ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クインテッサ星人

くいんてっさせいじん

クインテッサ星人とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するトランスフォーマーの創造主とされる種族である。
目次 [非表示]

概要

かつてトランスフォーマー達の故郷セイバートロン星を支配した先住種族であり、トランスフォーマー達の創造主と謳われる存在。セイバートロン星及びトランスフォーマー達を再び自分達の支配下に置こうと目論んでおり、トランスフォーマー達と敵対している。


近年では、プライマスが生み出した最初の13人の一人「クインタスプライム」によって生み出された種族とも言われている。


G1

バーウィップ・グラーナウィ・ピニボン!

セイバートロン星の先住種族で、5つの顔を持ちタコのような足を生やした姿をしているが、様々なタイプの個体がいる。高い科学力を持ちながらも極めて冷徹で仲間さえ簡単に死ぬ状況に追いやりその判断を下された側も拒否しないドライさも持つ。元々は惑星クインテッサの種族だが、多くの惑星に民間用や軍事用として販売するためのロボットを生産するべく一大ロボット工場としてセイバートロン星を建造した。この製造されていた軍事用ロボットがデストロン、そうでない民間用ロボットがサイバトロンの祖先である。

なお、ロボット達の製造を始める以前は有機生命体と機械を融合させた生命体、トランスオーガニックの研究をしていたようだ。


しばらくして、クインテッサ星人が直接関わらずともロボット達が自ら再生産を行うようになり、またロボット達も自我を持つよう進歩していった。時が経つにつれクインテッサ星人は堕落し、退屈凌ぎでロボットを壊したり、軍事用ロボットを娯楽で戦わせたりと酷使するようになった。虐待を受ける中、やがてロボット達は不満を爆発させ、物語開始から1100万年前に民間用ロボットA-3が中心となった革命によってセイバートロン星から追放された(歴代のサイバトロンのリーダー曰くクインテッサ星人は自分達ロボットに感情が芽生え、自由と奴隷の差を理解するのを想定できておらず、その詰めの甘さがこの反乱を招いた)。

この事に懲りて、知性が低めに設定されたシャークトロンなどを設計している。


以降は各惑星に大量破壊兵器を売り込む「死の商人」として暗躍しながら(当人達曰く自らの活動記録を他種族が暴いてしまったら全宇宙を敵に回しかねない)、セイバートロン星を再び支配下に置こうと目論んでいた。


初登場は『トランスフォーマーザ・ムービー』で、惑星クインテッサに不時着したホットロディマスチャーを理不尽な裁判で処刑しようとするものの、駆け付けたダイノボットらによって阻止されてしまう。

なおこの際の判決は「無罪」も下すがどちらでもシャークトロンの餌食にするもので彼らにとっては被告を弄ぶだけの戯れに過ぎないのが分かる。


ユニクロン戦争の戦後を描いた『トランスフォーマー2010』では、ガタガタになっていたデストロンを利用するなど様々な謀略を巡らせてロディマスコンボイらの前に立ち塞がった。この頃のトランスフォーマーは長い抗争のせいか自分達の先祖を生んだのが彼らである事を忘れ去っていたようである。

時の罠と四人の捕虜に登場した科学者インキラータ、コンボイの復活でコンボイを蘇生させたクインテッサなど時と場合によって協力したこともあった。


2007年3月18日に東京トイフェスティバルで発表された「キスぷれ紙芝居」では2010最終回とヘッドマスターズ1話の間に倒されたとされていたが…


※ジェネレーションセレクトスペシャルコミックでの活躍は重要なネタバレを含むため最後に記載


スーパーリンク

アルファQ?

種族としてのクインテッサ星人こそ登場しないが、身体的特徴が彼らに酷似したアルファQが登場。詳細は当該記事を参照。


実写映画

Quintessa

CV:ジェンマ・チャン/吹き替え:木下紗華

4作目『ロストエイジ』から「創造主」の呼び名で存在が示唆され、5作目『最後の騎士王』では本格的に登場することになる。「生命のプライム」を名乗り、ロストエイジの時点では集団として扱われていたが、次回作では(劇中を見る限り)個人で登場していて、原語版でのつづりで「星人」に相当するAlienという単語は今回はない。


白亜紀末期の地球に襲来し、有機生命体を可変性のある金属に変えてしまう大量破壊兵器「シード(Seed)」を用いて恐竜を絶滅させ、トランスフォーマー達を創造した(この時のクインテッサ星人または別の存在は有機的な肉体をしている)。当時素材として回収し損ねた金属は現代でレアメタルとして発見されており、その後、地球人類による人造トランスフォーマーの開発に使用されることとなる。


ロストエイジでは、自らが創造したトランスフォーマーの一人であるオプティマスプライムを捕縛するため、賞金稼ぎロックダウンを雇い彼を捕えようとするも、ロックダウンは死闘の末にオプティマスに返り討ちにされる。


その数年後が舞台の最後の騎士王では滅亡したサイバトロン星におり、地球を巻き込まずにケリをつけようと彼女の元にやって来たオプティマスを逆に捕え、刺客ネメシスプライムとして洗脳。かつて離反した古代のサイバトロン騎士に奪われアーサー王の時代に魔術師マーリンに託されていた杖を奪回し、サイバトロン星の復活および地球の滅亡を狙う。


その後、バンブルビーとの激戦の末にオプティマスの洗脳は解け、取り返した杖で地球のエネルギーを吸収しサイバトロン星を再生させていく中、オートボットと人類そしてサイバトロンの騎士達による一大反攻作戦が開始される。最終的にバンブルビーの砲撃により消滅したかに見えたが、実際は人間に擬態して生き延びており、エピローグにて地球がユニクロンであることと彼女自身がユニクロンの倒し方を知っていることを仄めかしている。


関連タグ

トランスフォーマー トランスフォーマー2010 実写TF アルファQ

異星人 死の商人 阿修羅


ジェネレーションセレクトスペシャルコミック(ネタバレ注意!)
























2010年から40年もの月日が流れた2050年、ダイノボットアイランドにて復活を遂げる。前述の通り2010最終回とヘッドマスターズ1話の間に倒されていた筈だが実際は異次元に部下のガードアリコン共々閉じ込められていたようで、地球でアンゴルモアエネルギーの採掘が行われた事によりエネルギーが乱れてタイムゲートが開いて脱出してしまった。

ダイノボットアイランドに居たグリムロック達を捕えて商品として売ろうとしたが抵抗されたため、プレダキングを召喚しプライムモードのグリムマスターを圧倒。しかしその直後にグリムマスターが渡した合体エネルゴンマトリクスの力でダイノボットが合体しボルカニカスになり、ダブルマグマブレードを受けたプレダキングは敗北し退却。

クインテッサ星人はその隙に地球の地下深くへ逃げ込んだようで、マザーコンピューター(『ビーストウォーズII』で登場したあの大型コンピュータ)の教えの元に反乱を起こしたトランスフォーマーを鎮圧するためにスパイクと手を結ぶ

手始めにトランスフォーマーの身体を腐食するガスを放って弱らせた所に最終兵器としてテラートロン部隊を送り込み、サイバトロン・デストロン双方にダメージを与え続けた。そしてスパイクの家にいたセレクターズのサウンドバリアを、あろうことかスパイクの目の前でコブラ型セレクターズに改造してしまう。そしてスパイクに「テラートロンはユニクロンのエネルギーを使うために自分達が生み出した最終兵器である」と明かし、地球を第2のユニクロンにしようとしている事を吐露。そしてそれに反論したスパイクを撃ち、瀕死の重症を負わせる。

その後はオボミナスの戦闘を見ていたが、ネオサイバトロンXとして復活したスパイクとラングエネルゴンエネマにより負傷し、さらにオボミナスにも裏切られた。

関連記事

親記事

トランスフォーマーのキャラクター一覧 とらんすふぉーまーのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22807

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました