ピクシブ百科事典

君のこころは輝いてるかい?

きみのこころはかがやいてるかい

Aqoursのデビューシングル。
目次[非表示]

作詞:畑亜貴 / 作曲:光増ハジメ / 編曲:EFFY / 歌:Aqours

概要

2015年10月7日発売。シングル形式でBD同梱版とDVD同梱版の2種類でリリースされ、CDには本曲とそのオフボーカル版、c/w曲の「Step! ZERO to ONE」と「Aqours☆HEROES」、メンバーの自己紹介が収録されている。
ただし前作のμ'sデビュー時自己紹介は後に基本のキャラクター設定が大幅に変更されて内容が形骸化してしまった(ラブライブ!作品の絶対ルールが制定されていない頃だった為)のに対し、今回のAqoursのものは主にG's誌上で展開されている公野櫻子氏原案の作品時空の中では受け継がれ続けている設定が多いので、今でも安心して聞ける仕上がり。


本曲は、スクールアイドルAqours」の記念すべきデビューシングルである。
センターは高海千歌桜内梨子
ラブライブ!作品において史上初のダブルセンター曲として注目を集めた。

歌詞は畑亜貴氏によると「出会い」「がんばる」「スタート」「夢」などのキーワードをもらって作詞した。
曲は王道に沿った元気いっぱいの応援ソング。曲調はμ’sのデビューシングルよりもアニメ版一期OPの方が近い。

乗りやすいコールと、2番終了後の馬跳びダンスが目玉である。
曲に合わせて小原鞠莉がステージの左から走って千歌の作った馬を跳び、松浦果南が同様に右から梨子の馬を跳ぶ、そのまま鞠莉と果南は素早く集まって2人で大きな馬を作り、渡辺曜が2人の背中の上を大ジャンプで跳び越すというもの。その時少し隣で黒澤ルビィが作った馬に津島善子が軽く手をついて小ジャンプし、国木田花丸の馬には黒澤ダイヤが同じく手をついてスピンジャンプをしている。
デビュー曲からいきなりμ’sでも見られなかった大胆な振り付けにTwitterでキャスト陣のアカウントに「出来るんですか!?」と驚きを投げかけたラブライバーも少なくなかった(もちろんキャストは自信満々に「出来ます!」と答えている)。

衣装は、酒井和男監督の「テーマは海と太陽」「μ'sの妹分になるので純粋でかわいらしい感じを」というリクエストから、河毛雅妃氏が海と太陽のイメージを重点に、海兵の制服も参考にデザイン。妹分らしさがハイウエストに反映された。


事前の情報も少なかったタイミングにもかかわらずオリコンチャートでは3位と好調な滑り出しを記録。
2017年6月、ラブライブ!サンシャイン!!のCDでは初となるゴールドディスクの認定を受け、デビュー作であると同時にファンにとってもより一層思い入れの深いシングルとなった。

アニメーションPV

PV内でパフォーマンスと共に流れる日常風景では「Aqours」が結成されるまさにその時の様子が描かれている。
ダンスステージは浦の星女学院の校舎の横に作った特設ステージ。

このPVの制作に際し沼津登山東海バス(2016年4月に社名を「東海バスオレンジシャトル」に変更)と駿河湾沼津FC『ハリプロ映像協会』が協力しており、前者はPV内に登場している。
また当初は、YouTubeランティス公式チャンネルでPVのshort ver.が配信されていたが、現在はFULL ver.を配信中。

アニメ2期3話

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』2期第3話の最後の場面にて、劇中で実際に歌い踊った曲としてまさかの再登場となり、これを見た全国のサンシャイナーに衝撃と感動を与えた。2年前のあのPVは、学校説明会の為だったことが明らかになる瞬間となった。2期2話の展開から千歌と梨子と曜が3人だけで作った曲でもある。

PVの構図やダンスのモーションはほぼそのままだが、キャラクター3DCGは大部分が描き直しになっており、細部のアピールが変わっているメンバーもいる(曜の表情にウィンク追加など)。カメラワークが所々で変更されており、逆光時の暗さが上がったり、サビのダンスフォーメーションに立体感が増すなどしている。
ダンスの合間に差し込まれている会場移動シーンの映像で映るメンバーはどれも、当時のPVの同じタイミングで映っていたメンツと一致している。

テレビサイズに編集されたため、ライブでショートバージョンを披露する時の背景スクリーン映像はこちらの方になる。

ライブ披露

2016年1月11日、本CDのリリースイベントとしてミニライブが行われ、Aqoursキャストの初ライブを兼ねてこのCDに収録されている3曲揃って初披露。

アニメーションPVにある通りの、馬跳びのパフォーマンスが一番の見せ場。ところがアニメ内の鞠莉と果南は同じくらいの身長なのだが、それぞれの担当声優の鈴木愛奈氏と諏訪ななか氏の2名は身長差がかなりあり、PVを再現すると鞠莉の側が低くなる。
2018年3月10日のファンミーティング千葉公演での鈴木愛奈氏の右足の負傷以降は、ケガ再発防止のためだろう、鞠莉の馬跳びが横跳びに変更された。

三次元ライブ版限定で、1番Aメロの終わりかけの三年生パートの『証明してみるんだ』の部分に「三年生の後ろに左右から回り込んだ曜と善子が、それぞれゆっくりしたステップで近寄り、最後に一呼吸おいて後ろ向きでハプニングっぽくぶつかり善子が怒って曜がゴメンと謝る」振付が入っている。アニメPVやスクフェスACではこの要素はない。
3rdライブツアーからはぶつかった後の振付が「曜がツノを作ったり堕天ピースなどの善子ポーズを、善子は敬礼で応える曜ポーズを、お互い笑顔で」の形に変わった。

1stシングル曲であるため、ナンバリングライブや、中型ライブイベントではなるべく選曲されている。ただし馬跳びパフォーマンスがあるせいでフルサイズは天候が影響する会場や狭いステージではセトリに入れられないというデメリットがあるうえ、いざという時はアニメOP曲の方が選ばれやすく、2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』と3rdシングル『HAPPY PARTY TRAIN』は観客のサイリウムパフォーマンスが定着し始めたという事で、披露回数は『青空Jumping Heart』や『恋になりたいAQUARIUM』のほうが多い。

2018年7月25日放送のフジテレビ系「FNS うたの夏まつり」で地上波初披露となった。テレビサイズなので馬跳びはなし。

1stシングルPV制作スタッフ

監督・絵コンテ・演出酒井和男
キャラクターデザイン室田雄平
デザインワークス河毛雅妃
プロップデザイン西澤千恵
総作画監督河毛雅妃、平山円、藤井智之
作画監督西澤千恵、尾尻進矢
ライブパート作画監督後藤望、重国勇二、寺尾憲治
美術監督東潤一
セットデザイン高橋武之
色彩設計横山さよ子
CGディレクター黒崎豪
CGプロデューサー小石川淳
3DCGIサブリメイション
撮影監督杉山大樹
編集今井大介
音響監督長崎行男
振付石川ゆみ
アニメーション制作サンライズ


関連動画



関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours デビューシングル
高海千歌 桜内梨子 松浦果南 黒澤ダイヤ 渡辺曜 津島善子 国木田花丸 小原鞠莉 黒澤ルビィ
Step! ZERO to ONE Aqours☆HEROES
恋になりたいAQUARIUM HAPPY_PARTY_TRAIN
僕らのLIVE君とのLIFE

類似タグ

君の青春は輝いているか
君の心にしるしはあるか

pixivに投稿された作品 pixivで「君のこころは輝いてるかい?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 944139

コメント