTHER2』は世界観及びストーリー上の繋がりは無いとされている為、恐らく両者のギーグは別人なのではないかと考えられている。


その一方、糸井氏は「2のギーグは成長して成人したギーグ」という趣旨の発言をしているため、最終作『3』における世界観や重要ボスキャラの境遇を踏まえるに、『1』と『2』の世界は別次元に存在し、1のギーグが大人になって2の世界にやってきたという解釈もいちぶでなされているが、結局のところ真相は不明である。

前の差分



MOTHER2

胎児ギーグ


  • MOTHER2』の第3形態以降のギーグは苦悶の表情を上げる人の顔や胎児のシルエットのようなものが見られる。
    • また、上下をひっくり返すと人の顔の部分が前作のギーグの頭部のようにも見える。



  • なお、『MOTHER3』では没データの中にギーグに似たようなエフェクトも存在している。

関連イラスト

8メロディー - Sing a Melody of Love
ギーグ


ギーグ
Giegue


Digital Pray【MOTHER2】
ギーグの逆襲


MOTHER2
ぎーぐ



関連動画

MOTHER

  • GIEGUE

作曲:田中宏和
ギーグ戦のBGM。正式な曲名は『MOTHER MUSIC REVISITED』にて判明。


MOTHER2

どの楽曲も、全て田中宏和が作曲を担当している。公式サントラでは『最終戦闘のテーマ』にメドレー形式で収録されているが、『Pokey Means Business!』のみ未収録となっている。

  • Giygas Lair
ギーグへの道のBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  • Giygas Intro
ギーグ戦前イベントのBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  • Pokey Means Business!
ギーグ(第1形態)&ポーキー戦のBGM。サントラには未収録の為、正式な日本語版の曲名は不明。


  • Giygas Stirs
ギーグ(第2形態)戦前のBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  • Giygas Intimidation
ギーグ(第2形態)戦のBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  •  Giygas is Wounded!
ギーグ(第3形態)戦のBGM。日本語版の曲名は「イナクナリナサイ」。


  • Prayer for Safety
いのる』イベントシーンのBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  •  Giygas is Fatally Wounded!
ギーグ(最終形態)戦のBGM。正式な日本語版の曲名は不明。


  •  Giygas Disintegrates
ギーグ撃破直後のBGM。正式な日本語版の曲名は不明。



参考動画

  • MOTHER2(GBA版)バグ ギーグをいのるなしで倒す。 Earth Bound Glitch







関連タグ

メインタグ

MOTHERシリーズ ラスボス
宇宙人 エイトメロディーズ
みんなのトラウマ 黒い任天堂

MOTHER
ニンテン アナ(MOTHER)
ロイド(MOTHER)

MOTHER2
ネス ポーラ(MOTHER)
ジェフ(MOTHER) プー(MOTHER)
ポーキー スターマン(MOTHER)
ゲップー マル・デ・タコ

作者はギーグ

同シリーズのラスボス
しきかんどの:『MOTHER3

そっくりさん

最強のオンリーワン


ポケモン赤・緑』から登場し、とある科学者ミュウ子供遺伝子改造を施す形で生み出されたポケモン。容姿や強大な力を持っている点が共通している。

天から降り注ぐものが世界を滅ぼす


両作品で登場するラスボス(後者の方では"時を喰らうもの"という名称で登場)。太古の時代に襲来し、未来で世界滅亡を引き起こした点で共通している。

HADES


DDR SuperNOVA2』から追加された楽曲のムービーに登場する赤色で禍々しさがあるという点で共通している。

外部リンク

関連記事

親記事

MOTHERシリーズ まざーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 906895

コメント