ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

表計算

ひょうけいさん

格子状のマス目に数値を入れて計算をするソフトウェア。数値データの集計・分析に用いられる。
目次 [非表示]

概要編集

マス目に数値や数式を入れて計算を行わせるアプリケーションソフトウェアスプレッドシート)。数値データ集計分析に用いられる。現在の表計算ソフトにはグラフ描画やデータベース機能、マクロ言語の埋め込みによる様々な自動化機能なども統合されている。


スプレッドシートを計算やデータ分析に用いず、単に作表用として用いたり(いわゆるExcel方眼紙)、入力フォームとして使ったり、果ては作画(Excelアート)に用いることもできる。


歴史編集

世界初のパソコン用表計算ソフトは、ハーバード大学の院生であったダン・ブルックリンが考案した「Visicalc(ビジカルク)」。授業中、教授が黒板に計算表を書いては消し、書いては消しと繰り返していたのを見て、「データを変更したら自動で計算し直してくれる装置があればいいのに」と思ったのがきっかけであった。VisicalcはAppleⅡのキラーソフトとなった。


このVisicalcのヒットにより、MicrosoftのMultiplanなど、他社から同様のソフトウェアが雨後の竹の子のように現れた。なお、当時はソフトウェアの著作権に関する法整備が進んでいなかったこともあり、ブルックリンは表計算ソフトの特許をとっていなかったため、莫大な特許料を逃すことになってしまった。(もっとも個人用コンピュータに限らなければ大型機に同様のソフトはすでにあったので、どのみち特許は取れなかったという説もあるが)


そんな中、1983年に登場した後発のLotus1-2-3はデータベース機能の統合、グラフの描画、強力なマクロなど豊富な機能を備え、高速な再計算が可能だったため一気にMS-DOS市場を席巻。MicrosoftはMacintosh向けに開発していたExcelWindowsに投入することで(Windowsの開発目標の一つがExcelの使い勝手をPCにもたらすことであった)捲土重来を期すことになった。


代表的なソフトウェア編集


関連タグ編集

コンピューター アプリケーション ソフトウェア

ワープロ プレゼンテーション データベース

ITパスポート試験基本情報技術者試験:表計算に関する問題も出題される。

関連記事

親記事

アプリケーション あぷりけーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11793

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました