ピクシブ百科事典

ディセプティコン

でぃせぷてぃこん

ディセプティコン(Decepticons)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する悪の組織。
目次[非表示]

概要

トランスフォーマー』シリーズに登場する「」のトランスフォーマー達の軍団。
日本語版では「デストロン(Destron)と称されているが、後のシリーズでは海外版に準じて「ディセプティコン」と呼ばれるようになっている。
海外名称の由来は「ディセプション(deception(欺瞞))」。

エンブレムのデザインは初代サウンドウェーブの顔がモデルとなっている。
ディセプティコンの創設と関わりを持つとされるメガトロナス・プライムの顔はこのエンブレムをモチーフにデザインされており、ディセプティコンとの関連が示唆されている。(実際実写映画やプライムでは、メガトロンは自身の名をメガトロナスに因んでつけたこととなっている)

略称として「ディセップ」がファン・公式共々使われる。

シリーズによって構成や設定が異なるが、平和を望むトランスフォーマー「オートボット(サイバトロン)」との覇権を巡り長きに渡り抗争を繰り広げていることは共通している。

実写映画(ディセプティコン)

フォールンによって創設された軍団。かつてのG1シリーズと同様に軍用兵器に変形する。
この作品から、日本でも「デストロン」ではなく原語版の「ディセプティコン」と呼ばれるようになり、従来からのキャラクター名も原語版に準拠するようになった。(例:コンボイオプティマス・プライム

リーダーはメガトロンで基本的に彼がフォールンの意向に沿って軍団を動かしており、創設者のフォールンはリーダーの一つ上の存在と捉えるのが適正だろう。(フォールンがメガトロン以外に直接指示を出す描写は無い)
リベンジ』の冒頭ではスタスクが指揮を執っていたが、その際にはどのような状況だったかは不明。
また、この世界のTFは自分の意思で陣営を変えることができ(この作品以外でも有るが)、ジェットファイヤーウィーリーがディセプティコンから離反している。
ダークサイドムーン』でのシカゴ戦で、メガトロンをはじめ多くの幹部が討ち取られたことで、事実上壊滅したはずだった。
だが5年後の『ロストエイジ』にて、CIAと反トランスフォーマー組織「KSI」が製作した人造トランスフォーマーの一体が自我を持ち、他の50体を掌握して新生ディセプティコンとして復活した。
デザインは2足歩行であってもエイリアンチックな非人間的体系の者が多く、デモリッシャーなどは地球上のどの生物にも似ていない。

アニメイテッド

ディセプティコン


サイバトロン同様コント集団。座長はワカモトロン。
その他、イケメンの主役(笑)・勇者王・ヘルシー太郎・挨拶の時間が長い三重人格者などが在籍。
イケメンの主役(笑)が離脱したこと以外関係は比較的良好。

プライム(ディセプティコン)

decepticons.


ダークエネルゴンの力を使い、様々な計画を練っているが…?
コント集団ではないが、リーダーの趣味でリアクション芸人アイドル芸人が在籍。
ボケのキャパシティがほぼこの二人に割り振られているので他のメンバーにあまりボケが回って来ない。
移動手段となる戦艦ネメシスを保有し、多数のビーコンインセクティコンを率いているため戦力の面ではオートボットとは天と地ほどの差があるが、他のシリーズに比べて実力主義な面が強く、成果の上がらない部下は即戦力外と見なされるシビアな一面もある。続編の『ビーストハンターズ』(国内未放映)まで殆ど脱落者が出なかったオートボットとは対照的に裏切りやメガトロンの粛清によって多数の戦死者が出ており、ダークエネルゴンに汚染されて生ける屍と化した者も少なくない。

シャッタード・グラス

善悪逆転世界である為、ここでは正義の組織である。テロリスト軍団のサイバトロンと違い温厚で平和主義者が多く、本来の世界から迷い込んできたクリフジャンパーの血の気の多い発言や行動にしばしば戸惑うことも。

ここで補足すべきかは疑問だが、原型となったG1のデストロンは(デストロンを政府と認めるのであれば)軍事政権下における正規軍である。
一方、この世界でのデストロンは一般市民たちがテロリストに対抗するため立ち上げた自警団である。

アドベンチャー

海外では『プライム』の後日談にあたる本作では、既に大戦はオートボットの勝利という形で終結しており、ディセプティコンのほとんどはオートボットに拘束されていた。だがその内の200名を収監した監獄船アルケモア号が地球に不時着し、その混乱に乗じて全員が脱走・行方不明となった。

拘束されていた者たちのほとんどは獣人や動物を彷彿とさせる風貌をしており、ビークルではなくビーストに変形する個体や、ロボットモードがヒューマノイド型でない個体も多い。罪状も大戦時の戦犯もいれば、窃盗や器物破損などの軽犯罪による者も多い。

主なリーダーはスチールジョー。彼の配下にはヤクザな妖怪シカピョン、賞金稼ぎのバイクとその手下である二体のマイクロン、筋肉バカなマッスルティコン、ゆすり屋の蟹がいる。
すでに拘束されたメンバーは陸嫌いのサメ、ダジャレを連発するザリガニ、博多弁の蜘蛛、閉所恐怖症の牛、光り物好きなメスガラス、小さなダニ、古代都市を探している蛙、地球のキングになりたいモンゴリアンデスワーム、自称革命家のヤマアラシ。
第二シーズンからは4匹のスカンク、悪夢を見せるコウモリ、マッドサイエンティストな蛇、トレジャーハンターのタコ、元グラディエーターのゴリラとそのマネージャーのマイクロン、使い走りのバッタ、アンキロサウルスのダイノボット、女王蜂、ピューマの獣人、変身する蟻がいる。
そして終盤には原初のディセプティコンが復活した。

なお、グリムロックも彼らと同様に投獄された囚人であったが、紆余曲折あって足を洗いオートボットに鞍替えした。

関連項目

トランスフォーマー デストロン
メガトロン ガルバトロン ビーストメガトロン マグマトロン
サイバトロン オートボット

pixivに投稿された作品 pixivで「ディセプティコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 629672

コメント