ピクシブ百科事典

国木田花丸

くにきだはなまる

国木田花丸とは『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィールずら?

学年1年
身長152cm
スリーサイズB83/W57/H83
血液型O型
誕生日3月4日
星座魚座
好きな食べ物みかん・あんこ
嫌いな食べ物麺類・牛乳
趣味読書
特技独唱(聖歌隊所属)
イメージカラーイエロー
CV高槻かなこ
所属ユニットAZALEA


人物ずら

ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するキャラクターの一人。

Aqoursに所属する、浦の星女学院の1年生。
茶髪のふわっとしたロングヘアーと茶色い瞳が特徴。
Aqours最年少。

黒澤ルビィとは親友でG's版では幼馴染、アニメ版・スクフェス版は津島善子の方と幼馴染。寺の生まれでG's版・スクフェス版では聖歌隊に所属している。三世代同居で祖母は東北出身、祖父は内浦出身。祖父母をじーちゃんばーちゃんと呼ぶ。

幼少の頃から運動が苦手なため、読書の世界に没頭するようになった。特に日本文学を好み、1900年代初め頃の有名小説の名をよく挙げている。初期設定では沼津の作家である芹沢光治良を愛読。
初期設定で眼鏡を掛けているのがコンプレックスと言っているが、描き下ろしイラストやG's版の一部私服、スクフェス衣装のみで掛けている。

周囲の人々に気を配る優しい性格。気遣いや場の空気を読むことにも長け、思慮深く年齢の割にどこか達観した一面もある。普段はおっとりとして大人しいので、体育会系かつテンション高めなAqoursメンバー達の中では比較的落ち着きがあるように見える中、友人のためなら目上の人間であっても意見をはっきり言える意志の強さを併せ持つ。
一方、感激しやすくて意外とノリが良い。G's版以外では次第に善子に対して割と腹黒な面を見せてイジる事も多く、次第に親友のルビィも感化され始めていたりする。
だがそれがいい…
寺育ちのため怪談やホラーを思わせる要素に滅法強く、周りの人物達が悲鳴を上げている場面でも一切動じない(G's版除く)。

一人称は『マル』『オラ』(『おら』表記もある)。オラの方は言わないように努力している。
たまに語尾に『~ずら』が付く方言娘。ただしそれ以外の日本語の発音や使用単語はほぼ標準語で、最終的に「~ずらよ」「~ずらが」といった具合にただの語尾として使っている。
メンバーからは「花丸ちゃん」「花丸」(G's版などでは「マルちゃん」「マル」)、アニメ版・スクフェス版・ドラマパート版の善子からは「ずら丸」と呼ばれている。

家の寺の教えを会話に取り入れる時はあるが、別に修行はやっていない。

練習着や普段着には犬や猫の肉球マークのものをよく着る。

楽曲では力強く包容力のある歌い方である。
恋になりたいAQUARIUM』の1番の(ルビィ「何で水の中でも息ができるの?」)→花丸「多分さっき飲んだ熱いお茶のせいかな」の部分が特徴的で話題を呼んでいる。
楽曲・ダンス演出やアニメ版ではちょくちょく1年生の3人組で活動してワチャワチャしている。

身長は152cmとメンバー内では最も低いが、非常にスタイルが良く、推定Eカップのロリ巨乳である(こちらのスクリプトを使用して計測しました。)。

G's版ずら

一人称は「マル」「オラ」「おら」が混在している。
幼馴染のルビィに誘われてAqoursに参加。自分はかわいくないから…と最初アイドルに自信が無かった。初めてやる事柄は失敗してしまいがちなのがコンプレックスでAqours加入後も自己評価がかなり低いけれども、皆の妹役のような意識で足を引っ張らないよう頑張っている。
お寺の子なのにと自分でも言っているが聖歌隊で活動中。きっかけは音楽の先生のスカウトで、寺との相性や自分の性格等で悩んで辞退しようとしていた所に来たルビィが花丸の祖父母に話をして、祖父母の大賛成を貰ったのが決定打となった。好きな聖歌は「あめのみつかいの」「野ばらのにおう」「いざよろこべ」。小さな頃から歌好きで、Aqours結成で集まる人たちと一緒に歌えるのを楽しみにしていた。
家の寺では朝の掃除と御膳運びを担当。テレビもネットもあまり見ないので他人からからかわれやすく、その度にルビィは花丸の知識の深さを理由に相手に怒っては彼女の方が泣き出していた。
国語が得意で数学が苦手。
好きな本は日本文学で、昔の時代のビルドゥングス・ロマン(教養小説)、伊豆を舞台にした物、好きな作家のものの作家買いを最も好む。海外文学はカタカナが多くて進まないけれどもハリー・ポッターやゲド戦記は好き。カズオ・イシグロの本をノーベル賞受賞前に読んでいる。本好きが昂じて図書室で本の管理・修理・保育園への年2回程度の読み聞かせイベントを行うボランティアをやっている。人気の無い図書室でボランティア員は今は花丸一人だが梨子が手伝い体験をしてくれた。
夏は苦手で冬の雪が好き。麺類はすするのが下手だから苦手なのかもと語り、あんこは特にぼたもちを好む。たい焼きはしっぽから食べる派。(本人曰く だってかわいそうずら) 小さい頃から家の落ち葉で焼き芋をして近所の家に配っている。
G's版限定だが怪談や怖い物がダメ。家のお堂の雰囲気も少し怖い。
アニメ初出の黄色いカーディガンをG's版の黒セーラー服の上に着ている。

マルのヨンコマずら

G'sマガジン不定期連載のAqours4コマカラー漫画『マルのヨンコマ』は、タイトル通り花丸が主役。
引っ込み思案で流行に疎くて臆病、将来の夢は女流作家の花丸から見たAqoursの日々が起承転結ギャグ中心の作風で彼女の日記のように綴られており、その間に各メンバーの過去話や私生活が伝聞調で入っている。
作中ではコミック雑誌好きのルビィから漫画作成キットを貰った花丸が実際に4コマ漫画を描いている形式。

キャラ設定と世界観はすべてG's版とほぼ同じ。
夏はそうめんの御供え物を大量に貰うので、G's版ですするのが苦手と言った通り頻繁に昼食で出るそうめんをゆっくりと食べている。
全メディア中、花丸の家の様子を描いた絵が最も多いと思われる作品でもある。寝具はベッド。

現在、4コマ漫画をふつうのモノクロ漫画に描き替えた作品が4コマのバックナンバーごとにG'sにて連載中。
カラー4コマとモノクロ漫画を収録した単行本第1巻発売。

アニメ1期ずら

制服の冬服姿では一人だけ黄色いカーディガンを着ており、黒タイツを履いている。
1年メンバーとの出会いはG’s版と異なり、善子とは幼稚園が同じ幼馴染で、ルビィとは中学校の図書室でお互い愛読書を探していた時からの親友関係になった。
「オラ」「~ずら」の口調を指摘されると恥じて言い直すが、ほとんど言い直せていない。

幼少期から一人で砂遊びしたり、学芸会で木の役を選んだり、運動が苦手だったりと典型的なインドア。小学生の頃から読書シーンが映っており、浦の星女学院では図書委員に就く。
書店で台車に本を山積みにして購入するレベルの本好きで、第4話の回想シーンで読んでいた本は太宰治の『お伽草紙』、2期2話では同作者の『津軽』。
今も体力はあまり無い。

第1話序盤で初登場。高海千歌にルビィともども美少女だと見初められ、スクールアイドル部に誘われる。途中で善子と数年ぶりに再会、逃げる善子の後を追いかけてフェードアウト。この日から花丸&ルビィは千歌にロックオンされ以後第4話まで繰り返し勧誘を受ける事になるが、自身が図書委員かつアイドル向きでないのと、なによりルビィがスクールアイドルをする事が出来ない事情があるのを理由に首を縦に振れなかった。第2話でルビィの事情の原因は彼女の姉黒澤ダイヤにあると千歌に説明。
第3話でルビィと愛読書を買いに沼津を訪れた際に千歌たちからライブのチラシを受け取り、当日は2人で開始時刻より早めに行ってAqours3人のデビューライブを観る。
第4話はルビィと2人同時での主役回となる。ルビィが姉関連のしがらみを理由に憧れのスクールアイドルに触れられないのを助けるために、ルビィを誘って2人でAqoursに体験入部で一時加入。日中4人の練習や曲作りに付き合ったが、夕方の階段登りでバテてルビィを見送ったのをきっかけに花丸だけAqoursを離れ、ついでに呼び出ししておいたダイヤをルビィと対面させ、ルビィのAqours加入を確定させた。そして本の世界に戻ろうと図書室に着いた所で、ルビィに体験入部時の花丸の楽しそうだった顔を指摘され、千歌たちにも呼びかけられて正式加入。Aqours5人目のメンバーとなった。

にゃ~~ずら?


第4話で星空凛に惹かれていることが発覚し、練習着も凛のものに酷似している。また話が進むにつれ凛のような言動も増えてきている。
その一方でグループの最年少だがニ年生より胸が大きく運動が苦手、冬服には上述の黒タイツを履いている、食べることが好きなど花陽との共通点も多い。


Aqours加入後は、友達の前でのみ感激家だった大人しい性格が変化。Aqoursメンバー達の前で徐々に自由奔放な行動をし始めたので、強烈なマイペースで少し毒舌ありの田舎者系マスコットの立ち位置に収まった。
シリアスなシーンではかつてのように場の流れを見守る姿勢を取っている。
入学式の日から善子が不登校になった為2話で彼女の自宅に授業ノートを届けており、5話の善子学校復帰の第一歩も花丸が一番早く発見。彼女がクラスに仲間入りするのの手伝いを頼まれるが、これが善子のAqours体験参加そして正式加入へと繋がった。
この話から後の花丸はほぼ毎話、厨二モードでふざける善子へのツッコミを率先して行っている。

実家が寺であるせいで、テレビやネットはあまり見なかった模様。携帯電話は1期12話ではダイヤと共にガラケーで、11話にて千歌のスマホを目の前に出されて怯んでいる。さらに第5話でルビィの口から「家に家電製品がほとんど無い」という衝撃の事実が語られた。ノートパソコンに感動し、好奇心から光っているランプ(電源ボタン)を押して強制終了させてしまった。
幼少期から自動式の電気製品や見慣れない都会・施設には感激する性分で、自動の公共物や巨大建造物を見ては「未来ずら~!!」と毎回大興奮。
しかし図書室の図書委員の席の隣には、インターネットがつながるデスクトップPCが置いてある。
第10話ではダイヤが言った「朝4時に海の家に集合」という言葉を聞いて唯一本当に朝4時に海の家に来ていた(他のメンバーは言い出しっぺのダイヤも含め誰一人起きて来れなかった)。またあまりにもボロボロな海の家を目の当たりにして思わず目を背けたダイヤに「現実を見るズラ」と鋭いツッコミを入れた。

あんこ好きなのが高じたのか、第7話では夜食用に買った「バックトゥ・ザ!ぴよこ万十を一緒に宿泊していた面々に食べられ、ヤケになってお土産用に購入していたものを開封。その後相方の起こした惨事によって花丸はぴよこ万十を食べられず嘆いた。ルビィからこの時間だと太るよと声を掛けられている。
第8話では沼津へと帰る東海道本線の列車の中でも帰宅してからもぴよこ万十を食べている。
どうやら単純に食べることが好きらしく、休憩シーン、待機シーン等では頻繁に一人だけ間食を食べている。
第10話ではシャイ煮、船乗りカレーがそれぞれ美味しくてかっ込みいち早くおかわりまでしている。
第11話ではラブライブ!予備予選結果発表の直前にエクレアのようなものを食べ、小原鞠莉に太るよと注意されるも「食べてないと落ち着かないずら」と反論。第12話はポテトチップの袋に手を突っ込んだまま寝ている。
第7話からは実在するご当地パンののっぽパンを口にするようになり、以後2期を含めて2~3話毎に一度ちょくちょく彼女の間食として登場するこのパンは彼女を象徴するアイテムに昇華した。花丸も第12話辺りからパンを好物として挙げるようになっている。

1話で見せたルビィの絶叫を予知して耳を塞ぐ技術は後の話にも登場しており、9話の千歌の怒号、2期1話の鞠莉のマイクシャウトによる騒音を一人だけ軽減できて得意げな顔をしている。

第13話のラブライブ東海地区予選で花丸の祖母が登場しており、善子ママ&ダイルビママと挨拶を交わした後、花丸たちのライブを応援している。

13話では梨子と歌詞を詰めていると言及された。4話のAqours加入直前時点で『初心者もわかる 作詞の仕方・作曲の仕方』の本を目の前に積んでいる。

アニメ2期ずら

1話では、柔軟を家で毎日していて体は柔らかくなったが、腕立て伏せのほうはまだ1回もできないでいる。家の寺はAqoursの練習場所にするには場所が遠い。
1期よりも善子の堕天使的言動へのツッコミスキルが上がっている。

2話で、花丸と善子の2人は自分から話しかけないタイプなので、アウトドア派の3年生達と普段あまり日常会話していない事が判明。花丸は鞠莉の家が大金持ちである事も知らないほどだった。
鞠莉の家で出されたチョコポップコーンを豪快に抱え食べしてくつろぎ、場所を離れるのを嫌がるほど気に入る。だが今回の主体である作曲作業の間の花丸は感性や趣味が合う善子と組み、花丸&善子コンビとは特に意見が食い違う果南&鞠莉コンビと対立、音楽性のぶつけ合いやお近づきの交流に励むが終盤までうまくいかない。伊豆長岡で突然の雨にあったので知り合いに連絡して近くにある夜は無人の寺を一晩貸してもらい、これがきっかけで話が収束に向かう。

3話の『MY舞☆TONIGHT』は裏センターを担当。

4話では、2話の3年生との交流から1ヶ月ちょい経ちだいぶ進展があったのだろう、果南に自分から笑顔で話しかけてハグしたり、彼女が苦手だった読書に興味を持たせ好んで本を借りてもらえるようにしたくらいにはかなり果南に懐いている。Aqours全員参加のアルバイトでは皿洗いを早く片付けようと考えて食器用洗剤を全て投入し千歌に(ツッコまれず)褒められる。うどんを作って売るのはプロフィール通りやや抵抗がある。

5話で携帯電話がスマホに変わっており、善子からのメール連絡に対応して堕天使語を翻訳までしている。2話時点で鞠莉のスマホの音楽再生アプリを操作しているので機種変更は1期12話終了後~2期開始前の可能性が高い。「ずらんっ…」と善子の堕天のモノマネをした。

6話における新曲の見せ場のためにダンス技「ドルフィン」を習得。この技には腕力を始めとした諸々の筋力が要るので1話の状態から集中して鍛えたのが窺い知れる。

8話で訪れた函館の12月の寒さに耐えられず頭から足まで着込みまくり、どう見ても肥満体型という着膨れ方(声まで太った)をしてもまだ凍えていた。
8話と9話の函館滞在旅行の間、喫茶店以外のシーンでもソフトクリーム、ラッキーピエロのTHEフトッチョバーガー、やきとり弁当、肉まん等とシーンが変わる度に毎回何か重量のある物を食べていたため、いよいよ善子や視聴者から本気で体型を心配されていたが…………なんと、食べた分が体重に行かないタイプの大食いである事が判明。8話の着膨れ芸も、1期で「太るよ」と二度も直接指摘された事までもがミスリードという周到さであった。(ただしAqoursキャスト陣には大食いと着膨れ姿の2つが結び付いてしまったのか、2017/10~2018/3開催ファンミーティングツアーのトークパートでは食べ過ぎて真ん丸になる花丸のネタが多用された。)
ルビィが鹿角理亞のためにライブを作りたい、と花丸&善子に助けを求めてきたので二つ返事で承諾。歌詞のテーマ出しで進行を務め、歌詞完成後はルビィと理亞のがんばりを保護者のように見守る。

11話の閉校祭では、善子主催の占いの部屋を飾り付けから呼び込みまで終始手伝った。ただし全く人気が無く、花丸はとぼとぼと千歌一人にお願いしに行く有様。

12話のラブライブ!決勝直前の自由時間中は図書館に行き読書で過ごした。前日、千歌からラブライブ!に勝ちたいかと聞かれると、ルビィと図書室で過ごす日々も幸せだったが、千歌達のおかげで外の世界に出られ、皆と一緒なら色んな事が出来ると知った、だから勝ちたい、それが今一番楽しい、と語り千歌にスクールアイドルに誘ってくれてありがとうと告げた。神田明神の階段登りが楽になるくらい体力が向上。1期7話と全く同じ宿で今度は「バックトゥザ!ぴよこ万十 PartⅡ」なるものを開けている。
この1年間朝の練習は眠かったと振り返っており、1期9話でも早朝は眠たげだったので1期10話のエピソードがあっても特別朝に強い訳ではないと判る。

13話の閉校式の日、図書室の本を片付けて部屋に感謝の言葉を述べた。最後にその扉を花丸は一年生トリオ皆で一緒に閉める提案をするが善子が意地を張って拒否、花丸は思わず怒鳴って頼み込んだ。

漫画版ずら

入学後すぐ図書委員に就いた。聖歌隊にも所属していて学校内で所属仲間同士の交流がある模様。
親友のルビィには彼女の東京アイドル見物旅行の同伴に誘われている。
昔からルビィ、千歌、果南、曜たちと一緒に遊んでおり、千歌たちとは挨拶を交わす仲。
浦女屈指の人気者となった曜に憧れているので、曜にぶつかられて倒れ気絶した拍子に彼女に介抱された時は紅潮して逃げ出した。落下物から床ドンの姿勢で庇われたと回想しているが実際の描写からしてたぶん妄想。

スクフェス版ずら

のんびりお茶を飲む姿が似合うマイペースさだが根気のある性格。
メインストーリー第3章で千歌の作詞を手伝ってみて以来、Aqoursの作詞に携わっているがその後あまり言及されていない。
読書と食事が大好きなので秋が好き。メインストーリーでは食べ物の名を聞くと飛びつき、メンバーで一番おやつを部室に持ち込んで食べるのにカロリーが体型に響く体質なので、胴のくびれが無くなる危機に陥るが、あの果南指導のシェイプアップ筋トレを花丸用の調節ありで完遂している。
以前に本で見かけた様々な雑学を細部まで記憶しており、それに関する話題が出た際はかなり詳細に解説できる。なので雑学を語ると台詞がとても長い。
聖歌隊所属で、一部サイドストーリーやホーム画面セリフでは活動中のシーンがある。

生活に馴染みの無い横文字はひらがなで表現。何か技術的な物を目にすると「未来ずら~!」と興奮。ルビィに教わった「いんたーねっと」をたどたどしく扱って最新のトレンド情報をいち早く入手してみせた。普段は寺や城のホームページを閲覧。
家の寺が節分イベントを開く際に近くの幼稚園の子どもたちを招待したのでAqoursが子ども用イベントを手伝う。これが好評で花丸は幼稚園の先生から直接朗読会の依頼を受けたが花丸チョイスの本は『ハムレット』『古事記』等で先生に却下されて悩む。
サマービーチ編では海の家の客用に置いてみたい本として有名作品枠で『銀河鉄道の夜』『老人と海』を挙げている。
メインストーリー12章は主役回で特徴的な訛りを直して標準語になろうと努力する。スクールアイドルを始めてから「オラ」の使用頻度は減ったとの事。
落語に興味がある。初めての健康ヨガを宗教のヨガと混同、ヨガ運動中うっかり悟りを開きかける。
19章までで唯一夜更かし経験があったメンバー。
1年生組で唯一ミミズが平気。

エイプリルフール2018で登場した幼少の花丸は幼稚園児姿で「ずら」が「じゅら」になるくらい幼いのに『伊豆の踊子』の文章を半分ほど理解しながら楽しんでいる。

ドラマパートずらっ!!

楽曲CD収録のドラマパートやライブの幕間アニメの花丸は、ルビィと仲がいい以外は他メディアと性格がかなり異なっている。

初のドラマパートである『恋になりたいAQUARIUM』はルビィ贔屓メインなのでまだ控えめだがこの時点でうざ絡みがあり、その後のドラマパートから非常に極端なギャグ向きの性格を強く押し出してきたので、セリフが少なくならない限りはトラブルメーカーな後輩キャラとして描かれる傾向にある。
「野生の生クリーム」の生みの親。

本をよく読む設定から、土地や歴史に詳しいキャラになっている事が多く、たびたび物語の舞台のご当地ネタや季節行事の解説、薀蓄担当を任されている。
2ndライブの第2会場である神戸が花丸の担当声優:高槻かなこ氏の故郷である件から、神戸での幕間アニメは2本とも花丸が主役となり、はりきって神戸のご当地ネタを披露していた。
ただしそういう時は、だいたい調べる過程で日本や沼津等の良い所を見つけられなくて劣等感を抱いてしまい、やさぐれて生意気なキャラに変貌。東京出身の桜内梨子を一時敵視する展開もある。
普段は無邪気で明るいがスルースキルが無いのでストレスが溜まりやすく、出番が増えると捻くれたキャラになりやすい。一方でテンションが上がると一般常識を忘れるくらい調子に乗り他人を煽る。AZALEAの姉役ダイヤ&果南相手にも対等以上に言い合いができる。

話の展開にもよるがやはり博識で、『伊豆の踊子』やヘミングウェイ、モームといった文学関係の名を挙げる。SFも読んでるらしく宇宙人の科学力に憧れている。シュレディンガーの法則等も把握。
カタカナ語や大衆文化に明るい。初期には最近のテレビの流行りやダイエット法の話をしており、その後は犯罪捜査もの、軍隊ごっこ、昭和映画パロディ等々に力を入れる。
語彙と知識が豊富なせいで、命の危険や罰ゲームと聞いた時に連想するものがリアルに物理的で怖い。

ちなみに実家の寺は不殺生戒に言及しているが回峰行をしない宗派なので、天台宗ではない。
回想で花丸の祖父(じーちゃん)の声が登場している。その時の幼い花丸の声は何故かこの人が担当。

セガスタッフイメージガールず~ら~♪

SEGAコラボ企画による投票で、2代目セガスタッフイメージガールに選ばれ就任。
ソニックを頭に乗せた描き下ろしイラストや、期間限定のLINEスタンププレゼント、LINEスタンプラインナップ変更版の販売開始、といったキャンペーンが行われた。CMでは毎回「ず~ら~♪ じゃなくて! セ~ガ~♪」と言ってしまってる。

pixivでは、初代セガスタッフイメージガールを務めた星空凛とのあらゆる共通点が注目されて共演絵が投稿されている。
今回の2代目描き下ろしイラスト内で花丸が掛けているショルダーバッグには、とあるフィギュアキーホルダーが付いている。

セガ丸
SEGAりんまる



余談ずら

ロリ巨乳と言われてるように国木田花丸はとても身長が低くグループ内では最も低いがその一方、声優の高槻かなこは163cmと高く、Aqoursのキャスト陣では最も背が高いという逆転現象が発生する。

「~ずら」繋がりで『妖怪ウォッチ』のコマさん(アニメ1期3話で風呂敷を背負う姿が描かれており、まんまコマさんだとネット上で話題になった。)や、数年前までアニメの制作会社が同じだった作品攘夷志士とのコラボネタも描かれることも。

もんげーずら
田舎なまりっ子エンカウント
マルさんズラ
オラは都会おっかねぇずらぁ…
花丸ちゃんが「ずら」って言う度に聞こえてくる



アニメやスクフェスでの英語版セリフでも語尾に「~ずら」が付く。「~~~~,zura.」という形式で。

1人でまきりんぱなの要素を全て持っていると言えなくもない。真姫とは「1年生1人、3年生2人のユニット(BiBi/AZALEA)に所属している」、とは「イメージカラーがイエロー」、花陽とは「名前に花が入っている」というつながりがある。

関連イラストずら~

ずら~
花丸ちゃん


おうちデート
花丸ちゃん


花丸ちゃん



関連タグずら

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours
ずら丸 未来ずら!
AZALEA アホの子 あざとかわいい 腹黒
ゆるふわ 癒し系 図書委員 文学少女
はなまるびぃ よしまる
りこまる

pixivに投稿された作品 pixivで「国木田花丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29100643

コメント