ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初出は『ザ・ムービー』。以降は『2010』や『ザ☆ヘッドマスターズ』にも引き続いて登場している。

マイクロン伝説』や、『リベンジ』にも同名のキャラクターが登場しているが、両者共に生粋のサイバトロンオートボット)というわけではなく、名前以外の共通点は無い。

G1

CV小宮和枝
SFスーパーカー(フューチャーカー)に変形するサイバトロンのメンバーで、惑星クインテッサに不時着した生き残り。それにちなんでか、役職もサバイバリストとなっている。

自分の身を守らなければならない時だけ戦闘を行う。武器はパチンコ、三枚刃ナイフ、レーザーブラスターを用いて戦う。
スパイクの息子であるダニエルとは親友同士。

玩具について

生存者ウィーリー


放映当時の玩具の試作品は慣性で走行するフリクション動力を内蔵し、頭身も長めに設定されていた。
後に製品版はサイズが縮小されたミニボットとして発売されるも、アニメのデザインとは似ても似つかないユーモラスな姿から一部のファンからは親しみ(と揶揄)を込めて便器様と呼ばれている。

なお、後年にはいくつかのリメイク商品が発売されており、『ユニバース』(変形!ヘンケイ!トランスフォーマー)版のウィーリーは旧版とほぼ同等のサイズでデザインを一新。
『タイタンズリターン』版は同シリーズのTFの頭部に変形して合体するタイタンマスターをビークルモードの運転席に搭乗可能で、デザインもよりアニメに近くなった。

マイクロン伝説

CV:富坂晶
マウンテンバイクに変形するストリートアクションマイクロンの一員で、英語圏での名前はハイワイヤー(High Wire)
アーシーバンク合体する事でバンブルという小型のロボットになる。

実写映画版

ダークサイドムーンを観る度、思い出す妖怪
ミカエラ&ウィーリー


CV:落合弘治
実写版2作目『トランスフォーマーリベンジ』から登場するディセプティコンの斥候。モンスタートラックのRCカーに変形。
文献やwebサイトによっては「ホィーリー」と表記している場合も。口が悪く下ネタを好むが、小説版では一転しておとなしい性格であり、一人称も「僕」となっている。

サム・ウィトウィッキーからオールスパークの欠片を預かったミカエラ・ベインズの自宅に忍び込むも、あえなく彼女に捕まりバーナーで片目を焼かれた挙句、箱の中に押し込められてサム達と行動を共にするハメになる。
後に道中で出会ったジェットファイアから、ディセプティコンが勝利すれば宇宙が滅びてしまう事と、所属陣営は自分の意思で変えられる事を知らされたのをきっかけにオートボットに鞍替えした。

続編の『ダークサイド・ムーン』にも引き続き登場し、新たに加わった相棒のブレインズと共に終盤の決戦シーンで大活躍を見せるも、消息不明となる。
一方、小説版では両者共に生還を果たしており、戦わずに見ているだけの自分やキューら仲間が殺害された事に憤るなど、オートボットに入ってから正義感が強まった描写もある。

4作目『ロストエイジ』では、相棒のブレインズは元々不自由だった片脚は失っていたものの再登場を果たしたが、ウィーリーは依然行方不明のままだった。
5作目となる『最後の騎士王』で1作またいでようやく健在な姿を見せた。だがケイドに雇われているジミーとつるんでいる程度で特に戦闘シーンで活躍することもなく、中盤以降は物語からフェードアウトする。

レジェンズ

「LG29 ウィーリー&ゴーシューター」として発売。タイタンズリターン版の色を変えてよりアニメに忠実な立体物となった。『超神マスターフォース』の登場人物「ゴーシューター(剛秀太)」がヘッドマスター(ラウドマウスを仕様変更)として付属する。

コミックでは開幕早々アーシースカートめくりを浴びせるいたずらっ子ぶりを披露。

関連タグ

関連記事

親記事

ミニボット みにぼっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12995

コメント