ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

高海千歌

たかみちか

「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターの一人。今作の主人公。
目次 [非表示]

「一番大切なのはできるかどうかじゃない。やりたいかどうかだよ!」

「起こそう奇跡を!足掻こう精一杯!全身全霊最後の最後まで、みんなで輝こう!」


プロフィール

名前高海千歌
英字表記CHIKA TAKAMI
ニックネームチカ、チカっち
学年2年
身長157cm(シリーズ28位タイ)
スリーサイズB82/W59/H83
血液型B型
誕生日8月1日
星座獅子座
好きな食べ物みかん!(※)
嫌いな食べ物コーヒーしおから
趣味ソフトボールカラオケ
特技卓球鉄棒習字
イメージカラーみかん色
CV伊波杏樹
所属ユニットCYaRon!

(※)原文ママ。公式プロフィールでは例外なく「みかん」ではなく「みかん!」表記となっている


人物

ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する浦の星女学院の二年生。スクールアイドルAqoursの発起人でありリーダー。μ’sに憧れてAqoursを結成した。

ラブライブ!サンシャイン!!企画の最初の発表は、沼津の海を背景に千歌が一人だけ立って「助けて、ラブライブ!」とだけ書かれた一枚の絵のみだった。


ほとんどの媒体で彼女を中心として物語が展開しており、今作の主人公ポジションである。


三人姉妹の末っ子となっており、二人の姉(高海志満高海美渡)がいる。

初期設定では友達から「チカっち」と呼ばれる事があるらしいが、現在作中で呼ぶのはAqoursでは(G's版以外の)小原鞠莉1人だけ、『スクスタ』では東條希宮下愛含めた3人である。ただしコーレス(コール&レスポンス)での連呼とその呼びやすさからラブライバーが使う千歌の愛称に定着した。


実家は旅館「十千万(とちまん)」を営んでいる。旅館名から「千」を名前に貰った。

モデルは内浦にある「安田屋旅館」。その前にある小さな砂浜「三津海水浴場」も本作品の聖地のひとつ。

アニメ版・スクフェス版・スクスタ版では梨子が隣に引っ越してきた設定。



イメージカラーはオレンジではなく「みかん色」。伊波杏樹氏が言いだしっぺなので、本人がうっかり間違えると周りから煽られる。

ライブでのコーレスは「『チカっち』って、呼んでねー!」(「「「チカっちー!!」」」)と、「かんかん」(「「「みかん!」」」)「かんかん」(「「「みかん!」」」)「かーんかーん」(「「「み・か・ん!!!」」」)。


橙色の髪(赤色に近い)と、赤い瞳を持つ。髪の左側頭部分に三つ編みを作り、制服や普段着時には三つ編みの先に黄色いリボンを、右の髪に三つ葉の髪留めを付けている。頭頂部に短いアホ毛あり。

アニメでの髪の長さは肩に掛かるか掛からないか程度。動きが付いたイラストでは散らばっていることが多いが、静止画では割と癖の少ないスッキリした髪型をしている。

しかし二次創作では公式の動きが付いているイラストのように、内巻きの癖が強調されたり長く描かれているものが多い。

室田雄平氏は、高坂穂乃果とは見た目やシルエットが被らず、素朴でμ'sよりふつうな子になるようデザインした。



性格は人懐っこく負けず嫌い。持ち前の明るさと強引さで周囲を次々に巻き込む。

各メディア共通の性格は、とても元気で明るい行動派。アイドルとは何かを知らず、やる事なす事基本計画性がなくて勢い任せ。

Aqoursのリーダーでまとめ役をよく務める。だが初期に「ただ言いだしっぺだっただけの下っ端リーダー」と自虐していたので、アニメ版では自らの長所を自覚できない悩み多きキャラクターに発展。


Aqoursにおける千歌は、ほとんどの媒体で二年生の4月時にμ'sに憧れてスクールアイドル部を創部、学内の友人や通行人に手当たり次第に部員勧誘をかけ、その直後に同じクラスに桜内梨子が転校してきたので一目惚れして彼女をしつこく勧誘する、というシーンが描かれている。

媒体によって千歌がμ'sを知った経緯と、梨子の前に声をかけて断らなかったメンバー(曜、果南など)が微妙に異なっており、梨子とのストーリーは梨子の性格や過去によってその時々の会話が変わっている。

それ以降、残りの7人の勧誘は各人のキャラ設定によって出会い方とアプローチ方法が変化していく。

曜&果南とは幼馴染でお互い性格を知り尽くしている。

Aqoursの作詞担当と明確に定まっているのはアニメ版とスクフェス版(後期)、スクスタ版スクフェス2版のみ。


特技の鉄棒・卓球・習字、趣味のソフトボールという設定はアニメ一期では活かされる事がほとんどなかったが、二期では1話でミニスカートのまま逆上がりをしたり、年明けには書き初めを披露したりとちゃんと活かされている。

食べ物設定はみかん好きはとにかく採用が多く、コーヒー嫌いは少し取り入れられる程度。しおからは扱いにくいので出番が皆無。


アニメ版・スクフェス版・スクスタ版では前述の姉に加えてしいたけという大型犬の飼い犬が登場している。



楽曲では元気で幼い印象の歌声。

リーダーなので、アニメ版の楽曲や、Aqours9人組がテーマの曲(シングルやOPEDのカップリング曲、スクフェス用主題歌、9人が学年ごとに順に歌う曲など)のほとんどでセンター担当か、そうでなくても目立つ箇所や先頭でソロパートをよく担当している。


活発な性格ながら意外にも歴代で顔芸率がもっとも低い主人公スクールアイドルである。童顔なせいか、驚く時も普通の演出で描かれる事が多い。

少なくともシリーズでは定番の三白眼をひん剥いた顔芸は披露していない(あの歩夢ですらやっている)。


G's版

電撃G'sマガジン連載の文章では、性格は非常に明るくて幼い妹系。

一人称は「チカ」か「私」。

曜とともにお祭り好きですぐ海に飛び込む。果南曰く「少し心配症で幼くて、すごく元気で発想力が突飛」で、果南といつでも遊ぶために淡島まで橋を架ける方法を考えた事も。忘れ物が多い。

歌って踊るだけで最高に楽しいと感じている。じっとしているのは苦手。

自ら思うチャームポイントは毎朝欠かさない三つ編みと明るい笑顔。


高校1年生以前にμ'sのライブをネットの動画で観て惚れ、穂乃果のμ's活動年齢と同じ高2の春からμ'sのようにスクールアイドルになって歌い踊る道を選んだ。

最初は田舎町でアイドルなんて遠い世界だと諦めていたが、大好きになったμ's、穂乃果の言葉を受けて少しでもその境地に近付けるように努力する事にした。


果南、梨子、ルビィ、鞠莉は千歌が加入させたと記されており、特に梨子と鞠莉に関しては頑なだった彼女たちを折れさせるくらいしつこく勧誘している。ダイヤは繰り返し誘った後にAqours加入を賭けた勝負に勝って引き入れたらしい。


女の子らしいのは苦手で、アイカツとして何故か曜1人だけに釣りを任せたり、ユニット分けはグーパーじゃんけんで決定、衣装にあまりこだわりがない、という具合にアイドルとは何なのかがあまり分かっていないので、善子には能天気だと呆れられている。

AqoursとCYaRon!で振付やステージングのアイデア出しを担当。

恋に興味はあるが初恋はまだ。

小さい頃は周りに合わせてロングヘアーだったが思い切って短くした。



家の旅館「十千万」の名前の由来は「千客万来、たくさんのいいことに恵まれますように」。

末っ子なので服はおさがりばかりでおやつも優先度が低い。その分服には困らず、嫌いな物もお姉ちゃんに食べてもらってきた。

祖父母(おじいちゃん・おばあちゃん)の存在がたまに言及される。祖母が編んでくれた花柄のピンクのハラマキを使っている。

旅館の温泉にはメンバーが練習帰りにたまに寄っている。旅館は湯にこだわっているので、冬至には柚子風呂、5月には菖蒲湯、11月にはみかん湯を用意する。露天風呂からは富士山が見える。

旅館の提供メニューは金目鯛の煮つけが定番。温泉饅頭もある。

接客や掃除の手伝いを任されているが忙しい時期は逃げて遊びに行こうとしたことも。家の掃除は少し不満げだが、学校の当番制のプール掃除は楽しくて好き。

カラオケ大好きでよく歌うのはμ'sの曲。家にカラオケ機材がある。


得意料理はあまり無いが、目玉焼きと雑炊が得意。家で鍋料理がよく出るため雑炊作り担当になっており味噌味が好き。

好きな食べ物は鍋の豚肉&豆腐、ピーナツ入りのハート型チョコ。

朝ごはんは家の都合でご飯と玉子焼き、おひたし、納豆が多く、パンの時は喜ぶ。

メンバーのおかずをよくつまみ食いしており、「あーん」に喜んで全力で応じる無邪気な性格。

好きなみかんも流石に毎日のおやつになると飽きる。

夏になるとかき氷機をよく稼働させ、千歌は練乳ミルク味が一番好き。


野球中継を祖父がよく見ていた影響か、昔から野球好きでキャッチボールや三角ベースが一番好きで家の前の砂浜で遊んだ。ソフトボールはショートかセンターが多く、小学生の頃はピッチャーもやった。体格が小さくてパワー不足の分は足でカバー。

卓球は最近やっと果南にいつも勝てるようになった。

毛筆はかなり達筆で、秋になると家や花丸の寺で使う看板用に腕を振るっている。

行ってみたい土地は、μ'sに縁のある東京やNY。東京では音ノ木坂を見た後に他のスクールアイドルの情報チェックや単純な観光を楽しむつもり。旅行なら草津温泉などの温泉に行きたい。



4コマ漫画『マルのヨンコマ』では、本気で果南の年齢に追いつこうと思っている(※年齢差6ヶ月)、「スイートルーム」=お菓子の家と認識、花丸が処理に手こずっている素麺を盗み食いする、食事を食べ過ぎて体重オーバーなど、アホの子の一面がさらに強い。


アニメ1期

明るい行動派で悩むのが苦手、突拍子もない行動やドジっこ属性があり、数人のメンバーを各々が抱えてる悩みを知らない間に強引に勧誘しようとするなど、多少押しの強い面も見られる。その一方で他のキャラクターに冷たいツッコミを入れることもある。

一見すると単純明快で後先のことを考えない自由奔放なキャラであるように思えるが、実は意外なほど他人の心を正しく想える性格でもある。相手が悩んでる様子を見ると不用意に立ち入ろうとする事は少ないが、それを解決すべく動き、ほとんどのメンバーの心境に大きな影響を与えている。

その一方自己評価の低さも相まって自分がどう見られているかに関してはかなり鈍感な一面があり、隣人の梨子を心配するあまり、危うく幼馴染の曜との関係が拗れそうになる危機にさえ陥った。

アニメ版などでは穂乃果に比べたら大分大人しく、場を混乱させる役割も比較的控えめである。

独り言の口調がたまに「~だぞ」「~だろ」と荒っぽくなるがこれは担当声優のトークの口調から来ている。


勧誘用に作った鉢巻やスクールアイドル部の部室用の名札を「スクールアイドル」と書き間違えていたり(陪を×で消して上に部を書き加えている、チラシのほうは正しく書かれていた)、毎日動画を見て歌を覚えたという割には「μ's(ミューズ)」を「u's(ユーズ)」と誤読している。

1年生時(学年が変わる直前と思われる)に曜と秋葉原を訪れ、その時偶然辿り着いたUTX前のモニターに流れていたμ’sの『START:DASH!!』映像を観て、μ'sとスクールアイドルに一目惚れ。μ’sの画像を使う時は高坂穂乃果がアップの物を選んでおり、スクールアイドルの在り方を問う時にも彼女の名を出している事から穂乃果推しの可能性が高い。


μ’sに憧れるあまり廃校の噂が立った際には喜んで体育館を駆け回るという奇行に出たことも。彼女の名誉のために補足しておくと、喜んだ理由は「μ'sと全く同じくスクールアイドルで学校を救うという凄い活動ができる」であり、簡単な沼津紹介PVを作ってすぐにこの町の大切さに気付いた。


しかし(最後の問題の難易度が高かったとはいえ)ダイヤのクイズには全く太刀打ちできなかったほか、音ノ木坂の存続が決まった時期を教えられるまで知らなかったなど、前述の誤読を抜きにしてもμ'sに関する知識は乏しいようだ。


Aqoursの活動は、生徒会長のダイヤに部の存在を否認されるが、曜にすんなり入部してもらえて、梨子を勧誘し続けて3人組を作った所で理事長の鞠莉に支えられてデビューライブを行う。初期に勧誘したルビィと花丸には断られ続けていたが後に2人の決意で入部してもらえ、それから不登校だった善子も彼女の経歴を見て勧誘し彼女の悩みを解決して加入、残りの3人は精神的問題で難航したが千歌の説教がきっかけで3人のわだかまりが無くなり、9人を結集させるに至った。


実家は梨子の隣。初期設定と変わらず旅館を営んでおり、バス停が近い事から2階の千歌の自室や1階の喫茶スペースが度々Aqoursの相談場所として登場している。10話の合宿回では高海家が使われた(※ただし千歌の部屋)。正面玄関は使うなと言われている。

自室にはぬいぐるみのイセエビダイオウグソクムシカニなどが並んでいる。


運動能力については曖昧だが、練習風景を見ている限りでは特に高くも低くもない様子。第10話でのランニングは午前中に遊びすぎたためか善子、花丸と共に真っ先に脱落していたりもするが、趣味・特技から決して低いわけではないように思える。

二期では短期間でロンダートからのバク転を成功させている(※一例としてジャニーズでもダンスに定評のある元国民的アイドルグループのリーダーラブライバーで有名なキスマイの彼のようなバク転が出来ないメンバーはいる)事からも少なくとも並以上のポテンシャルは持っているものだと分かる。



リーダーとしての責任感から他のメンバーに本心を隠そうとすることがあった。このことは第8話でメンバーの前で涙を見せたことでいったん解決した模様。


本人の回想で幼少期に海に飛び込むのを躊躇しており、果南に「ここでやめたら後悔するよ」と言われていたため幼い頃は臆病な性格だったのかもしれない。

自己評価に関しては謙虚で、自らの能力の至らなさや周囲の支えで現在があることをよく自覚しているが、「他人に内浦の良さを教えて貰っては駄目、自分で気付くべき」「田舎だから入学者が少ない、それを言い訳には出来ない」という旨の台詞を言っていたり、作曲をまず自分でやろうとするなど、主人公らしく芯はしっかりとしている。

メンバーへのフォローや気配りの細かさ、正確さといった点でも、Aqoursのリーダーとしての気質に溢れていることが垣間見れる。

幼馴染の曜や家族からは「中途半端が嫌い」だと評されている。



穂乃果に比べ、千歌は分かりやすいほどの「成長型主人公」である。そのせいか大小含めてことさら普通である点が強調される。自ら普通怪獣ちかちーを名乗る。

しかし千歌はAqoursの楽曲の作詞も担当している

とは言え歌詞について頻繁に悩んだり、ときどき作曲担当の梨子に早く仕上げるように言われるが…

そういった点も含め、一期終盤などから、飛び抜けたカリスマ性というよりは周りをしっかり見て確実に解決していく、地味ではあるが等身大で親しみのあるリーダー気質であることが窺える。

スクールアイドルを始めたからか、劇中では自身を「普通」と評する事はあってもそのことで卑屈になったりする事は無い。


第12話までμ'sにとらわれすぎてAqoursのリーダーとしてのあり方に迷っていたようだが、Aqoursが新たな目標を見つけたことで「私は私でいい」ということを自覚した。この時にずっとふすまに貼ってきたμ'sのポスターを撤去している。



また最終話では普段は東京にいる母親も登場した。

その際に(Aqoursをはじめた事に対して)「今度はやめない?」と聞かれており、過去に何かに挑戦して挫折した事が仄めかされている。


回想のために他人の声マネをしたことがあり、2話で梨子の「ごめんなさい」とダイヤの「おだまらっしゃーい!!!」を披露。2期1話でのしいたけのあくびのシンクロも犬そのものだと話題に。

かわいいイラストが描ける。

就寝時は髪を下ろす。


アニメ2期

2期13話の千歌ちゃん

2期の千歌は、1話で判明した鞠莉の3年間の浦女廃校阻止の意志を継ぎながら「輝きとは何か」を求めて行動する。


ラブライブ!夏季大会の予選敗退と同時に廃校が現実に向かい始めてしまい、それを受け入れるような言葉を言った梨子(1期8話時の千歌の真似なので本気ではない)に、「もし本気なら軽蔑する」と吐き捨てるほど塞ぎ込むが、9人で奇跡を起こすと誓い立ち直る。あらゆる努力もむなしく7話で廃校が最終決定し、廃校阻止よりも第一にしていた「輝き」も見失って自暴自棄に陥るが、浦女の全校生徒に目標を与えられて冬季大会の決勝まで直走った。

6話になっても普通怪獣であることを悩みにしていたが、梨子と曜にAqoursの発起人であることを理由に千歌の持つ力を説かれた。

2話の歌詞作成の最後や9話のルビィの単独行動時などの、ふとした拍子に悟ったかのようなそぶりを見せている。


2話で歌詞作りの合間に描いた怒る梨子のデフォルメ絵は、後の話でLINE風アプリの色付きスタンプとなって梨子本人に使われている。

コミカルな妄想もちょくちょくあり、小原家のヘリの操縦者や、花屋の店員、昔のカメラマン姿になっている。実際に着た奇抜ファッションは、4話でみかんの着ぐるみ、8話で防寒の目出し帽。


13話の最後に紙飛行機を飛ばしていたら、母親から昔の千歌は紙飛行機飛ばしを始めとしたあらゆる事を試しては上手くいかなくて、どれも悔しがる前にやめていたことが語られた。


10話でやっと千歌の父親が初登場。


劇場版

千歌が輝きを求め見出したテレビアニメの物語が一区切りした後を描くため、劇場版では新たなAqoursの形を、千歌がメンバー達と共に探求する物語となる。


三年生卒業後のAqoursの活動が上手くいかない中、卒業旅行中の鹿角聖良に連絡を取り、沼津に立ち寄ってもらい、忌憚ない意見を求めている。

同時期に鞠莉の母にイタリア行を依頼された際は聖良や他のメンバーの意見も受けて3年生3人と話し合うためにも、これを承諾した。


イタリアで紆余曲折を経て3人と合流するも、今回の騒動の大本である鞠莉の母が、その場に乗り込んできた。「鞠莉が理事長になっても何もいい事がなかった。学校も廃校になったではないか」という鞠莉の母の言葉にAqoursのリーダーとして廃校阻止を果たせなかった事に責任を感じてかメンバー中、只一人、悲哀を帯びた顔で俯いてた(他のメンバーは憤りを覚えた表情をしていた)。しかし、続いてスクールアイドル活動を「くだらない」と貶んだ鞠莉の母の言葉には流石に怒りを覚えたようで、咄嗟に反論しようとするもダイヤに制止されている。


一同はイタリアで鞠莉の母の言葉を覆すためのライブをすることになり、滞在したホテルで鞠莉や曜との同席の場で果南と新しいAqoursについて相談。激励を受け、少しだが自信を取り戻した。ライブが成功に終わった時、母を前にした鞠莉の後ろでどや顔をしている千歌がいる。尚、統合先の学校の問題については、この時は伏せた上で相談していたようであり、鞠莉や果南達が「そんなことになっていたなんて……」「この件は(自分達で解決してみせるから)見ていて欲しいと千歌から言われてる」と帰国後に口にしているシーンがある。


帰国後、新たなライブの準備やSaint_Snowとの「延長戦」を経て、新たなAqoursの形を見出していく。ライブ前日の夕刻、9人全員で再び訪れた浦女校舎で僅かに開いていた校門を自ら閉めながら、浦女もAqoursも自分たちと共に常にある、これからも一緒に歩んでいく、という確信を口にし、続く新生Aqoursのライブと共に劇場版はエンディングを迎える。


最後のシーンでは内浦の海岸の砂浜を「聖地」として訪れた、Aqoursのファンと思しき2人の少女(会話の内容から、まだ中学生か高校の新入生の模様)の語らいが流れる。彼女達は、千歌がそうだったようにスクールアイドルとその輝きへの憧れを語り合うのだった。

この「内浦を訪れ語り合う女子生徒が2人」というのは、物語当初の千歌がスクールアイドルについて(曜、または梨子を相手に)2人で語り合うことが多かったこと、そして浦女の廃校阻止に必要だった募集人数があと2人足りなかった事と絡めての演出もあってのようである。


スクフェス版

スクフェス版の千歌は、メインストーリーでは幼くて遊びとゴロゴロする事が好きだが、大好きなものには一直線。やる気に満ち溢れ楽しい体験を高める努力なら進んで挑戦できる。

「楽しーい」や「面倒くさーい」の感情がすぐ言葉やオーバーリアクションに出る素直で明るい性格。しかし困り事をメンバーに言わずに一人悩む事も。注射が苦手。

パジャマ姿の立ち絵は、千歌だけ(1期10話のワンピースでなく)1期2話のTシャツ時の服装が使われている。


Aqoursの言いだしっぺでありながら周りに助けられて活動している事に恐縮している。

メインストーリー3章&6章で花丸と協力して歌詞を作っているが、その後は歌詞に関する活動の描写がない。Aqoursの活動内容を提案したり、器用ではないが曜の衣装作りを手伝ったりしている。

かわいい似顔絵のイラストが描ける。工作は大雑把。


大好きなみかんには運命を感じていて、みかんの作り物の制作でも並々ならぬこだわりを籠めた。みかんジュースも好き。手作りチョコはみかんやみかんピールを乗せており、かき氷はみかんシロップと缶詰みかん乗せ。

コーヒーはホットもアイスも苦くて飲めない。


家の旅館の手伝いをすぐ任されるので不満。

事あるごとに千歌の自室でAqoursの会議やお泊まり合宿が行われるが、騒ぎすぎると旅館の神様からの祟りがあると畏れている。

14章では内浦の「海ガールコンテスト」の司会を志満から依頼され、Aqours8人にエントリーしてもらい彼女らの参加する競技を饒舌に実況。

飼い犬のしいたけが主役の話が13章と15章に用意された。おとぎ話編の千歌の覚醒前カードではとある子犬2匹がゲスト登場している。


昔からなんでも出来る曜には助けられている。果南はお姉さん役で千歌が転んでもすぐに手を貸さない適度な距離で見守ってくれていた。


自分に特技は何もないと感じていたが、μ'sに出会って感激しスクールアイドルをやろうと決めた。

以来μ'sの大ファン。μ'sのDVD鑑賞を趣味にしており、夢中で徹夜した経験がある。

だが、千歌がμ'sを好きになった時期もμ'sの現在の活動状況も不明。かつてラジオ番組にゲスト出演したμ'sへ千歌がお便りを出したものが読まれた事がある。

ルビィとはスクールアイドル&μ's大好き仲間としてよく話が合う。μ'sの活動履歴は雑誌を持つルビィに確認している。

勉強は苦手気味。テスト勉強法は「μ'sに勉強を見てもらってると想像する」とのこと。21章の前の定期テスト時は絢瀬絵里さんを思い浮かべたらしい。



スクフェス時空のAqoursは、なんらかの形でこの春に9人全員が初めてのスクールアイドル活動を開始。『第5回おさんぽラリー』では2年生3人が体育館で初ライブを行ったとなっている。

スクールアイドルや現役高校生の常識もよく知らないまま手さぐりで活動し、次第に地元や東京でのライブとイベントを大成功させていっている。


スクスタ版

スクスタ』では、同級生のμ’sと並ぶ全国的に有名なグループAqoursそのリーダーとして登場し、μ’sとは合同ライブを実施。穂乃果らと共に虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の目標となった縁で、虹ヶ咲との3校合同でライブやイベントを行っていく。

この時空では千歌が活動中のμ’sに憧れてAqoursを始めた設定である。千歌2年生の春時点でもう合同ライブが実現しているうえ、μ’sはさらにA-RISEが発祥とも判明しているので、時系列の詳細はあまり深く考えない方が良いだろう。


それだけ有名になってもグループの悩みとして、アニメ版同様「輝きとは何なのか」を探求している。

千歌キズナエピソードでは彼女の活躍が描かれ、リーダーとしては空回りする所も多いが、ポジティブシンキングから来る人を自然に動かす力で打破している。その点が穂乃果と似ており2人意気投合している。

いたずらっ子な所があり、イベント『いたずらオオカミを捕まえろ!』では園田海未の声真似をしてエマ・ヴェルデを騙した(但し、μ'sがライブ直前であることを把握していなかったり、海未が呼び捨てで接していることを忘れているなどボロが出ていた。その報いとして、本来全員貰えるはずのお菓子を、彼女だけお預けとなるハメになった。)。同イベント実装のURカードのサイドエピソードではAqoursメンバー数名の声真似が聞ける。


「十千万」はメインストーリー3章で(千歌の自室ではない)客室が登場。「あなた」が連泊した。メインストーリー中では、仲良くなった東京のμ’s&虹ヶ咲を沼津に招待する際に宿泊してもらうのは大体この十千万(客室、千歌の部屋のどちらか)かホテルオハラである。「あなた」宿泊の時は鞠莉と客の取り合いをしていた(先に予約を受けたので勝った)。


漫画版

G's版と同じ原案監修である漫画版でも、強引で明るい性格は変わっていない。梨子から見ると高校2年生にしては童顔。

4月時点で廃校が決定済の事実をまったく気にせず、とりあえずμ'sを目指す事にした。


スクールアイドル活動開始に際して、まずは気に入った人物に狙いをつけ、長時間に渡り説得している。果南、梨子に声をかけ続けて半ば無理やり、しかし情熱と人懐っこさで同情を得て承諾を貰いスクールアイドル部に引き入れた。せっかちな曜は落ち着いて話が出来た機会に勧誘、昔からの交流のおかげですんなり加入してくれた。善子は最初断られたが後日彼女が興味を持って来たので千歌が一目惚れしていた容姿を理由に熱烈に勧誘したものの結局善子の見栄っ張りのせいで彼女の都合が悪いとなって失敗に終わる。だが彼女がみせた堕天使の一面を気に入ったので全く諦めていない。ダイヤとは親しいが生徒会長なのでまだ創部を承認してもらう役の人物としか見ていない。


梨子は秋葉原から来たのでありとあらゆる物に関してセンスが良いと本気で思い込んでおり、作曲や衣装を任せようとしていて、さらにダンスは目立つ位置に配置すると冗談を言っている。

千歌はと言うとネーミングセンスがなく「おにぎり~ず」「いるか~ず」という遊びチーム名を昔付けた事がある。善子に「よっちゃん」のあだ名を付けたのは彼女。

μ'sの事はラブライブ!優勝記事をネット上で見つけて動画(『START:DASH!!』μ's二年生3人ver)に触れたのが始まりのようだ。果南を勧誘する時や新学期にはμ's掲載雑誌を大量に持ち込み、ホームルーム中にまで読んでいる。


ドラマパート版

ドラマパートでは、基本的には物語の舞台となった場所に対して変なこだわりを言いだして、トンデモ理論で周りのメンバーを振り回し、何か持論を持てば強情に押し通す、果てには某かまくら野宿を決行しようとした前作のリーダー並の奇行も行う、トラブルメーカー的扱いが多い。他人のコントに乗るのも簡単。

ただし千歌が流れに乗れない悪ノリをしている人がいると大声でツッコむ役に回っている。ツッコミはほぼ毎回台詞が長いし内容を聞くと明らかに言い分がおかしいのだが、怒鳴るようにツッコむので驚いて大人しくなるメンバーは多い。

持論へのこだわりがかなり強いが、それが論破されると「じゃあどうでもいっか」と笑ってあっさり捨ててしまう。

千歌のトラブルメーカーさはメンバー8人もSaint Snowの2人も把握済。


最初の『恋になりたいAQUARIUM』ではダジャレキャラ。毎回自分のダジャレを説明しようとしては他キャラに制止させられていた。以後は稀にダジャレを言う事もあるが説明ネタは無くなり、周りもスルーしている。


台詞の中には、地元に限るがご当地紹介や、軍隊の階級の上下、金田一耕助に明智小五郎、沼津のアジ解説、地殻にマントル、芸者などなどが含まれていて意外と知識がある。昼ドラが好き。

担当声優が声優業と共に舞台女優業も主体としているからか、怪談の語り方は必聴。劇中でやたらマニアックなモノマネをしているがそのクオリティが無駄に高いと作中のメンバーから評価されている。ドラムロールは中の人が苦手なので苦手。

東京の人は田舎を馬鹿にしていると思い続けている。

野球のノックが打てる。みかん好きでコーヒーが苦手。



家の旅館で接客をしている。『Awaken the power』の話は旅館とその前の砂浜が舞台。『Aqoursの女子会パーティー』CDでは自室が使われた。犬を飼っている様子がない。


余談

  • 千歌以外を担当するキャスト8人から高海千歌のモノマネをされる時は、決め台詞が「キセキだよ!」で初期の自己紹介が原型の、太陽に向かう超元気でおバカなキャラになりがち。
  • 実家で経営する旅館で使用している送迎用ミニバン(シボレー・アストロ?)は黒塗りの車体に白文字という、その特定思想の団体の車両を彷彿とさせるデザインから『右翼の街宣車』というあだ名で呼ばれることもある。2期第5話登場。

高海家


外部出演

2021年6月開催のモンスターストライク(以下モンスト)コラボではコラボキャラのなりきりとしてマナ・リビングストンが選ばれた。ちなみにマナの中の人はいつきと同じ金元寿子氏である。


さらに余談だが、Aqoursのキャスト陣の中でコラボ以前にモンストをプレイしていたのは伊波杏樹だけだという。また伊波氏はモンスト側でこのキャラを担当した。


また、2023年11月28日~12月20日にかけて別のアイドル作品であるIDOLY_PRIDEとのコラボイベントが開催され、Aqoursから高海千歌、桜内梨子、渡辺曜の3人がガチャで登場し、なんと3人ver.の「君のこころは輝いてるかい?」が3Dライブとして期間限定で実装された。

プレイアブルキャラの彼女たちは勿論撮影することやホーム画面で眺めることもできる上、特筆すべきはステージ衣装の他に浦の星女学院の夏・冬制服とオリジナルのクリスマス衣装まで用意されているというコラボの域に留まらないボリュームである。


関連イラスト

WATER BLUE NEW WORLD 高海 千歌千歌ちゃんかんかんみかんちゃん高海千歌ちゃんLLSS

ぶかぶかパーカー夢で夜空を照らしたい[千歌]輝きたい!!羽根 ー千歌ー

まとめ輝きたい!センシティブな作品千歌ちゃん

🍊1日1千歌ちゃん🍊テラジャンボ寝そべり千歌ちゃんに届いた(?)千歌ちゃんセンシティブな作品

まだ見ぬ未来へ高海千歌誕☆生☆日!!!♪♩♫おめでとぉぉぉぉぉぉぉんぉぉぉぉ!!!!センシティブな作品

はい、あ~ん♡千歌ちゃんNext!ちかっちあんちゃんお疲れさま!


歴代「ラブライブ主人公」タグ

高坂穂乃果高海千歌高咲侑上原歩夢


関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CYaRon!

主人公 オレンジヒロイン

みかん


絢瀬絵里小泉花陽μ'sのB型メンバー。


中須かすみ天王寺璃奈鐘嵐珠虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のB型メンバー。


嵐千砂都若菜四季Liella!のB型メンバー。


優木あんじゅ彼女の中の人と同じ名前を持つスクールアイドル。名字は次作のあの子だったりする。


高坂穂乃果高咲侑:ラブライブ!シリーズの他グループで、名字が「高」で始まる子たち


高見知佳:同姓同名。元アイドル・女優・タレント・政治活動家。1978年デビュー、1980年代にアイドルとして活動。

関連記事

親記事

Aqours あくあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111181434

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました