ピクシブ百科事典

伊上勝

いがみまさる

伊上勝とは、日本の脚本家。昭和の東映特撮に多大な影響を与えた。
目次[非表示]

来歴

1931年7月14日生まれ。群馬県出身。
明治大学卒業後、1958年に広告代理店の宣弘社に入社。それと同時期に東芝商事が行っていたテレビドラマ脚本の懸賞に応募。一晩で書き上げたこの脚本は入選し、そのまま宣弘社のテレビヒーローシリーズの第2弾『遊星王子』としてドラマ化された。これによって脚本家デビューを果たす。
1962年には『隠密剣士』の脚本を担当。小道具を多用したその作劇は、現代における『忍者』のイメージを確立し、ブームを引き起こした。つまり、我々のイメージする忍者は彼が生み出したと言っても過言ではない。

1965年に宣弘社を退社してフリーランスに。以降は東映の特撮作品で脚本を務めることになる。『仮面の忍者赤影』では全ての脚本を担当するという記録を樹立。
そして1971年には『仮面ライダー』でメインライターを務める。もはや説明不要の大ヒットを巻き起こした本作はシリーズ化され、『仮面ライダー(スカイライダー)』の前半まではメインを担当、後の『仮面ライダースーパー1』まで関与した。また、初代ライダーと同時期に『帰ってきたウルトラマン』でも一部脚本を担当。

しかし、1980年代に近づくとスランプに陥り、ワンパターンな脚本しか書けなくなったことに悩み酒におぼれるようになっていった。50歳となる1981年には前述の『スーパー1』の他『水戸黄門』で数話執筆したが、それ以降ほぼ脚本家を引退した状態となり表舞台から退いた。
1991年、肝硬変で死去。享年60。

人物・作風

豪快な性格で知られており、後輩などへの面倒見が良い人物だったとも伝えられている。
筆が乗った時は非常に速筆で、完成度の高い脚本を早く仕上げることが多いが、一方で締め切りをろくに守らなかったことも多々あるらしく、その督促に際して次々と身内を勝手に殺していたとも噂されている。
脚本にはセリフや動作などを大まかに示し、それを監督やプロデューサーなどと打ち合わせして決めるというパターンで、脚本作りのセオリーから離れたそれを後に平山亨が「手抜き脚本」と評しているほどであった。そうしたスタンスのためか完成した脚本を現場で手直しすることにも抵抗を感じなかったという。
所謂勧善懲悪とされる作風が特徴で、特に仮面ライダーシリーズにおいてその傾向が顕著である。脚本の中にも豪快な性格が表れており、作品内の細かな説明が省略されていることもある。また、関わった番組の大半で番組主題歌・挿入歌の作詞も手がけている。
突拍子もないアイディアを絡めることが非常にうまく、アイディアのために設定を無視することもしばしば。またセリフ回しのうまさから特に主人公を支えるポジションのキャラ造形には定評がある。『仮面ライダー』の立花藤兵衛や『人造人間キカイダー』のハンペンなど。

これら作劇のスタンスや豪快な性格は息子である井上敏樹にも引き継がれている。しかし、その父の姿(特に晩年見せた弱い部分)を敏樹自身は「反面教師」であると感じており、伊上の死後も父について語る機会は非常に少ない。
インタビューなどで語られる内容では、敏樹は伊上を「実は人づきあいが苦手だと思う。子煩悩と無関心の中間ぐらいで、子供に嫌われるのが嫌いだった」「よく遊んでくれることはあったが、勉強しろなどと説教をすることはほとんどなかった」「仕事の関連でライダーグッズをお土産に持って帰ることはあったが、それ以外はろくなもんくれなかった」などと評している。
一方で敏樹は現在の自身に父の姿を重ねていることも自覚しており「あまり反面教師にはならなかったかも」とも述べている。

関連作品

関連タグ

脚本家 昭和ライダー 東映特撮
井上敏樹

外部リンク

Wikipedia
ニコニコ大百科

コメント