ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スマートフォン(英: smartphone)は、携帯電話PHSと携帯情報端末(PDA)を融合した携帯端末。日本では、AppleiPhoneが最も売れていて、そのほかソニーモバイル社製のXperiaシャープのAQUOS、富士通のREGZA Phone(トップ画像がこれ)、HTCDesireサムスンGalaxyなどが販売されている。略称は、「スマフォ」「スマホ」など。

2010年代における携帯電話端末の主流で、従来の携帯電話・PHS単独で使用可能な通常の音声通話や通信機能だけでなく、ビジネス、コミュニケーション(SNS)、ゲームなど多種多様なアプリケーションが組み込み可能である。

概説

「PDA機能が付いた多機能携帯電話」と表現されることがある。

かつて(2000年代)このジャンルはPDAが得意とするスケジュール・個人情報の管理などに重きを置き、主にビジネスマンに愛用されていた。Symbian、Windows、BlackBerryなどの多彩なプラットフォームがあり、ポインティングデバイスもペンやタッチパネル、トラックボールなど様々で、形態もスライド式キーボードがついたもの、テンキーのついた従来型携帯電話に近いもの、二つ折りのものなど混沌としていた。

現在の形態(大型のタッチパネルディスプレイを備えたスレート状端末)のスマートフォンを決定づけたのは2007年iPhoneの登場による。当初iPhoneはソフトウェアの追加が不可能だったが2008年のiOS2.0でサードパーティにアプリを開放、スマートフォンとして機能するようになり、同年までに600万台を売り上げた。これを見た各メーカーは同様にタッチパネルに最適化されたAndroidベースのスマートフォンを次々とリリース、現在ではこの市場はほとんどがAndroidとiOSの両OSに占められるにいたっている。

2000年代に日本国内で普及していた携帯電話は、その大半にカメラ電子メールWebブラウザ機能などが搭載されており、サードパーティのアプリのインストールも可能(JAVA、BREW)など多機能であった。しかし、「搭載OSの技術情報が非公開である」「それによってフリーウェア等の開発・導入が困難である」など、PDAと呼ぶには汎用性・カスタマイズ性が不足していた。このことから、従来の多機能携帯電話(フィーチャーフォン)はスマートフォンに含めないのが通常である。

略説(分かりにくい人向けに……)

ケータイタブレット端末型に改良したような代物――に見えて、実はタブレット端末に電話機能を付加して小型化したものに近い。

もっとかみ砕いて言えば、スマートフォンやタブレットは「モバイル専用に一から作り直したパソコン」である。パソコンの(ハード的な)拡張性を削って無線環境に特化し、バッテリーをできるだけ食わないようにOSから工夫されている。

フィーチャーフォンと比較しての利点は、パソコンのように自分好みに機能を増やせる点、そして一度に複数の機能を使える点であろう。

欠点としては、パソコンと比較してバッテリー消費が少ないとはいっても、大画面の液晶を搭載し、無線通信も行うので、従来の携帯電話と比べるとどうしても電力消費が大きくなってしまう。特に初期のAndroidでは待ち受け中も電力を食う「お行儀の悪い」アプリが少なからずあり、「いつの間にかバッテリーが無くなっていた」という事態がしばしば起こっていた。電力消費の大きさゆえ、バッテリーの減りも早いため、モバイルバッテリーを持ち運ぶ人も少なくない。

ただ時が経つにつれてスマートフォンの技術の成熟化とボディの大型化が進み、それに伴ってバッテリーの大容量化も進んだことから、従来のように即座にバッテリーが上がることはなくなってきている。

またモバイルに特化した代償としてパソコンとはソフト的な互換性がなく、パソコンのアプリがそのまま動かない。しかし、現在ではモバイル端末のアプリも充実したため、これらの点がデメリットとして意識されることは少ない。動画編集やフォトレタッチなどのクリエイティブ系のアプリや、ワープロや表計算などのビジネスアプリも充実し、パソコンのニーズの多くを置き換えるに至っている。

2010年代からはクラウドコンピューティングによる多数のデバイスの同期を前提に、PCとモバイルデバイスのOSが作られるようになり、PCからのデータの移行そのものを省略可能になった。

スマートフォン流行の裏側

近年、爆発的に生産数を伸ばし、かつての携帯電話をガラケーと称して過去のものに追いやるなど、日本国内でも台頭が目覚ましい。……というのも、旧来のケータイに比べて開発費が安く済むため、メーカーがその点に食い付いたというのが大きい。

旧来のケータイは、新機種の開発ごとに機体もソフトウェアも新規開発するという、大変に手間と予算のかかる作業を必要としていた。特にソフトウェア開発は、機体以上に手間も予算もかかるという。

ところがスマートフォンは、ソフトウェアの主要部分はプラットフォーム(OS及び周辺ソフトウェア、そして標準化されたハードウェア仕様の総称)を提供している企業により既に開発されているため、新規開発部分は周辺機能だけでよく、開発にかかる予算を大幅にカットすることができる。大手メーカーでは既に従来型のケータイの開発は行われておらず、現在売られている従来型携帯電話は内部的にはスマートフォンのOSが動いている端末となっている。

なお、Androidは正規のアプリストア以外でも自由にアプリを提供できるのでコンピュータウイルスの危険とも隣り合わせのリスクを抱えている。一方、iPhoneはアプリの配信はAppStoreのみに限られているので不正アプリが紛れ込むリスクは極めて低く(正規アプリを装ってAppleの審査を潜り抜け、隠し機能で野良アプリストアに誘導する不正アプリは過去に存在した)、ウイルス対策ソフトが無い。

プラットフォーム

現行のOS

iPhone

iOS(旧iPhone OS) - Appleが開発した自社ハードウェア専用のOS。XNUカーネルやCocoa Touch、WebKitなどOSXと共通するコンポーネントから構成される。

Android

Android - Android社を買収したGoogleが開発しているOSで、世界的には市場の大半を占める。LinuxカーネルやWebKit、Dalvikと呼ぶ独自の仮想マシンなどで構成される。
Google社純正のフラグシップモデル「Google Pixiel 3」の基本OSとしても搭載されている。


終息したOS

Symbian

Symbian OS - S60やMOAP-SなどのUIレイヤと組み合わせて使用される。日本ではNTTドコモ向けの携帯電話で多数採用されているが、通常はS60またはUIQを搭載したもののみがスマートフォンに区分される。

BlackBerry

BlackBerry OS - 企業利用を念頭に、遠隔管理とアクセス、メッセージングに重点をおいたOS。初期のバージョンでは電話をかけることができなかった。

Windows Phone

Windows Mobile - UIはデスクトップ版のWindowsと似ているが、バイナリ互換性はない。2000年代のスマートフォンでよく採用され日本ではW-ZERO3シリーズの発売で広まったが、iPhoneAndroidに押され終息した。

創作作品では

主に現代や近未来系作品におけるガジェットとして登場する。

だからと言って、それより過去を題材にしたような物や異世界物で出してはいけないと言う事はないようだ。(異世界でスマホを扱う様な作品は、いくつか存在している)

関連タグ

Apple_Inc. SONY nokia 銀河 サムスン HTC
iPhone Xperia 銀河板 銀河S iPad
GALAXY_Tab Galaxy_S SC-01C SC-02B
iOS OSX Linux Android
NTT KDDI FOMA SoftBank_3G CDMA_1X_WIN
DoCoMo au 沖縄セルラー電話 ソフトバンク
AT&T Verizon_Wireless O2 USIM
誰かがやると思った あいぽん BlackBerry
OSたん OS娘 擬車化 擬人化
歩きスマホ

異世界やファンタジー世界でスマホが登場する作品

異世界はスマートフォンとともに。
スナックワールド
百錬の覇王と聖約の戦乙女

関連リンク

スマートフォン依存症

関連記事

親記事

携帯電話 けいたいでんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スマートフォン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1821563

コメント