ピクシブ百科事典

仮面ライダーアギト

かめんらいだーあぎと

仮面ライダーアギトとは、2001年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第2作目である。全51話。 英字表記は「AGITO」ではなく「ΑGITΩ」(最初と最後の文字が大文字の「アルファ」と「オメガ」)。
目次[非表示]

目覚めろ、その魂!

概要

2001年1月28日から2002年1月27日までテレビ朝日系列で放映された平成ライダーシリーズ第2作目にして仮面ライダー生誕30周年記念作品
仮面ライダーアギト仮面ライダーG3仮面ライダーギルスの3人の仮面ライダーが大きく喧伝され、複数の仮面ライダーたちが登場しドラマを展開するという「平成ライダー」の潮流の先駆けとなった。
未確認生命体事件」が収束した直後の日本を舞台にしており、新たなる脅威「アンノウン」の暗躍に立ち向かう仮面ライダー達の活躍を描く。
前作『仮面ライダークウガ』のように警察が怪事件を追う形をメインのストーリーにしつつ、ミステリー・群像劇の要素を取り入れた作品となっている。

全51話中50話、加えて劇場版PROJECT_G4』を井上敏樹が執筆。
第28話、HBVは次回作『仮面ライダー龍騎』でメインライターを務める小林靖子が担当している。

総合的な評価

怪人による不可能犯罪や、前作程ではないが大量の殺人シーンがあり前作同様子供には複雑な描写が多く見られるなど色々表現の面での指摘はあるものの、毎週見たくなるようなミステリー・謎解き要素が多く取り入れられており平成ライダー史上最高視聴率をたたき出した。
最終的に4人となった各ライダーの人気に加え、彼らの苦悩や過去を独特なストーリーに仕立てうまくまとめており、今なお人気作となっている。
また、『クウガ』に少なからずあった「迫力と臨場感はあるが特撮ヒーローらしいアクションがもっとほしい」という声を受けてか、ライダーそれぞれの個性を出した動きの多い戦闘シーンも描かれている。

難点としては、第47話~第51話(最終回)の展開が希薄かつ冗長気味であることが挙げられ(実際井上は第46話を最終回のつもりで描いたと語っている)、ファンの間でも蛇足と感じるという意見が見られる。
また、評価は高い作品なのだが、平成ライダー全体で見ると前作『クウガ』にとてもよく似た作風であること、次回作『龍騎』の絶大なインパクトや井上の特撮作品としては『仮面ライダー555』が人気も知名度もずば抜けていることから、シリーズの中でも若干影が薄い存在だったりする。このあたりは後年の客演で回復しつつあるが……。

前作クウガとの関連

一見すると前作『クウガ』の続編のように思えるが、世界観に直接的な繋がりはない。
これに関しては、当初こそ『クウガ』の続編として制作が進んでいたものの、途中から『クウガ』の設定を下敷きにしつつ直接の関連は無い独自の世界観にするという制作方針に切り替えられたという少々ややこしい逸話があるため。
これは『クウガ』がきれいに完結したので、直接の続編は蛇足になりかねない、というクウガのスタッフ側の意見と、『クウガ』の人気を引き継いで新しい仮面ライダーシリーズを展開していきたい、というスポンサー側の意見を折衷したもの。
結果として、『クウガ』以降の「平成仮面ライダーシリーズ」は毎作独立した世界観となり、他作品とのストーリー的な繋がりはない、という方針の切っ掛けになった(平成ライダーシリーズ最終作『仮面ライダージオウ』を除く)。

「未確認生命体事件」が本編の2年前に起こったという設定があるが、時系列が『クウガ』本編とは異なっており、いわゆるパラレルワールドとなっている(『クウガ』本編の事件は西暦2000年、『アギト』では本編が2001年であり、その2年前は1999年となり一致しない)。

仮面ライダーディケイド』でアギトの世界が描かれた時は、「クウガの世界とよく似ているが、別の世界」と設定された。

なお月刊ヒーローズで連載されている漫画版『クウガ』は井上が執筆しているためか、アギトが存在する世界観となっており、『アギト』放送から実に14年ぶりに繋がりが語られるのではないかと注目されている。

『ジオウ』でアギト編が行われた際は、G3がアナザーアギトに襲われるという記事の横に九郎ヶ岳遺跡での失踪事件について触れられている。なお、このアギト編冒頭でクウガライドウォッチは既に手に入れていることが確認されている。

本作の仮面ライダーについて

劇場版のオーディオコメンタリーで監督の田崎竜太は「仮面ライダーは人間と超人の境界線を行き来する存在」と述べており(翔一は境界線を楽々越える、氷川は越えようとするが越えられない、涼は越えてしまった存在と表現している)、後述するテレビスペシャル『新たなる変身』の前口上は恐らくこれが元ネタだと思われる。

主な登場人物

仮面ライダーアギトの登場人物一覧を参照。

主題歌・挿入歌

OP映像では本編に先駆け、アギト・G3・ギルスの3人がバイクで併走するシーンが描かれ、なかなか共闘の輪に加わらないギルスにやきもきしていた当時の子供たちの心を躍らせた。

本作以降の平成仮面ライダーシリーズは主題歌がオープニングテーマのみとなり、正式なフォーマットとしてのエンディングテーマは原則存在しない(『仮面ライダー響鬼』の第33話まで、及び各作品の一部の回を除く)。このため各回の戦闘のクライマックスで流される挿入歌が「エンディングテーマ」と称されている。第1話は主題歌が使用されず、次回予告に殆どのスタッフロールを被せるという荒業を行った。

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:三宅一徳/歌:石原慎一/コーラス:大木理紗
第2話から第31話まで使用され、最終話のEDとしても使用された。
シリーズで初めて、劇伴音楽の担当者が制作に関わらない主題歌となった(佐橋俊彦によると、当初は三宅が音楽担当者になる予定もあったという)。インストゥルメンタル版は予告編音楽として使われた。また、クレジット表記のフォントが途中で変更されている。

  • 後期OPテーマ『仮面ライダーAGITO 24.7 version
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:三宅一徳/リミックス:三宅一徳・鈴木浩之・篠笥孝/歌:石原慎一/コーラス:大木理紗
第36話から第50話までとテレビスペシャルで使用された。
仮面ライダーAGITOの伴奏をリミックスし、新しい歌詞で歌い直したもので、テレビシリーズでは2番の歌詞がオープニングテーマとして、劇場版では挿入歌としてそれぞれ使われた(24.7は「百獣戦隊ガオレンジャーVS仮面ライダーアギト」によれば「24時間7日」の意味)。なお、この曲以降、歌詞に「仮面ライダー」の単語が入るライダー主題歌は、『仮面ライダーセイバー』まで存在しなかった(海外版であればその間に『仮面ライダードラゴンナイト』もある。名前を呼ぶだけであれば平成二期は多くが該当するが、いずれも「仮面ライダー」という歌詞は無い)。

  • 前期挿入歌『BELIEVE YOURSELF
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:三宅一徳/歌:風雅なおと
仮面ライダーアギト戦闘テーマ。最終回でも使用された。
仮面ライダージオウ』のアナザーアギト戦でも使用された。

  • Stranger in the dark
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:佐橋俊彦/歌:坂井紀雄
仮面ライダーG3戦闘テーマだが、氷川誠装着時には一回も流れていない。

  • Never Die
作詞:藤林聖子/作曲:佐橋俊彦/歌:橋本仁
G3もう一つのテーマソングで、劇中未使用。

  • Home Sweet Home
作詞:藤林聖子/作曲:三宅一徳/歌:秋山莉奈・広川順子
風谷真魚テーマソング。劇中未使用。

  • One&Only
作詞:藤林聖子/作曲:三宅一徳/歌:風雅なおと
津上翔一テーマソング。劇中未使用。

  • searching for myself
作詞:藤林聖子/作曲:佐橋俊彦/歌:きただにひろし
仮面ライダーギルステーマソング。劇中未使用。

  • Emergency Guard Chaser
作詞:藤林聖子/作曲:佐橋俊彦・橋本仁
ガードチェイサーテーマソング。劇中未使用。

  • MACHINE TORNADER
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:三宅一徳/歌:石原慎一
マシントルネイダーテーマソング。

  • 後期挿入歌『DEEP BREATH
作詞:藤林聖子/作曲:野村義男/編曲:RIDER CHIPS/歌:ROLLY (RIDER CHIPS Featuring ROLLY)
トリニティフォーム登場以降、使用された。

  • Burnin' your heart
作詞:藤林聖子/作曲:三宅一徳/歌:石原慎一
バーニングフォーム/シャイニングフォームテーマソング。劇中未使用。

  • もうひとつの仮面の戯曲
日本語作詞:藤林聖子/作曲・編曲:佐橋俊彦/歌:白石圭美

  • extremes meet
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:三宅一徳/歌:風雅なおと

  • The usual suspects
作詞:藤林聖子/作曲:大橋恵/歌:坂井紀雄

余談

偶然か否か、アギトの主要ライダー4人はそれぞれ神の反逆者に対応したモチーフないしはポジションになっている。

  • アギト(ドラゴン)で、中間形態の色が赤い。赤いドラゴンはサタンを表すともされ、力を与えた張本人がサタン(というよりプロメテウス)のような立ち位置だったりする。
  • G3:(ただの)『人間』。AIを備えたスーツで戦闘をするため、『ロボット』のポジションであるとも解釈できる(派生型のG4は実質装着者が部品のロボットのようなものである)。
  • ギルス:他媒体ではネフィリム=ギルスと紹介されており、ネフィリムは大抵巨人の事を指す。また、アギトと根源は同じであるため、神から見た悪魔と解釈する事もできる。
  • アナザーアギト堕天使(デザインにはエルロードの意匠がある)。

本作でも前作同様ハイビジョン撮影を行なっているが、前作でのやり方とは異なり「スクイーズ(撮影時に収録した映像を4:3画角へと圧縮し、編集時に本来の比率である16:9の画角に戻す)」という手法が用いられた(本放送は4:3画面に16:9レターボックスという形で放送)。これは2005年放送の『仮面ライダー響鬼』までこの撮影方法が用いられた。2006年放送の『仮面ライダーカブト』以降は「最初から『16:9』画角で収録する」という前提で再度撮影方法が変更された(なお『侍戦隊シンケンジャー』以降の撮影方法はこれらとは別である)。
ただし、第28話のみ演出上の都合で「放送上では『過去の場面を4:3フルサイズ』で『現在の場面を16:9レターボックス』に分けて放送」した(その意味では平成ライダーシリーズでは唯一『4:3』画面で制作された回ともいえる)。
なお、再編集が煩雑(先述とは逆に「過去の場面を4:3レターボックス」に「現在の場面を16:9フルサイズ」にすればピッタリと画角にはまる)なのかどうかは定かではないものの、YouTubeでの配信では画面表示がおかしく(いわゆる「超額縁放送」状態)なって配信されてしまった。

本作は企業とタイアップしていないのに何故か焼肉を食べる描写が多い。
当時は狂牛病(BSEという単語はまだ無かった)問題で焼肉業界が苦境に立たされていた時期であり、番組スタッフが焼肉の業界団体から感謝状を贈られたという逸話もある。

初期案では、「人間とモンスターがカードを使って契約する」という設定があり、これは翌年の『龍騎』で採用された。

関連動画




関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー 平成一期
アンノウン(仮面ライダーアギト)
目覚めろ、その魂!
正義の系譜 駈斗戦士
仮面ライダークウガ(HEROES)

仮面ライダーV3旧世代2番目の仮面ライダー。

仮面ライダー555仮面ライダー響鬼(後半):プロデューサーと脚本家が同じライダー作品。555とは主人公重大な秘密があり、後半でそれが明らかになる」「登場ライダーは三人体制を取っている」「終盤で四人目のライダーが登場する」という共通点がある。

仮面ライダーセイバー次世代2番目の仮面ライダー。

ウルトラマンダイナ:同じく平成のシリーズ第二作であり
・前作の主役ヒーロー(ウルトラマンティガ)によく似た容姿
・複数の色の姿にチェンジする
・前作の人気を引き継いで新しいシリーズを展開した
・平成のTVシリーズで初めて劇場版が製作、公開された
などと放映時期は離れているものの共通点が多く、比較されることが多い作品。ただしアギトと異なりダイナは前作のれっきとした続編である点は異なる。

サイボーグ009:同じ石森プロ作品である同作品の「神々との戦い編」が本作品の原案とされている。

ニチアサ同期
30分前百獣戦隊ガオレンジャー
30分後も~っと!おジャ魔女どれみ

仮面ライダークウガ仮面ライダーアギト仮面ライダー龍騎

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーアギト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーアギト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4764860

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました