ピクシブ百科事典

ダミアン・ハート

だみあんはーと

メタルファイトベイブレードに登場するブレーダー。
目次[非表示]

概要

CV:朴璐美
ビッグバンブレーダーズアメリカ代表チーム「スターブレイカー」の切り札である少年。
これまでの経歴が一切の謎に包まれており、HDアカデミーによりアレンジシステムを受けている。
子供のような純粋さに冷酷さと傲慢さを併せ持った危険人物で、ケルベクスの試運転を称して翼と遊を出場不能に追い込み、ユーロチームとの戦いではシーザーのメンタルを完膚なきまでに叩きのめした挙句、反則を承知で乱入してきたウェルズとソフィ諸共撃破した。
銀河との決戦では必殺転技ヘルズゲートを使用して鋼銀河を追い詰めるが、闘志を燃やした銀河に脱出されて敗北、敗北した事実を飲み込めずに気を失った。
ハデスシティの決戦ではアレンジシステムを受けて再戦に臨むが、盾神キョウヤの妨害を受けて彼と対決する事に。相性では不利なロックレオーネを追い詰めたが、ベイのスペックとアレンジにばかり頼る養殖品とこれまで血の滲むような戦いを重ねてきた野生の男では天と地ほどの差があり、レオーネの「獅子王逆風撃」に敗北した。漫画版と違ってこちらでは最後まで悪役であった。

漫画版

ビッグバンブレーダーズ編でのラスボス。
こちらでは誕生の経歴が詳細に明かされており、ハデスインクに生み出された人造人間であるらしき事が語られている。アニメ版のライトニングエルドラゴよろしくヘルケルベクスでブレーダーの魂を奪い取って自らの糧としていた。強化されたヘルケルベクスの圧倒的な力で銀河のギャラクシーペガシスを破壊したが、魂を奪われたブレーダーたちが残り少ない命を使ってギャラクシーペガシスをビッグバンペガシスへと進化させ、復活した銀河に敗北。ヘルケルベクスと引き換えにブレーダーの魂を返還、銀河が人生で初めての友人となった事で穏やかな性格になり、年相応の笑顔を見せた。外伝では新たにブルーインフェルノVer.のケルベクスを入手している。


使用ベイ

ヘルケルベクスBD145DS

当時としては史上最大のウィールと同等の大きさを持つトラックにより、遠心力を発生させて長時間の回転を可能にしたスタミナタイプのベイ。アタックモードではヘルウィールとBD145トラックの隙間で挟み込んでダメージを与える戦法が得意だが、トラックとヘルウィールを合体、ブーストモードに変形させる事で驚異的な持久力と防御力を発揮する為、生半可なアタックタイプの攻撃ではあまり吹っ飛ばされない。(尤もアタックモードでは合体用の爪が地面と接してしまうため、ブーストモードでの運用が殆どである。)
限定版として登場したブルーインフェルノVer.はランダムブースターで登場したEWDボトムを搭載しており、さらなる高持久力を実現している。

モチーフは昔存在していた星座であるケルベルス座。メタルファイトシリーズでは唯一のかつて存在していた星座をモチーフとしたベイブレードである。
ヘルウィールはケルベロスの頭、ケルベクスウィールは鎖を模しており、金と黒のカッコイイカラーリングから当時は人気ベイの一角を担っていた。

ゲーム版ではプロトタイプが登場するが、フェイスデザインは大幅に異なる。こちらでは毒液を吐いたり、連続で噛み付き攻撃を行うなど、割と元ネタに忠実な攻撃方法を習得しているのが特徴…え?ベイが毒吐いたり噛み付くのはおかしい?ゲーム上の演出なんだから仕方ない。

必殺転技はケルベクス版の天馬爆嵐撃「ヘルズドライブ」、地獄の門に引きずり込んで撃破する「ヘルズゲート」。漫画版ではケルベロスの三頭が攻撃を仕掛ける煉獄転技「バーストインフェルノ」を使用する。

関連タグ

メタルファイトベイブレード

関連記事

親記事

メタルファイトベイブレード めたるふぁいとべいぶれーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダミアン・ハート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442

コメント