ピクシブ百科事典

未来ずら!

みらいずら

日本文明の発達に感銘を受けたお寺の娘のセリフ。

概要

Aqoursに加入する以前は割りかし空気が読め常識人だと思われていた国木田花丸
しかしラブライブ!シリーズのお約束か、加入直後の第5話で高海千歌ノートパソコンを見て目を輝かせた場面でその一般人とは大いに感性が異なる衝撃の本性が明らかになる…

実は花丸は実家が古い寺で、家に電化製品がほとんどないというある意味結界のような環境で暮らしているため、最近の文明というものに(本で名前や存在は知っていたとしても)ほとんど触れたことがない。
その反動なのか、現在なら十数年前から既に存在しているような技術にもひどくカルチャーショックを受けやすく、(特にセンサー感知の)電化製品高層ビルのような機械的・都会的と呼べるものに目がない。

未来ずら~!!


5話以前にも黒澤ルビィが沼津に連れて行った際も、トイレのセンサー式蛇口に驚き、洗った手を乾かす用のエアドライヤーを頭に浴び「未来ずら!未来ずらよルビィちゃ〜ん!!」と大興奮していたらしい。
さらに幼馴染の津島善子によるとその性格は幼稚園児の頃から変わっていなかったらしく、学校のセンサーライトに感動し「未来じゅら〜」と目を輝かせて大喜びしていた過去を暴露されている。

6話で浦の星女学院が沼津の高校と吸収合併の危機にあるという情報を聞かされた時にも自分の高校が統廃合される危機感よりも比較的都心部にある沼津の高校へ行けるかもしれないという期待感に目を輝かせるという天然っぷりを発揮した。またメンバーが東京へ向かう7話でも大方視聴者の予想通り秋葉原のビル群に対し「未来ずら…」と大感動している。

11話では東京にいる梨子と千歌から電話を代わった際緊張のあまり「もすもす?」と訛って話しかけてしまい、千歌の小さなスマホから梨子から返事が来た事に「未来ずら〜!」と思わず驚いてしまった。善子からは「さすがにスマホぐらいは知ってるでしょ…」と呆れられている。

最終話のミュージカルパートでも出てきている。

要は、かがくのちからってすげー!と似たような意味である。彼女の場合はブレ具合があまりに激しすぎるが…
というか上記セリフの元ネタのゲームを彼女にやらせようものなら感涙でゲームプレイどころじゃなくなりそうな気がしなくもない。画面飛び出すし。

スラングとしては「未来ずら!」と語尾を伸ばして扱われることが多いが、実際は花丸自身は本編では「未来ずら…未来ずらよ!」と語尾は切り重ねて使っていることの方が多く、「現在の」花丸が明確に伸ばして使用したのは11話ぐらいしかない。

ちなみに花丸はスクフェスでは(9人を3つの属性で区切った場合)スマイル枠である。アニメが放送される前はむしろピュアのイメージが強かった花丸だったが、晴れて千歌・鞠莉に並ぶスマイルの系譜であるアホの子・おふざけ要員入りを果たしたと言えよう。

関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! 国木田花丸 アホの子 カルチャーショック 感動 かがくのちからってすげー!
浦島太郎 俺ら東京さ行ぐだ 文明 技術 進化 進歩

pixivに投稿された作品 pixivで「未来ずら!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170556

コメント