ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

悪魔くん

あくまくん

『悪魔くん』とは、水木しげる著の漫画及びそれを原作とする特撮テレビドラマ、テレビアニメである。
目次 [非表示]

エロイムエッサイム エロイムエッサイム」

「われは求め訴えたり」

概要

作者は水木しげる。1963年に貸本劇画として発表され、その後『週刊少年マガジン』などで1966年から1967年まで連載された。『悪魔くん(悪魔くん千年王国)』『悪魔くん』最新版悪魔くんと主人公の異なる三種類のシリーズに大別される。


水木しげるの代表作の1つであり、魔法陣という単語の発祥であり、実写ドラマは日本のテレビ史を変えたとまで言われている(参照)。また正義の主人公によるバトル展開を取り入れたり、怪獣や巨人の様な巨大化キャラクターを積極的に導入したのも『ゲゲゲの鬼太郎』よりも先であった。

当時の『妖怪ブーム』は『第一次怪獣ブーム』の後釜として展開されてきた経緯があり、『悪魔くん』や『ゲゲゲの鬼太郎』にバトル展開や巨大なキャラクターの登場が導入されたのは『第一次怪獣ブーム』の影響だとされている(参照)。水木しげる作品は特にガメラをきっかけにして生まれた大映特撮との縁が強い(参照)。


マガジンでの連載にあたりメディアミックス作品として立ち上げられ(詳細は『水木しげる』の記事を参照)、特撮ドラマ版が1966年10月6日から1967年3月30日までNET毎日放送九州朝日放送ほかにて全26話が放送された。制作は東映東京撮影所。なお、詳細は『実写版悪魔くん』を参照。


その後もメディア展開が度々行われ、単発ドラマ版は、1986年9月15日にフジテレビ系列局(ただし一部系列局除く)の『月曜ドラマランド』枠で放送。脚本は浦沢義雄。こちらも東映東京撮影所制作。


アニメ版は1989年4月15日から1990年3月24日まで、テレビ朝日系列局(ただし一部系列局は放送日時を差し替えまたは放送せず)で全42話が放送された他、放送日時は差し替えられているが秋田放送四国放送南海放送(これらは日本テレビ系列局)、テレビ山梨宮崎放送(これらはTBS系列局)でも放送されている。アニメ版を元にした劇場用映画も2回製作されている。


2021年3月7日、水木しげる生誕100年を記念する『4大プロジェクト』の1つとして、'89年版の続編となる新作(令和悪魔くん)が制作され、2023年11月9日からNetflixにおいて全12話が独占配信された。

なおキャストとして主人公の“2代目悪魔くん/埋れ木一郎梶裕貴が演じた他、'89年版から埋れ木真吾役の三田ゆう子、メフィスト2世役の古川登志夫が続投。また古川氏は新キャラクターメフィスト3世役も兼任した。

再アニメ化めでたい令和版悪魔くんリメイク記念


漫画版『悪魔くん』の共通点

  • 主人公は1万年に1人という天才児で、「悪魔くん」と呼ばれている。
  • 悪魔くんは全人類が幸せに生きられる世界を築こうとしており、それには悪魔の力が必要と考えている。
  • 物語の始まりでは、まだ悪魔くんは悪魔の召喚に成功しておらず、懸命に魔術の研究と実験を繰り返している。しかし伝説的魔術師ファウスト博士が現れて悪魔くんに秘儀を授け、ついに悪魔を呼び出す事に成功する。
  • 更に、ファウスト博士は悪魔くんに『ソロモンの笛』を与える。これは悪魔を従わせる力を持つ笛で、ソロモン王が使ったという物であった。
  • 悪魔くんには、自分に付き従っている部下が複数人いる。
  • 悪魔を呼び出す時は、魔法円を前に「エロイムエッサイム、我は求め訴えたり」(実在の魔道書『黒い雌鳥』からの引用)と呪文を唱える。

漫画版「悪魔くん」リスト

悪魔くん(松下一郎バージョン)

発表時期:1963-1964

悪魔くん脳内アニメ

悪魔くんの名前は“松下一郎”。貸本漫画として東考社から出版された。⇒貸本版悪魔くん

水木しげるが食うや食わずの生活を送っていた貸本漫画家時代の作品であり、当時の社会に対する憤懣と批判が強く現れている。一方で水木の悪魔、魔術に対する膨大な知識が惜しげもなく詰め込まれており、子供にはやや難解な部分もあった。そのため売り上げが伸びず、全5巻の予定が3巻で打ち切りとなってしまった。結果として悪魔くんは物語のクライマックスで、野望達成の前に警察の流れ弾に当たり射殺されてしまう。

解放


このバージョンは1970年、『週刊少年ジャンプ』で悪魔くん復活 千年王国としてリメイクされ、こちらは無事全編が描かれて完結している。

おどろおどろしい内容にふさわしく、松下一郎はたまねぎ頭に突き出た額、おたまじゃくしの様な垂れ目という不気味な容姿を持つ。

鬼太郎対悪魔くん』及び『世紀末大戦』は貸本版悪魔くんの続編にあたる。


ちなみに『千年王国』では山田同様に前髪を下ろしているが、『貸本』『VS鬼太郎』『世紀末大戦』では玉ねぎ頭である。


悪魔くん(山田真吾バージョン)

発表時期:1966-1967

サトイモ-エッサイム

悪魔くんの名前は“山田真吾”。『週刊少年マガジン』などで掲載。

1965年、長年の苦節を耐え抜いた水木は、マガジン編集部にその個性を見込まれて『テレビくん』でメジャーデビューを果たしていた。ここで水木は、悪魔くんをマガジンの読者向けにアレンジして復活させる。これが山田真吾バージョンで、悪魔くんは大きな丸い目の可愛らしくハンサムな容姿にリファインされた。


主人公の山田真吾は、紳士風でチョコレート好きの悪魔メフィストとコンビを組み、悪さを働く悪魔や妖怪を退治する。親しみやすくカッコイイ主人公と子供達に理解しやすい内容で大好評を博し、メディアミックス作品としてドラマ化を果たした。後に発表される『最新版悪魔くん』の原型。


また『水木しげるのノストラダムス大予言』に登場する悪魔くんも山田版である。


最新版悪魔くん(埋れ木真吾バージョン)

発表時期:1988-1990

旧作悪魔くん集合絵

悪魔くんの名前は“埋れ木真吾”。『月刊コミックボンボン』掲載。

恐らくこの記事を読んでいるユーザーにとっては最も馴染み深い悪魔くん。そのデザインはたまねぎ頭に大きな丸い目と、それぞれ松下と山田の特徴を引き継ぎつつ愛嬌ある姿となっている。1989年にアニメ化され、キャラクターソングも発売されるなど人気を博した。


原作漫画とアニメでは埋れ木真吾の性格など多少異なる部分があるものの、「平和で誰もが幸せに暮らせる世界を目指して、悪魔メフィストの息子でラーメン好きのメフィスト2世ら12使徒と共に、黒悪魔と戦う」という基本設定は共通している。


本作では「悪魔」と「妖怪」の二種族が存在し、後者は小豆とぎ油すましが属するが、前者の定義は非常に曖昧である。

というのも、典型的な悪魔は勿論、『水木しげる_世界の妖怪大百科』(小学館)で紹介されている様な西洋妖怪中国妖怪、ドラマ版『悪魔くん』に登場したモンスター、のっぺらぼうの様な一部の日本妖怪、グラウコスの様な原典では神と扱われる者を包括したカテゴリーであるから(つまりはメガテンの様なもの)。その中でも善い心の持ち主を白悪魔、悪の心を持つ者を黒悪魔と呼んで区別する。

なお、妖怪は悪魔との戦争に負けて天岩戸に封印されたという扱いで、劇中では悪魔くんを敵と勘違いした閻魔大王によって先述の2体が復活させられた。


ストーリー(アニメ版)

悪魔やオカルトに造詣が深い事から、友人達に「悪魔くん」と呼ばれている少年埋れ木真吾。彼は見えない学校の校長ファウスト博士に「1万年に1人現れ、世界を天国の様な場所にする事ができる救世主」として見いだされ、悪魔の召喚方法とソロモンの笛を授けられる。悪魔くんは救世主としての使命を果たすため、人間に近い心を持つ「白悪魔」の12使徒と共に、黒悪魔との戦いに挑んでいく。


登場人物(アニメ版)

主要人物


その他


ゲスト悪魔/妖怪


主題歌

オープニングテーマ

『悪魔くん』

作詞:森雪之丞、作曲:つのごうじ、歌:こおろぎ'73、WILD CATS

 

エンディングテーマ

『12FRIENDS』

作詞:森雪之丞、作曲:古田喜昭、歌:Y.F ZOMBIE COMPANY


余談

アニメOPで有名な「バランガ」について、黒魔術を意味する『barang』化け鯨、マレー語で『邪霊』『呪具』を指す『barang』、イロカノ語で悪を意味する『balang』などの説がある。


関連イラスト

一万年にひとり、舞い降りる天才っ

【悪魔くん】おどろ!【二世】悪魔くんDVDBOX発売記念絵


関連タグ

水木しげる


トリプルメシア 千年王国


松下一郎 山田真吾 埋れ木真吾 埋れ木一郎


12使徒 エロイムエッサイム


ゲゲゲの鬼太郎


『鬼太郎対悪魔くん』『妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム』でコラボ済み。


本作がモチーフとなっているキャラクター。


ウッチャンナンチャンによるパロディコント(少々『ルパンVS複製人間』(マモー)も入っているが)。


外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

水木しげる みずきしげる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8393528

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました