ピクシブ百科事典

スワコプムント

すわこぷむんと

ナミビアの都市の一つ

概要

ナミビアの都市の一つで大西洋に面しており、かつてドイツの植民地だった経緯もあり、ドイツ形式の建物が状態も良く数多く残っている。また、アフリカのイメージには程遠く、寒い土地で夏には避暑地として利用されており一応空港もある。
ただ、それ以外に見るのもがあまりなく、街は広大な砂漠と海に囲まれているだけの作りになっているが、何故かホテルは非常に綺麗なものが多く、日本人も時折観光に訪れている。
他、露天掘りでは世界最大のウラン鉱山があり、街の発展に大きく寄与している。

関連タグ

ナミビア
黒い艦これ漫画:128話、『英雄への報酬』で何故か台詞の中で地名だけ登場した。

コメント