2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

他人のスカートを強制的にめくりあげる行為のこと。1960年代から80年代にかけて男子小中学生を中心に流行した。

流行のきっかけとしては1969年に連載された永井豪の漫画『ハレンチ学園』がよく挙げられている。しかし、同作の発表当時、小学生の間では同年の小川ローザ出演のCMの影響で「モーレツごっこ」なるスカートめくりが流行っており(さらにその元ネタはマリリン・モンロー)、同作はそういった小学生の間の流行を取り入れたのである。こんなタイトルであるが「週刊少年ジャンプ」で連載されていたれっきとした全年齢対象ギャグ漫画であり、性的な興奮を求めると言うより、他人の羞恥心を煽ってその反応を楽しむ悪気のないいたずらあるあるネタとして描写・理解されていた。そして『ハレンチ学園』がメディアミックスを成し遂げる程の大ヒットを記録したために他の制作物にも次々と波及していき、さほどいやらしさを感じさせずにお色気シーンを描く一種のテンプレとして定着していった。現代の感覚からは理解できないかもしれないが、昭和の時代にはそういう事がまかり通っていたのである。

とはいえ、当時のジャンプはハレンチ学園と男一匹ガキ大将が無ければ廃刊になっていたと言われており、ジャンプの歴史を語る場合絶対に外せない超重要作品の一つである。

当然の事ながら当時の感覚でもめくられる側にとっては不快極まりない行為であり、表現規制を肯定する根拠の一つともなっている。また、性犯罪として捉えるならば、「悪気の薄い加害者が、軽微な犯行を繰り返す」という社会の縮図とも言え、見た目に反して非常に闇が深かったりもする。

またこれから派生して男子に対してはズボン下ろしという行為も行われていた。こちらはズボンと一緒にパンツまで下ろしてしまい大事になることも多かったのだとか。

スカートめくりやズボン下ろしは、次第にいじめの手段として横行するようになり、女子も同性を男子に「ご開帳」するという悪質な嫌がらせを取り入れてゆく。最終的に下着まで剥いでしまったり茶巾」という行為に及ぶ者さえ現れ、スカートめくりは本格的にシャレで済まされない行為となっていった

女子自身もやられる一方ではなく、ブルマスパッツ、更には「見せパン」を履くという自衛手段を取り入れるようになり、1980年代後半にようやく流行は下火に転じた。

平成に入る頃にはほぼ見られなくなったと言われ、創作物においても自主規制が進んだ結果、現在では男性向け萌え作品であっても「友達同士の戯れ」として見せない構図で描かれる事がある程度になっている。

とは言え、一世を風靡どころか昭和後期の学校文化の一つと言っても過言ではない程長きに渡って横行していた行為であるため、ある種のノスタルジーを感じるおじさんや憧れを感じる青少年は少なくない。今の学校で現実に実行すれば非行行為として大問題になり、犯人は長時間の説教を食らった上保護者が学校に呼び出される事になるであろうが、pixivで想いを馳せるくらいなら害も無いだろう。

なお、自発的にスカートをめくりあげる行為は「スカートたくし上げ」と呼ばれ、この行為には属さない。

近年では男の娘の台頭によりスカート姿の男子もあるため、男子が男子にめくられたりや、女子が男子のスカートをめくるといった逆の構図というのもある。

スカートめくりシーンが存在する作品


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

スカート パンツ パンティ おぱんつ シチュエーション 背後から見る絶景 パンツめくりパンツ下ろし) いたずら風のいたずら) たくしあげセルフスカート捲り) 茶巾 神風の術 チンカラホイ 猥褻 性犯罪 苺パンツ  下着泥棒 Wir_harl_chant_panz_heidelkart スカート潜り スカート釣り スカートめくれ

関連記事

親記事

セクハラ せくはら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59106264

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました