ピクシブ百科事典

アルマダスタースクリーム

おとこのなかのおとこ

『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』に登場するスタースクリームを指す言葉。
目次[非表示]

現在はあまり使われていないタグのため、スタースクリームとマイクロン伝説でのアンド検索を推奨。

概要

うちの父ちゃん強いんだぞ!的な


三度でも四度でも私は裏切ることにした…私の信念の下に
CV:山野井仁

トランスフォーマー』シリーズには、スタースクリームというキャラクター(ただし同一人物ではない)の存在が一種の伝統となっており、その一作たる『マイクロン伝説』にも登場した。
役職は初代と同じく航空参謀。赤と白のSu-37風な戦闘機に変形する。パートナーマイクロンはグリッド。
リーダーに成り代わろうとしたりプライドの高い面はあるものの、元祖よりも遥かにカッコイイ面でのドラマが多いキャラクターである。

通称の「アルマダスタースクリーム」は、英題の『Transformers:Armada』にちなんでの命名であり、後年の玩具シリーズでリメイクされた際にもこの名前で発売されており、他のシリーズのスタースクリームとの混同を防ぐためにこの名が用いられる。略して「アルマダスタスク」とも。

略歴

裏切りの回数は劇中を通じて計4回と、数だけ見ればそれほどでもないが、その回数は実に初代に次ぐ。さらに歴代で唯一サイバトロンに身を寄せた経験を持つスタースクリームでもあり、このシーンの影響からかpixivではアレクサとの絡みのイラストが多い。
(サイバトロンに身を寄せていた時期含め)仲間との関係はうまく行っていないが、マイクロンをはじめ子供達には好かれている。脱走時にマッハ達を気遣い、子供達に火星の石をお土産に持って帰る優しい一面も見せていた。

ただしコンボイは認めており、ホットロッドとも息の合ったコンビネーションを見せ、お互い憎からず思っている模様(ホットロッドは裏切りの直後は荒れていたものの後に仲間だと受け入れる)。また、アイアンハイドはデストロン軍で唯一(序盤こそ軽んじていたものの)スタースクリームの心配をしていた。

武器はグリッドとエボリューションすることで展開する両肩のナル光線キャノンと、背部の翼が変形したウイングブレード。ユニクロン3部作(マイ伝、SL、GF)におけるスタースクリームは主に剣を使うことになる。

スタースクリーム
FREEDOM


第43話でマイクロン達の力によりパワーアップし、体の色が青に変わり同様のパワーアップをしたキャラのように名前にS(スーパーモード)がついた(この姿は海外版の『Armada』での玩具はサンダークラッカー名義だが、作中での名前はスタースクリームのままであり、別人。本人も自分をサンダークラッカーのようだという意味の発言をしている)。

「漢の中の漢」

今作のスタースクリームを的確に表した言葉である。

初代に違わず野心の塊と思いきや、卑怯な行為を嫌う正々堂々とした性格で、初代の「愚か者」のイメージを破壊した。上述の数々の裏切りも、メガトロンに一人前と認めてもらいたいがための反抗心や武人としてのプライドからくるもの。
特に最後の裏切り、壮絶な最期、そこに行き着くまでのサイバトロンや人間の子供達(特にアレクサ)との交流による心境の変化も、彼をそう呼ぶに相応しい要素となっている。

ビーストウォーズⅡ』版のスタースクリームとは違うものの、彼もまた名前が同じだけの別人と言える。

IDW

守ってる!(DC#11)
LOVE


pixivでは、ラットルウィンドブレードと仲良くしている彼のイラストをしばしば見かけるが、こちらはIDWパブリッシングより出版されているコミックに登場するアルマダスタスクであり、『マイクロン伝説』とは容姿以外の関連性はない。

こちらは戦後のメガトロン不在となったディセプティコンを仕切り派閥(メンバーはラットル、スクープ、フラットライン、フィクシット)を作って暗躍しているが、人望のなさは相変わらずの模様。

クラウド

Webに掲載された小説『クラウド』第二章の第4~6話に登場。

時空移動により『マイクロン伝説』の世界を訪れたクラウドスタースクリームと表向きの関係ながらもマイクロンを手に入れるためスタースクリーム同盟を組む。同じくクラウド世界より追跡してきたオプティマス及びブローンと交戦するが、その中でクラウドスタースクリームが機械の少女「SARA」を人質にしたことで同盟が決裂し、更にクラウドスタースクリームがマイクロンの命を奪ったことに激怒。ブローンと共闘して奥の手のエボリューションも使いクラウドスタースクリームを倒すことに成功した。

その後はSARAが破壊されたマイクロン『サージ』を蘇らせ自身に取り込み時空移動を行うのを目撃。SARAの「あり…がとう…」の言葉と共にオプティマス達と別れた。サイバトロンとの共闘を始めとした奇妙な体験に戸惑いながらも、その場に現れたホットロッド達とサイバトロン対デストロンの戦いを開始、メガトロンを超えることを再び決意するのだった。

G1に近い性格と容姿のクラウドスタースクリームとの共演であり、クラウドスタースクリームの卑劣さにアルマダスタースクリームが自分の信念から同盟を裏切るという武人気質な裏切り者である彼らしいおいしい展開となっている。なお、クラウドスタースクリームはアルマダスタースクリームを「単純」と評価しているが、逆にアルマダスタースクリームからは「卑怯者」と評価されている。またオプティマスは初対面でスタースクリームの名前を聞いた時に別世界の別人とはいえ…と落胆したが、その後認識を改めている。

レジェンズ

レジェンズ』では「LG-18 アルマダスタースクリームスーパーモード」の名でラインナップ。強化前のバージョンは前年に『ジェネレーションズ』にて発売されており、商品の仕様もそれに準じている。

コミックにはWEB版第33話から登場。スリップストリームから『アニメイテッド』版のスタースクリームと人違いされたのだが、不幸なことに声まで同じだったため無実を信じてもらえず「女性ってこわい…」と項垂れていた。
(アルマダ)メガトロンと同居しており、彼のおもちゃ代と生活費を稼ぐ日々を送る。ひょんなことからウィンドブレードと知り合い、このままでは今いる世界が崩壊することを聞かされる。すると「この世界のマイクロン」と自称する一体の玩具が現れ、それの力を与えられスーパーモードとなり、彼女と世界を守ることを決意した。
そこからは説明書裏のコミックへと続くのだが、そちらはアレクサを参照。また、今回とアルマダメガトロンのエピソードは、物語の最終盤にて重要な伏線となる。

なお、IDW版コミックの展開に併せた商品化ではあったが、仲間や同類がリメイクされなかったタンカー(ヴィーコン)やゲルシャーク(メタルビーストやギガトロン)と違い、

  • アルマダメガトロン
『レジェンズ』の一つ「LG-13 メガトロン」の仕様変更品。
『ユナイトウォリアーズ』のグランドガルバトロンのセット品。エアーライダーの仕様変更品。
海外の通販サイト「Big Bad Toy Store」にて限定販売された、『シージ・オブ・サイバトロン』のセット品(日本未発売)。『タイタンズリターン』版ブロードサイドの仕様変更品。

といった具合に仲間のリメイクに恵まれている。

関連タグ

関連記事

親記事

マイクロン伝説 まいくろんでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルマダスタースクリーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1960

コメント