ピクシブ百科事典

Aqours

あくあ

「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台となる浦の星女学院に通う生徒9人によって結成されたスクールアイドルグループ。及びそのキャラクターボイスを担当している9名で構成される声優ユニット名。
目次[非表示]

概要

ラブライブ!」の派生企画「ラブライブ!サンシャイン!!」において、廃校が決定した浦の星女学院に通う9名の生徒が結成したスクールアイドルのグループ名。
先代グループμ'sがかつて行ったスクールアイドル活動の記録映像やその人気に感銘を受けて始まった新グループという設定である。

名前は公式サイトで一般公募しており、その後電撃G'sマガジン誌面での投票を行った結果、最多得票となり採用された。ミケ猫氏が考案したものでラテン語で「」を意味する『Aqua』と英語で「我々の」と言う意味の『Ours』を掛け合わせた造語。
間違っても某液晶テレビ某ミントガムと同じ読みをしてはいけないが、某コンパクトハイブリッドカーとは同じ呼び方である。

ユニット名コンセプトの他、舞台が伊豆半島駿河湾沿岸ということもあってグループ全体曲では「」、「」、「」などをイメージして青色or水色を基調としたセーラー服が原型の衣装を多く用いているのが特徴的。
2015年10月『君のこころは輝いてるかい?』でデビュー。
2016年4月に2nd『恋になりたいAQUARIUM』を発売。
2017年4月に3nd『HAPPY_PARTY_TRAIN』を発売。
2019年に4thシングルをリリース予定。

2016年夏、アニメ放送開始に合わせ7月20日のOP曲『青空Jumping_Heart』を皮切りに、挿入歌含め5枚のシングルを順次リリース。
こちらは同じようなメディアミックスが展開された先輩の時代に見られた既存曲の使い回し(1期8話の「僕らのLIVE君とのLIFE」ようなPV再編、1期最終話の「START:DASH!!」の9人のリテイク)はほぼなく、全部新曲である。
2期3話に『君のこころは輝いてるかい?』PV一部再編verが挿入。

2016年7月5日に実施されたスクールアイドルフェスティバルの大型アップデートを持って、Aqours本格参戦。

アニメ作中の展開により、他グループと合同で歌って踊る新グループ「Saint Aqours Snow」が正式に誕生した。

メンバー

高海千歌(2年 / CV:伊波杏樹桜内梨子(2年 / CV:逢田梨香子渡辺曜(2年 / CV:斉藤朱夏
希望の「羽」
梨子ちゃん
快晴
黒澤ダイヤ(3年 / CV:小宮有紗松浦果南(3年 / CV:諏訪ななか小原鞠莉(3年 / CV:鈴木愛奈
♦
►松浦果南
マリーHappy Birthday!!
黒澤ルビィ(1年 / CV:降幡愛国木田花丸(1年 / CV:高槻かなこ津島善子(1年 / CV:小林愛香
るびぃ
麦わらまるちゃん
堕天使


各メンバーの担当分野
リーダーは発起人の高海千歌。μ'sの大ファンで曲と高坂穂乃果らの人柄に憧れている。
G's版のキャラ設定では、梨子と鞠莉が作曲、ルビィが衣装制作(善子と梨子がその補助)を担当。千歌や曜などのメンバーが振付やステージングを考案している表記も見られる。ルビィと善子がアイドル業界好きでその道に詳しい。

アニメでは個々の設定が大幅に変更され、千歌が作詞、梨子が作曲、曜が衣装製作と、基本的に2年生3人がそれぞれ役割を担当している。1期13話では花丸が作詞の手直し、果南が振付決め、鞠莉が梨子と一緒に作曲している旨の発言があったが、2期2話で1年生と3年生の6人だけになると作詞作曲作業で難航したため、μ'sほど多人数で明確に役割を分担しているわけではない模様。
アニメに準拠した設定の多いスクフェスでもメンバー全員で役割ごとに作業をする姿がよく見られており、μ'sと異なり普段から複数人で協力しながら作業を進めている可能性もある。

またアニメ序盤では梨子が練習を先導していたが、3年生加入以降は練習中のメンバーの統率はダイヤ、ダンス指導は果南にそれぞれ役割が移っている。
二期で2年前の衣装作りはダイヤ&ルビィ、作詞は果南、作曲は鞠莉が携わっていた事が発覚した。2期ではルビィ1人で衣装作りする機会があった。
アニメではダイヤとルビィの2人が昔からスクールアイドルとμ'sの熱狂的なファンである。スクフェスではルビィのみ。


交友関係
G's版ではGuilty Kiss所属の3人のみが浦女のある内浦へと最近やってきた新顔。残る6人(CYaRon!AZALEA)は大抵ずっと学校が一緒だったので浦女の生徒全体の括りで幼馴染で、小学生前後の頃にこの6人(または稽古で忙しいダイヤを除く5人)だけで遊んでいた描写もある。

  • 千歌と果南は幼児期から続く姉妹のような交流
  • 花丸とルビィは保育園からの親友
  • 鞠莉は浦女へ転入してきた

アニメ版では大幅な設定変更により、転校生の梨子除く8人はいずれも高校入学以前から過去に少なくとも1名以上他のメンバーと何らかの接点を持っており、ある意味結成以前から親戚同士の集まりのような関係になっている。ただし本編の描写を見る限り縦のつながり自体はかなり弱め。
それでもアニメ版のμ’sが3年生組同士は高校以前まったく接点がなく、学年ごとに断絶された人間関係の中呼びかけで集まり一つになったのとは対照的だと言える。
  • 千歌は果南、曜と幼馴染
  • 曜は千歌、果南と幼馴染
  • 花丸は善子と幼稚園、ルビィと中学校が一緒
  • ルビィは花丸と中学校が一緒、ダイヤは実姉
  • 善子は花丸と幼稚園が一緒
  • 果南は千歌・曜、ダイヤ・鞠莉と幼馴染(ただし前者と後者は接点なし)
  • ダイヤは果南・鞠莉と幼馴染、ルビィは実妹
  • 鞠莉は果南・ダイヤと幼馴染

ライブ前の掛け声の番号は千歌→曜→梨子→花丸→ルビィ→善子→ダイヤ→果南→鞠莉。
2年生→1年生→3年生と学年の並びは前作と同じだが、各学年内の順においての規則性は無い模様。

キャスト陣

前作のμ’sは予想以上に売れてしまった事から(外部ユニットを掛け持ちしていたなどの理由で)超多忙なメンバーの体調やスケジュールなどを考慮しておらず、怪我人まで出てしまう有様だった。加えて9人揃えるのも難しい状況で、ライブイベントの方も年に一度行うのがやっとというほど各メンバーごとのスケジュール合わせが困難な状況だった。

Aqoursはその反省を踏まえてか、9人全員が集まりやすい環境を作るためキャスト陣も外部の仕事は個人でやっている者、スケジュールにも影響するほどの他ユニットを掛け持ちしていない者、今後伸び代ある段階の層に重点を置かれている。また年齢層も92〜96年と比較的近い年代で統一する事でメンバーの世代ごとの格差をほとんどなくしている。同時にキャストの年齢差も1~3年生で構成されるキャラクターのそれに近付けられ、ほぼ遜色ないものとなっている。

また、すでに民放局をはじめとする多くのマスメディア出演も踏まえていたのか、スーパー戦隊シリーズで顔をよく知られている上現在進行形で女優業も継続している小宮有紗や舞台女優としてもそれなりのキャリアを持っている伊波杏樹など前作以上に見てくれも重視されたキャスティングとなっており、アミューズをはじめとする声優よりも芸能人を多く輩出している芸能事務所と深い関わりを持っているのも特徴である。

その結果μ’sで抱えていた問題点の多くはクリアされ、ほぼアーティストに近い地方各地を回る全国ツアーの開催や歌番組出演オファーも9人揃っての出演がスムーズに行う事が可能になった。
一方キャストの中にはブシロード作品やアニメによく出演するいわゆる「ブシロ御用達声優」はほとんどおらず、ブシロード系列でもかなり異端な存在となっている。

パフォーマンスにしても難易度が格段に上昇しており、デビュー曲から馬跳びピアノを一曲通しで演奏、ついには一般的な踊り慣れているアイドルですら難しいと言われるバク宙までもキャスト陣がチャレンジするに至っている。
アイドル特有のコールの方もちょうど家虎が広まりつつあったタイミングに世代交代したのもあってAqoursのコールも例外なくかなり多様化・複雑化し、ジャニーズAKBグループにも見られるようなマニアックとも呼ぶべきものも増えてきている。一方、多様化が進む上で避けられないマナーの悪いコールが増えている事も問題視される場合が多い。

なお、中の人はμ’sキャスト陣より年上の世代は一人もいない(最年長の逢田梨香子ですらμ’s最年少の飯田里穂より一つ下)。
また9人中5人ものキャストが名前のイニシャルがA(”愛”が付くメンバーだけで3人)という妙な偶然も。
世代的にもタメが2人単位だったμ’sと比べると、同世代が4人居る一方で同期が自分しかいないメンバーもいるなど偏りが激しい。

メインキャストオーディションの時期には前作「ラブライブ!」の人気がかなり高まっていた事もあり、Aqoursキャストの中には「ラブライブ!」やμ'sキャラクターが以前から大好きだったとコメントする(つまり元ラブライバーだった)メンバーも一部所属している。これは後続グループの虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会キャストにも当てはまる。

ライブイベントにおけるサイリウムの色一覧

公式のペンライト商品の正式名称は「ラブライブレード!サンシャイン!!」で通称「ラブライブレード」「ブレード」だが、ライブイベントでキャストがこれを呼ぶ時は一貫して「キラキラ」に統一されている。
ラブライブレードサンシャインにおける色表記

高海 千歌:みかん色
桜内 梨子:サクラピンク
松浦 果南:エメラルドグリーン
黒澤 ダイヤ:レッド
渡辺 曜:ライトブルー
津島 善子:ホワイト
国木田 花丸:イエロー
小原 鞠莉:ヴァイオレット
黒澤 ルビィ:ピンク

キャラクターアイコン

いずれも顔文字で妥当といえるものが存在している。

アイコン備考
高海千歌🍊みかんが大好き。実物はカットされておらず丸い
桜内梨子🎹特技がピアノ。実際にはグランドピアノの形状をしている
松浦果南🐬家がダイビングショップ。実物はイルカの下に月がある(趣味が天体観測)
黒澤ダイヤ🌼家柄に合う和のシンボル、梅の花。ダイヤマークではないので注意
渡辺曜父親が船乗り、将来は船長に憧れている
津島善子😈趣味が小悪魔ファッション、ファンをリトルデーモンと呼ぶなど、悪魔に関わりが多い
国木田花丸💮花丸という名前が由来だと思われる。実物は小学生の宿題等に描かれる花丸
小原鞠莉シャイニー!
黒澤ルビィ🍭アニメで飴につられる描写がある

ディスコグラフィー

ナンバリングシングルはμ's同様に、シングル毎に行われる総選挙で1位になったキャラクターがセンターとなっている(1stを除く)。

BD特典などでしか入手不可能な限定曲はラブライブ!サンシャイン!!オリジナル曲一覧の記事に記述。

一般発売されたシングル

1st「君のこころは輝いてるかい?(c/w Step!_ZERO_to_ONE,Aqours☆HEROES」(センター:高海千歌桜内梨子) 2015/10/7発売
2nd「恋になりたいAQUARIUM(c/w 待ってて愛のうた,届かない星だとしても)
」(センター:渡辺曜) 2016/4/27発売
3nd「HAPPY_PARTY_TRAIN(c/w SKY JOURNEY,少女以上の恋がしたい)」(センター:松浦果南)ㅤ2017/4/5発売

TVアニメオープニング主題歌『青空Jumping_Heart(c/w ハミングフレンド)』 2016/7/20発売
TVアニメ挿入歌シングル第1弾 第1話・第3話挿入歌『決めたよHand_in_Handダイスキだったらダイジョウブ!』2016/8/3発売
TVアニメエンディング主題歌『ユメ語るよりユメ歌おう(c/w サンシャインぴっかぴか音頭)』2016/8/24発売
TVアニメ挿入歌シングル第2弾 第6話・第9話挿入歌『夢で夜空を照らしたい未熟DREAMER』2016/9/14発売
TVアニメ挿入歌シングル第3弾 第11話・第13話挿入歌『想いよひとつになれMIRAI_TICKET』2016/11/9発売

スクフェスコラボシングル『ジングルベルがとまらない(c/w 聖なる日の祈り)』 2016/11/23発売
Aqours NEXT Step! Projectテーマソング『Landing_action_yeah!!』 2017/6/30発売
デュオ・トリオシングル『SUMMER_VACATION(夏への扉_Never_end_ ver.真夏は誰のモノ?地元愛♡満タン☆サマーライフ夏の終わりの雨音が』2017/8/2発売

TVアニメ2期オープニング主題歌『未来の僕らは知ってるよ(c/w 君の瞳を巡る冒険)』2017/10/25発売
TVアニメ2期エンディング主題歌『勇気はどこに?君の胸に!(c/w“MY_LIST”_to_you!)』2017/11/15発売予定

Aqours内ユニット

組み合わせは投票で選ばれたが、μ'sのように明確なユニットリーダーは設定されていない。

ただし、ユニットごとのニコ生では、千歌役の伊波杏樹、ダイヤ役の小宮有紗、善子役の小林愛香が、それぞれ進行役を務めている。

CYaRon!

We are CYaRon!


ほんわか元気なひだまり3人娘!
高海千歌
渡辺曜
黒澤ルビィ

AZALEA

恋のよろこび咲かせます


姉タイプ&妹タイプの姉妹系トリオ
松浦果南
黒澤ダイヤ
国木田花丸

Guilty_Kiss

Guilty Kiss


アーティスティックな個性派3人組
桜内梨子
小原鞠莉
津島善子

ライブイベント

ラブライブ!シリーズのライブイベント一覧#Aqours(ラブライブ!サンシャイン!!)を参照。

カップリング

μ's同様にメンバーが全員女性であるため、メンバー内でカップリングを作れば必然的に百合になる。
メンバー間の仲は良いが公式はあくまで友情の範囲であるため、百合・GLはすべて2次創作となる。

詳しくはラブライブ!サンシャイン!!のカップリングタグ一覧を参照。

関連イラスト

SUNSHINE!! SUMMER
きみのこころはかがやいてるかい?
Love Live ! Sunshine !!
Aqours


Chibi Aqours
Aqours
アクアキャッチャー
私たち、輝きたい!



関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! 浦の星女学院
スクールアイドル μ's スクールアイドルフェスティバル
Aqoursの練習着

余談

μ'sとAqoursとの意外なつながり

ユニット名であるギリシャ文字μ」の原型、原カナン文字(ウィキペディアへリンク)の「メム」(アルファベットのMの原型でもある)はリンク先にある通り、「水」を意味する。水を意味する文字のユニットと水を意味する単語のユニットという関係ができているのは偶然としても面白い。

pixivに投稿された作品 pixivで「Aqours」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19398070

コメント