ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

首都ウィントフック
面積82万5615平方キロメートル
人口272万7409人(2022年6月)
建国1990年3月21日(南アフリカ共和国より独立)
通貨ドル
公用語英語
国家元首(職)大統領
政体半大統領制 共和国

ナミビア共和国(ナミビアきょうわこく、英語:Republic of Namibia、アフリカーンス語:Republiek van Namibië、ドイツ語:Republik Namibia)は、アフリカ大陸南西部に位置する共和国。国内にあるナミブ砂漠が国名の由来であり、ナミブはサン人の言葉で「何も無い」を意味する。主要言語はオヴァンボ語で、首都では英語も徐々に使用されるようになっている。


歴史

ドイツ統治時代

1884年4月にドイツの商人であるアドルフ・リューデリッツは、リューデリッツ湾に居留地を設立し、同年8月にオットー・フォン・ビスマルクの宣言でドイツ領南西アフリカが成立した。1904年8月に先住民のヘレロ人ナマ人を大勢殺害し、1907年3月までこれを実行した。1908年4月にヘレロ人とナマ人の捕虜の地位が取り消され、最後の強制収容所が閉鎖された。歴史学者らはこれを20世紀で最初に起きたジェノサイドと見ており、問題は両国の間に禍根を残した。


南アフリカ統治時代

1915年7月にイギリス領南アフリカ連邦が占領。1919年6月にベルサイユ条約国際連盟の委任統治領として、南アフリカ連邦が統治する事となった。南アフリカ連邦は1934年にイギリスから完全に独立してからも統治を継続。1960年12月、南西アフリカについて国際連合の信託統治に移行する決議が国際連合総会にて採択されたが、南アフリカは拒否して実効支配を継続した。なお、1961年5月31日に南アフリカ連邦は国名を南アフリカ共和国に改名している。1966年8月にナミビア独立戦争が開戦し、結局1990年3月にナミビア共和国として独立を達成した。


独立後

2021年5月にドイツのハイコ・マース外相は、声明で「我々は今後これらの出来事を現代の見方に基づき、ジェノサイドと公式に呼ぶ。」と発表した。この時に大量虐殺を初めて認め、援助事業に11億ユーロ(約1470億円)規模の資金提供を実施する方針を示した。


国際関係

独立戦争を支援した国との強力な提携によってほぼ独立した外交政策に従っており、独立以来イギリス連邦の加盟国である。


国内

人口

2022年6月の推計では272万7409人であったが、2023年9月に統計局は国勢調査を実施しており、恐らく2024年1月頃に結果が判明すると思われる。


治安

アンゴラに接した北東部を除き、治安は比較的良好に安定している。しかしHIVが蔓延しているので、渡航の際は注意を要する。


関連項目

アフリカ

スワコプムント:国内では避暑地で有名であり、ドイツ統治時代の建物の保存状態が良い。

関連記事

親記事

アフリカ あふりか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8196

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました