ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ギリシア神話に登場する冥府の番犬。三つ首、蛇の尾、首元から無数の蛇を生やした猛犬で、冥府神ハデスによって『地獄の番犬』として飼われることになる。有名な怪物だけあり、この怪物をモデルやモチーフに用いたものは非常に多い。

曖昧さ回避

個別タグあり


個別タグなし

概要(原義)

魔人テュポーンと魔獣の母エキドナの息子で、三つの首と竜の尾、蛇のたてがみ、青銅の声を持つとされる。オルトロスは弟である。常に冥府におり、具体的にはハーデスの王宮を警護しているという神話と、冥界への門に控えているという神話がある。その仕事は亡者の監視と脱走の防止。3つの頭が交代で眠り、常に最低ひとつの頭は覚醒しているので、見張り役には最適な魔物である。入ってくる亡者は歓迎するが、逃げようとする亡者や侵入してくる生者には容赦しない…が、何回か失敗している。

獰猛な捕食者のイメージが極めて強いが、甘い菓子に目が無いと言う意外な嗜好がある。蜂蜜を塗った「ソップ」と言う菓子が特に好物で、ソップを与えればケルベロスがそれを食べている間に目の前を通過することが出来る、とも言われる(嘗てギリシアでは、厄介者を懐柔する為に用いる賄賂を『ケルベロスに与えるソップ』と呼んだ)。故に嘗てのギリシアでは、死者の副葬品に必ずソップを添えた。また良質な音楽も好み、音楽を聴くとすべての頭がリラックスして眠ってしまう。竪琴の名手オルペウス(オルフェウス)が死んだ恋人エウリュディケーを追って冥界まで降った際、竪琴を奏でてケルベロスを眠らせた逸話は有名。

ちなみに、体系的にギリシャ神話を纏めたものとしては現存最古となる叙事詩『神統記(テオゴニアー)』ではケルベロスは「50の首を持つ猛犬」と記述されているが、一般にはあまり浸透していない。尚、「メディア・テック出版」の「魔獣大百科」に於けるケルベロスの記事では「ケルベロスは雌でキマイラと姉妹。オルトロスはケルベロスの『兄』」と記され、同大百科のキマイラの記事、並びに同出版社の「悪魔大百科」のエキドナの記事に於いても、それを補完する記載がされている。どうも、これ等の記述自体が先述の『神統記(デオゴニアー)』の内容を元にした物らしい。

第十二の難行

冥界の神ハデスの僕として、多くの物語に登場するケルベロスは、大英雄ヘラクレスとの関係も深い。
ヘラクレスの十二の難業の最後に、この獣を地上に連れ出すと言う試練がある。ヘラクレスは冥界の神ハデスの『素手で倒せたなら連れ出しても良い』との了解を得て、力比べでケルベロスを負かす事によってこれ地上に連れ出す事に成功したが、その時ケルベロスは初めて見る強い日光に驚き、その時に垂らした涎の跡からトリカブトが発生した。

ギリシア神話以降のケルベロス

伝承とほぼ同じく、死者を貪り食う犬として登場。

ソロモン72柱:序列24 ナベリウス


近代に書かれた魔術書ではソロモンの魔神の1柱である、序列24番で19の軍団を指揮している侯爵「ナベリウス」と同一視された。「チェルベロ」との表記もある。

ケルベロスをモチーフにしている創作キャラ

アニメ


ゲーム


特撮


その他


関連タグ

ギリシャ神話 神曲

テュポーン:父 エキドナ:母 オルトロス:弟 ヘラクレス:敵

ケルベルス座星座
トリカブト:ケルベロスの唾液からトリカブトが生まれたという伝説がある。

ハーデス キマイラ ラードーン ヒュドラー オルフェウス プシュケ

関連記事

親記事

ヘラクレス へらくれす

子記事

  • くずれ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケルベロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8319319

コメント