ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CDとして

2013年1月23日発売、ナンバリングタイトルのシングルではない。

収録曲

  1. 僕らは今のなかで
  2. WILDSTARS


曲として

作詞:畑亜貴
作曲:森慎太郎
編曲:森慎太郎

μ'sの楽曲であり、アニメ『ラブライブ!』第1期のオープニングテーマ。略称は「僕今」。
略称の漢字部分のみに漢字を用いるため、「僕らは今の中で」ではなく「僕らは今のなかで」である。
余談だが、同じく間違えられやすい「嵐のなかの恋だから」も略称部分のみが漢字であり、「」ではなく「なか」である。
キャッチフレーズは「今しかない!今を駆け抜けようっ!」。

μ'sの楽曲ではぼらららスノハレスタダ僕たちはひとつの光ノーブラなどといった人気曲の部類に入り、アニソンを知らなくてもこの曲なら知っている、というような人もいるのだそう。
今まさに山あり谷ありの青春を謳歌している真っ只中、数々の艱難辛苦を乗り越えてやってきた集大成という明るい曲調で、μ'sメンバーのひたむきさや前向きな気持ち、今までの練習を経て得た経験等が表されている曲である。

2021年現在、最新作の『ラブライブ!スーパースター!!』第1期まで含め、ラブライブ!シリーズの歴代OPでは全シリーズ、一期二期問わず唯一イントロにちゃんとした前奏がある曲でもある
二期OP以降はキャストの歌番組出演が当たり前になったからか、同シリーズのOP=演奏開始から間髪入れずに歌い出しに入るほぼイントロがないスタイルが確立された。

衣装

白のブラウスにサスペンダー、赤と黒のチェックスカート。
露出は控えめだが、へその部分が見える衣装になっている。

実はこの衣装は、「僕今」への起用が初出ではなく、2012年2月に開催されたμ'sの1stライブが初出である(マイナーチェンジはしているが)。

アニメでの扱い

アニメ2期第12話にて本編中で披露。
新曲「KiRa-KiRa_Sensation!」でラブライブ本戦のトリを飾ったμ'sが熱烈なアンコールを受け、再びステージへと舞い戻った。
これは想定外の事態であったが、神モブことヒフミトリオがこんなこともあろうかと学校から衣装を持ってきていた。一部のライバーの間では1の終盤の騒動がなければ、南ことりがラブライブ!出場のために既に手がけており、そのまま使うことなく部室に置いたままにしていた衣装を、たまたま部室を覗いた神モブが若干の手入れを行い、μ'sに届けたのではないかという憶測が飛び交っている。
映像はOPの再利用であるが、TV放映版ではなくパッケージ版のものが使用されている。1期の時点で既に盛大な伏線を張っていたのである。
『サンシャイン!!』では某氏に「イントロ部分でスキップしているメンバーを答えよ」といった問題が出された。

スクフェス

EXPERTでのノーツ数は434であるが、これはμ's1stシングルである僕らのLIVE君とのLIFEの初動売上枚数も434枚であり、434という数は始まりを象徴しているのかもしれない。

スクスタ

曲としては2019/10/31実装(初期実装)。
メインストーリー第8章を読み終えることで、ライブプレイが可能になる。

専用衣装は2021年12月現在、未実装。
2期OP「それは僕たちの奇跡」は既に実装されているので、早期の実装が待たれる。

太鼓の達人

2014年2月19日より「太鼓の達人」に収録された。

関連動画



関連タグ

ラブライブ!オリジナル曲一覧 ラブライブ!(アニメ) オープニング きっと青春が聞こえる

関連記事

親記事

ラブライブ!オリジナル曲一覧 らぶらいぶおりじなるきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「僕らは今のなかで」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「僕らは今のなかで」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4840012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました