ピクシブ百科事典

ラング(トランスフォーマー)

らんぐ

『トランスフォーマー』シリーズのアメコミ『More than meets the eye』の登場人物。
目次[非表示]

概要

らんぐせんせ
眼鏡とったー


IDW社から刊行されている『トランスフォーマー』のアメコミMore than meets the eye』に登場する、オートボット所属の精神科医。名前自体は『Last stand of the Wreckrs』の巻末小説から登場しており、ポヴァの事件で逮捕されたインパクターの精神鑑定や、スプリンガーの看護を務めるロードバスターに助言をしていた。戦後はロディマスを船長としたロストライト号に乗船し、レッドアラートフォートレスマキシマスなど他のクルーのカウンセリングを行っていた。

オレンジを基調としたカラーリングとひ弱な体型、スキッズから「眉毛」呼ばわりされるほど太い眉毛が特徴で、基本は眼鏡をかけている。また上質なスパークの持ち主で、スパークイーターの騒動では執拗に狙われていた。

しかし精神科医としての観察眼と誠実さは一流で、曲者揃いの船員たちの中では数少ない良識人。オーバーロードとの一件でPTSDに苦しんでいたフォートレスマキシマスに親身に接して立ち直らせることに成功したほか、ファルマへの怒りを抑えきれず殺害してしまったファーストエイドにも「あなたは悪くない」と慰めた。

因みに彼のオルトモードは謎のロッド状のアイテムで、武器なのか何かの道具なのか詳細は本人自身も分かっていない。戦前はオルトモードによるカースト制度が蔓延していたために当時は「装飾品」に分類され、ダミーとして背中に車輪を1輪つけられたらしい。このためかラング自身は自分でも理解できていない己自身を知るために、精神科医になったらしい。
















※以下、重大ネタバレ注意

正体

『MTMTE』の続編『Lost Light』終盤にて、ファルマの肉体を乗っ取った古代神「導きの手」の一柱アダプタスの口から、ラングの正体はなんと創造神プライマスという驚くべき事実が明かされる。

かつてプライマスは「導きの手」の4柱たちとともにセイバートロン星の基礎を築いたが、「不変である自分たち金属生命体は戦乱という生存競争によって有機生命体のように進化できる」というもう室に囚われたアダプタスが反乱を引き起こし、これに憤ったプライマスと他の「導きの手」は阻止しようとするも、アダプタスのセイバートロン星全土に及ぶ洗脳処理によって自分たち自身の正体すら忘れてしまい、更には裏切り者は「導きの手」の一人モーティラスという事にされてしまったらしい。

当初こそロディマス達は懐疑的だったが、ラングがプライマスと同じく「自己回復能力」を持つ故にこれまで何度も瀕死の重傷を負いながらも生存してきたこと、彼の製造番号100000000が実際は000000001を逆さに読み間違えていただけだったことが判明し、彼こそがプライマスであることが証明された。長らく謎だったオルトモードも「マトリクス(トランスフォーマー)製造機」と判明した。

終盤のカースト制度が蔓延したままの異次元のセイバートロン星との闘いで、「12地点のホットスポットを使ってベクターシグマを攻撃する」という作戦のため、ラングは変形して12個のマトリクスを製造するが、その代償として命が尽き、眼鏡とセンティオメタリコの粉を残して消滅してしまう。
結果として作戦は成功してロディマス達は勝利を収め、休眠状態だった衛星ルナ1ではホットスポットが復活、そこには
「DON'T FORGET ME(私を忘れないで)」
というラングの最後のメッセージが刻まれていた。

しかしアダプタスの洗脳処理の影響により、結局ラングは皆の記憶から忘れられてしまう。それでも、ルナ1のホットスポットから新たに生まれたトランスフォーマー達にはしっかり彼の遺伝子が刻まれていた。

玩具

2019年より展開された『トランスフォーマーシージ』シリーズにてまさか玩具化が決定、回路スキャナーに変形するバトルマスターとして発売され、他のキャラクターに武器として持たせることが出来る。


関連タグ

関連記事

親記事

MTMTE もあざんみーつじあい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラング(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22484

コメント