ピクシブ百科事典

最後の騎士王

ざらすとないと

実写版『トランスフォーマー』シリーズの第5作。2017年公開。
目次[非表示]

概要

実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの5作目となる作品。原題は『Transformers:The Last Knight(ザ・ラストナイト)』で、邦題は『トランスフォーマー:最後の騎士王』。
アメリカでは2017年6月21日に公開され、本作の撮影の舞台となったイギリスのオデオン・レスタースクエアでは6月18日に先行公開された。日本国内では同年の8月4日に公開されており、邦題が日本語となるのは本作が初となる。

本作では第1作目から第4作目『ロストエイジ』までの過去4作で監督を務めたマイケル・ベイが再びメガホンを握ったが、彼が監督を務めるのは本作が最後となった。

トランスフォーマー達が古くから人類史と関わっていたという設定を基にストーリーが展開し、更に前作のラストで創造主の元へと向かったオプティマス・プライムが洗脳され、ネメシス・プライムとなってオートボットや人類の前に立ちはだかるという衝撃的な内容となっている。

あらすじ

ロックダウンとの戦い(前作)から数年後、人類とトランスフォーマーの間にできた亀裂はもはや修復不能な規模にまで広がっており、一部の国を除き各地でトランスフォーマー狩りが激化していた。
ディセプティコンのリーダー・メガトロンも行方をくらまし、もはや地球にトランスフォーマーの居場所はなくなりつつあった。

創造主を追って宇宙に向かったオプティマスに変わり、オートボットのリーダーになったバンブルビーは、ケイド・イェーガーを始めとした協力者たちと共に、政府の対トランスフォーマー組織「TRF」(Transformers Reaction Force)から追われる身となっていた。
ある日ケイドは、立ち入り禁止区域に墜落した宇宙船のパイロット、スティールベインから一枚のメダルを託される。そのメダルを狙い、復活したメガトロン率いるディセプティコンとTRFがアジトを襲撃した。
間一髪のがれたケイド達だったが、今度は謎の小型トランスフォーマー・コグマンに同行を迫られイギリスへと旅立つ。
一方宇宙では、創造主・クインテッサにとらわれたオプティマスが、地球と故郷サイバトロン星の真実を聞かされ、さらにクインテッサに洗脳され、故郷を救うために人類を滅ぼす尖兵と化していた。

刻一刻と地球に接近するサイバトロン星。果たして地球、人類の運命は?

登場キャラクター

人間


オートボット


ディセプティコン


ダイナボット


その他


余談

  • 前作『ロストエイジ』では、それまでのキャストを全て一新したが、本作では三作目『ダークサイド・ムーン』までに出演していたレノックス役のジョシュ・デュアメル、シモンズ役のジョン・タトゥーロが再び起用された。しかし、エップス役のタイリース・ギブソンはスケジュールの都合により出演していない。
  • サイバトロン星の地表には、宇宙空間にも関わらず植物が自生しているが、理由は不明。
  • 騎士団のトランスフォーマーには、いわゆる骸骨のような内部骨格がある。


関連イラスト

トランスフォーマー 5 最後の騎士王
ラストナイト メガトロン


THE LAST KNIGHT
ロイヤルネイビー/実写TF5


トランスフォーマー最後の騎士王 感想。
【※TF5】らくがき



関連動画

特報

予告編


関連タグ

実写TF ザ・ラストナイト ハリウッド映画 騎士 アーサー王
ロストエイジ最後の騎士王BUMBLEBEE

pixivに投稿された作品 pixivで「最後の騎士王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254346

コメント