ピクシブ百科事典

実写メガトロン

じっしゃばんのはかいたいてい

実写メガトロンとは、トランスフォーマーの実写映画シリーズにおけるメガトロンの通称である。
目次[非表示]

「俺様は、メガトロンだ!」

※現在タグとしては使用されていないため、「メガトロンと実写でアンド検索」するのが望ましい。

概要

実写映画シリーズメガトロン。唸り声や牙など、まるで肉食獣やティラノサウルスのような印象を与える。
名前はメガトロンだが、寛容さとは無縁の性格であり、どちらかと言えばガルバトロン寄りの肉体派

元はサイバトロン星の防衛司令官であったとのこと。その後、ザ・フォールンの師事のもとディセプティコンの首領となった。なお、自身の名は師匠の本名「メガトローナス・プライム」に肖ったものである。
しかし、片腕および両腕を合体変型させるフュージョンカノンやチェーンメイスといった武装や、オールスパークを抱えたサムを「ペットにして生かしてやる」と懐柔しようとしたり、スタースクリームを叱り飛ばして折檻したり、リンカーン像の椅子に座ったりとG1メガトロンを意識したような描写も多い。
これらの特徴や傾向に関してノベライズ版ではより顕著になっており、サムに対して「言葉の鎧は立派だ、勇気は称賛に値する」と褒め称えるような発言をしたり、2作目『リベンジ』では師と仰ぐフォールンを内心信用していないような素振りを見せたり、3作目『ダークサイド・ムーン』の本編で盛大にブッ壊したリンカーン像の破壊描写もより丁寧に行なっているような描写となっている。

『リベンジ』で死の淵から蘇った際に大幅に弱体化した為か『ダークサイド・ムーン』ではオプティマスとの直接対決を避けて策を弄するようになるなど、続編を重ねるにつれて頭を使う一面も初代メガトロンに近づいていった。2作目以降も充分強いはずなのだが、修理がいい加減だったのか、オプティマスとはタイマン勝負をすると負ける。 頭部にダメージを負ってからは、以前よりは威勢もどこか弱くなり、戦闘にも直接参加することも減った。

声優は映画『マトリックス』シリーズのエージェント・スミス役で有名なヒューゴ・ウィーヴィング。日本語吹替は中村浩太郎が担当している。

『最後の騎士王』とウォルマート限定DVD特典の前日譚『トランスフォーマービギニング』やゲーム等の媒体では、G1メガトロン役のフランク・ウェルカーや、後述のWFCシリーズでメガトロンを演じたフレッド・タタショアが演じた。

1作目

1作目ではエイリアンジェットに変形。

オールスパークを求めて太古の地球に飛来するもうっかり北極に墜落してしまい、フレンジーに解凍されるまで氷漬けにされていたという、大層御茶目な御仁。
サム・ウィトウィッキーの祖先であるアーチボルド=ウィトウィッキーの眼鏡にキューブの座標値を焼き付けた後、秘密機関セクター7によって回収され、NBE-1(Non Biological Extra-Terrestrial-1)と名付けられてフーバーダムの地下で冷凍保存され、研究材料となって新技術の源泉と化していた。

1作目のメガトロンは暗黒物質を動力源としているという設定があり、1作目では異常なほどの強さで、オプティマスプライムとのタイマンでは彼を追い詰めた。
しかし、サムにオールスパークを動力源に押し付けられた事で、対消滅を引き起こされ破壊=死亡する。遺体はローレンシア海溝に投棄された。

リベンジ

メガトロン


2作目『リベンジ』ではエイリアンタンクに変形。

オールスパークの欠片と、コンストラクティコンのパーツを用いての、スカルペルの修理を受けて復活を遂げる。よりマッシブな体型となったが、左腕の修復は不完全となっている。武器は右腕に装備されたフュージョンカノンと、それから展開する銃剣「デスロックピンサー」。フュージョンカノンは、以前よりも連射が目立ち、ピンサーと併用したゼロ距離使用ができるが、両腕を用いた変型を行わず、威力のほどは不明。
オールスパークの知識が宿ったサムやリーダーのマトリクスを巡ってシカゴやエジプトで激戦を繰り広げたものの、黒幕であるフォールンの死亡を受け、メガトロン自身も右腕と顔半分を吹っ飛ばされるという重傷を負った事で泣く泣く撤退。

ダークサイド・ムーン

the Revival of MEGATRON


3作目『ダークサイド・ムーン』ではタンクローリーに近い、エイリアン・トラックに変形する(ベースとなった車両はマックトラックス・グラナイト)。これは、ロシアにある旧ソ連の軍事施設にて冷凍保存されていたショックウェーブドリラーの救出作戦の際、施設に遺棄されていたものをスキャンしてベースとした(前日談を描いたゲーム版『Dark of the Moon』にて判明)。

右腕こそ治癒したものの、長い逃亡生活の影響で体が錆びつき変形にも時間がかかり、顔の右半分の怪我も治りきっていない。その怪我を隠すためか防水シートをマント替わりに羽織っており、フュージョンカノンはショットガン風となっている。
潜伏先のナミビアでディセプティコンの幼生に餌をやったり、スカルペルと同型の虫型ディセプティコンにたかられたり、センチネル・プライムと取引したり下克上されたりで忙しいが、センチネルに出し抜かれて不貞腐れていたところをカーリーに叱咤され、己のプライドからセンチネルに反旗を翻し、一時的にオプティマスと共闘する場面もあった。

ちなみに、その後の展開は映画版と小説版で異なっており、映画版ではセンチネルをフルボッコにした後に休戦協定を申し出るが、上から目線だった上に「軍団建て直したい、あわよくばリーダーに返り咲きたい」という魂胆が見え見えだった為か、オプティマスにエナジーアックスを顔面へ叩き込まれて首をブッコ抜かれた。この為、実写映画版での「共闘」は本当に一時的なものである。
小説版では、内心では厭戦ムードになったらしく映画版とは違い謙虚な態度で「戦いに辟易した」と言ってオプティマスと講和し、残ったディセプティコンと共にセイバートロン星を再建する事を約束して地球を去って行った。

3作目での末路については、「デ軍の扱いが悪すぎる」「オートボット、というか米軍強すぎだろ」「『君が選ぶ、君のヒーロー』というコンセプトから外れているのでは?」と、一部のデ軍贔屓のファンから顰蹙を買っている。
とはいえ「君が選ぶ、君のヒーロー」というコンセプトは初代から『2010』にかけての傾向が強く、それ以降のシリーズでは特に重視されているわけではない。また、『G.I.ジョー』におけるコブラと同じく、当時のアメリカの放送コードの影響でやられメカ扱いでは無かっただけであり、当時からディセプティコンは一貫してヴィラン悪役)扱いではあった。

ロストエイジ

4作目『ロストエイジ』については、その頭部が反トランスフォーマー組織KSIによって回収されており、人造トランスフォーマーの開発に使用されていた。詳しくはガルバトロンを参照。

ちなみに頭の造形物はCGではなく模型である。

ザ・ラストナイト

TF5 Megatron
最後の騎士王版メガトロン


5作目『ザ・ラストナイト』(邦題:最後の騎士王)では容姿が少し変わり、中世の騎士を彷彿とさせる姿になっている。だが右腕の砲塔や顔のシルエットを含め、全体的にはG1にかなり近づいた。顔のシルエットは、特にマスクモードではスタースクリームに若干似ている。マスクはマンモスの牙のように生えた一対の角が折りたたまれて展開する仕組みである。エイリアンジェットに変形するが、1作目のビークルモードよりも地球的な風貌となっている(コンセプトアートでは、ジェットファイアのようなブラックバード似ているのとそうでないもの登場するが、これらは「ナイトジェット」であるため注意。)。腕の砲は火炎放射器にもなり。接近戦では手持ちの両刃剣を武器としている。

前作『ロストエイジ』で「ガルバトロン」として復活した彼が何故再び「メガトロン」と名乗っているのか、またどうやってボディを再フォーマットしたのかは劇中では語られなかったが、右頬がネメシスプライムのように赤く染まっていることや協力関係などから、創造主クインテッサの助力があったのではとファンの間で推測されている。

地球の破壊とサイバトロン星の復活のためにクインテッサと結託し、かつてアイアコンの騎士達が地球に隠した「クインテッサの杖」と、その在り処を示す「タリスマン」を探していた。
バリケードの報告でタリスマンがケイド・イェーガーの手に渡ったことを知り、CIA局員2名を人質に対トランスフォーマー部隊TRFを脅迫。ケイドとオートボットの掃討に協力することを条件に、モホークドレッドボットニトロゼウスオンスロートを釈放させ配下につけた。サウスダコタの戦いでバリケードとニトロゼウス以外の部下を失う羽目になるも、中盤クインテッサの洗脳から解放されたオプティマスから杖を奪うことに成功する。

その後は杖とクインテッサを守りながらオートボット・TRF連合軍と死闘を繰り広げたが、最後はオプティマスに右腕を斬り落とされ、そのままチャンバーの外に蹴り飛ばされてしまった。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「実写メガトロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント