ピクシブ百科事典

五木ひろし

いつきひろし

五木ひろしとは、演歌歌手である。

概要

本名:松山数夫
1948年3月14日、京都府に生まれ、その後三重県を経て福井県に育つ。

少年時代に美空ひばり島倉千代子などの師匠である上原げんとに弟子入りする。
1964年に全国歌謡コンクールで優勝し、翌年松山まさるの芸名でデビューするが売れず、1967年に一条英一と改名するも全く開花しなかった。1969年に遠藤実に弟子入りし三谷謙と改名するがそれでも売れなかった。
1970年の全国歌謡選手権に背水の陣で臨んだ結果、10週勝ち抜けしグランドチャンピオンとなり、同番組の審査員だった山口洋子平尾昌晃がそれぞれ作詞作曲した「よこはま・たそがれ」で再デビューがきまり、同時に山口から作家仲間の五木寛之の了解を得て五木ひろしの芸名をもらう。以降は数えきれないほどの賞を受賞するスターとなる。

拳を握りしめて歌うポーズが特徴。これは五木ひろしとして再デビューする際に所属していた芸能プロダクションが本来キックボクシングジムである野口プロモーションであったため(これも山口の紹介による)。

関連タグ

演歌

pixivに投稿された作品 pixivで「五木ひろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4998

コメント