ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV.金田アキ


「バトルで最後に勝負を決めるのは、ブレーダーの心(たましい)だ!」


概要

ベイブレードの里と呼ばれる古馬村(コマむら)の出身。

青いバンダナと白いマフラーがトレードマーク。

謎のブレーダー集団『暗黒星雲(ダークネビュラ)』を率いる竜牙とは因縁があり、アニメ第1期では竜牙が父親である鋼流星を倒し、奪った禁断のベイ・ライトニングエルドラゴを取り戻すために修業をしながら全国を旅している。

大会などのために旅に出る時以外は、まどかの家に住み着いていることが多い。

青いバンダナと白いマフラーがトレードマーク。


第2期の世界大会ビッグバンブレーダーズでは日本代表チーム『ガンガンギャラクシー』のレギュラーメンバーに選ばれている。

初期は上級者が使用するベイランチャーを使用していたが、チャレンジマッチの途中からはまどかにもらったデジタルパワーランチャーを使用し、アニメ第2期からは3セグランチャーグリップを使用している。


飄々とした面や天然な部分も持ち合わせているが、熱い心の持ち主で強い相手ほど燃えるタイプ。

友の危機には全てを投げ打ってでも駆け付ける程の友達想いな性格で、人を惹きつける魅力も持ち合わせている。しかし一方では無邪気で子供らしい一面もある(『爆』ではそれが顕著)。

好物はハンバーガーで、特にまどかが作った三段重ねの「トリプルビーフバーガー」を好む。

実は注射が大の苦手。


天童遊からは特にあだ名は付けられていなかったが、バトルブレーダーズ1回戦でのバトルを経て『ギンギン』と呼ばれるようになる。

バトルを通じて多くの人間と語り合い、分かり合ってゆくのを信条としており、様々な戦いでその戦法を身に付けていて、フェニックスとのバトルでキョウヤや氷魔、翼の技を披露している。


アニメ版での活躍

メタルファイト ベイブレード

エルドラゴを探す旅の途中でとある街に立ち寄り、そこで湯宮ケンタ天野まどか盾神キョウヤベンケイたちと出会う。


キョウヤを倒し、彼を利用していたのが暗黒星雲(ダークネビュラ)と知りケンタたちと共にアジトに乗り込むが、竜牙とのバトルで完膚なきまでに敗れる。


その後一旦ケンタたちの前から姿を消し古馬村に戻るが、雪山での命がけの試練を乗り越え心機一転し、再び竜牙打倒を誓う。

物語開始から高いベイポイントを所持しており、竜牙が出場するバトルブレーダーズに参加寸前だったが、ベガスシティでのチャレンジマッチで優勝を逃した後、突如現れたフェニックスに「ブレーダーとしての覚悟が足りない」と言われベイポインターを破壊されて全てのベイポイントを失う。


そしてバトルブレーダーズに優勝するまで負けないことを誓い、再びベイバトルへ向かう。

その後フェニックスとの再戦時に彼に勝利しポイントを全て返してもらい、無事にバトルブレーダーズに参加する事になる。


バトルブレーダーズ1回戦では遊を、2回戦では流太郎を、準決勝では水地を破り、決勝で竜牙を打ち倒し彼をエルドラゴの呪縛から解放するが、その戦いで力を使い果たしたストームペガシスは光の粒子となって消滅する。


メタルファイト ベイブレード爆

ペガシスを失った事に元気をなくしていたが流星のアドバイスを受け古馬村に戻り、伝説のベイである「ギャラクシーペガシス」を手に入れる。

当初はギャラクシーペガシスの強大な力や動きを完全に制御できずにいたが、正宗との戦いをきっかけに克服する。

バトルブレーダーズで優勝しているため、特別推薦枠で日本代表ガンガンギャラクシーのレギュラーとして選ばれていて日本代表選抜大会は免除されているが、それによってバトルの機会が減り、選抜大会中では大会実行委員である流星とヒカルに不満を漏らしていた。


ビッグバンブレーダーズAブロック1回戦第3試合ではダーシァンを、2回戦第1試合ではノワグマを破る。3回戦第2試合でキョウヤと引き分けになるが、勝敗を決める最終試合では正宗とのタッグでキョウヤとナイルに勝利する。

その後竜牙と再会しギャラクシーペガシスの力を完全に引き出せていないと通告されるが、Aブロック決勝戦第3試合でのシーザー戦でペガシスを信じる心に目覚め真の力を引き出すことに成功し、シーザーを破る。

決勝トーナメント準決勝の勝ち抜き戦では第5試合でアイアンを破るが、続く第6試合で一瞬の隙を突かれてアルゴに敗れてしまう。

決勝戦第3試合ではダミアンと激闘を繰り広げ勝利し、ガンガンギャラクシーをビッグバンブレーダーズ優勝に導く。


メタルファイト ベイブレード4D

ビッグバンブレーダーズが終了してから数日後、キョウヤからビッグバンブレーダーズでの決着をつけるための挑戦状を受ける。

バトルの中でペガシスに宿った星の欠片の力によってギャラクシーペガシスがビッグバンペガシスにパワーアップし、最終的に引き分けとなる。


ザーカン島で再会した竜牙と対戦するが、竜牙から「ベイのことを何も知っていない」と通告され敗れる。

敗北後は自分を見つめ直し、まどかの協力もあってベイの性能を少しずつ引き出していく。


その後、仲間たちとレジェンドブレーダーと共にネメシスが復活したマヤ文明の遺跡に乗り込む。

クリスにベイの楽しさを説き彼を仲間にするが、四季のレジェンドブレーダーによるネメシスを封じる「ゼウスの結界」が竜牙が欠けたことで失敗。

ネメシスとの戦いでも、圧倒的な力の前に立ち向かう勇気を失ってしまうが、ケンタがレジェンドブレーダーに覚醒したために気力を取り戻し、ゼウスの結界によりネメシスを封印する。

だが、プルートの介入により結界が破られ復活したネメシスと再び戦う。

最終的に世界中のブレーダーのベイが持つ星の欠片の力を得てネメシスを打ち破り、封印することに成功する。


メタルファイトベイブレードZEROG

天馬の翼を持った戦士


伝説のブレーダーと呼ばれている。

幼少時のゼロに「サムライイフレイド」を託した後、旅に出る。


ネオ・バトルブレーダーズ決勝戦の前にゼロと再会を果たし、キラに勝とうとするあまり冷静さを失っていたゼロにベイバトルの本当の意味を説く。


ゼロのネオ・バトルブレーダーズ優勝後に再び旅に出掛け、各地を転々としていた際にバイフーと出会い、彼の策略によって「サムライペガシス」を奪われDNAに捕らえられる。

奪われたサムライペガシスは、破山キラの「グラディエーターバハムディア」とシンクロームして「ペガシスバハムディア」になってしまう。

束縛された状態でゼロとキラの勝負を観戦していたが、空中スタジアムが落下した衝撃によって解放される。

取り戻した「サムライペガシス」でゼロ、キラと協力し、大道寺を倒す。


漫画版での活躍

河原での戦いで竜牙に敗れ、ペガシスを破壊されるが、ベイの神と呼ばれる猿「マワシ様」の富士山での命懸けの試練を乗り越え、「ストームペガシス」を手に入れる。

バトルブレーダーズでは1回戦で流太郎を、準々決勝のバトルロイヤルでキョウヤと共に翼と遊を破り、準決勝前のフェニックスとの特訓で究極転技『銀河新星(ギャラクシーノヴァ)』を会得し、準決勝で水地を破る。

決勝戦の竜牙とのバトルでは敗北寸前まで追い込まれるが、仲間たちの想いを集め進化した「ギャラクシーペガシス」の『銀河新星』により竜牙を打ち破る。


ビッグバンブレーダーズ日本代表決定戦ではAブロック決勝戦で宇宙を破り優勝し、正宗と共に日本代表になる。ビッグバンブレーダーズ1回戦ではダーシァンを、2回戦でロシアチームを破る。

3回戦のシーザー戦では初戦で敗北し負傷した正宗から託されたユニコルノのコートシャープボトムを使用してシーザーを破る。

そして準決勝でブラジル代表チーム「グレイシーズ」の一人、アルゴ・グレイシーとバトルすることになるが、大道寺がグレイシーズに提供した爆弾の爆発に巻き込まれ、重傷を負う。

キョウヤ達との約束を果たす一心でバトルに臨むが、シュート直前に激痛が走り、痛恨のシュートミスで敗北。

絶体絶命かに思われたが、突如竜牙が正宗に代わって日本代表二人目の代理としてバトルに乱入し、アルゴを一蹴した事で何とか勝利を収める。


決勝戦のアメリカ代表チームの一人、ゼオ・アビスのベイ「フレイムビクシス」のトラックの高さに苦戦するが、ビクシスの唯一の弱点である中心軸を狙い撃ち、真っ二つにして勝利。

そしてダミアン・ハートとの戦いに入るかと思いきや、ダミアンは「ヘルケルベクス」を海上スタジアムに打ち込み、破壊。

銀河は崩壊に巻き込まれ、奈落にのみ込まれるが、流星が瓦礫を庇ったことで難を逃れる。

流星から一人前になった証として「両翼が刻まれたペガシスのバンダナ」を受け継ぎ、ダミアンとのバトルに臨む。


ヘルケルベクスに「天馬星塵蹴」「天馬極星撃」「銀河新星」をたたき込むが、全く効かず、逆に煉獄転技「バーストインフェルノ」でギャラクシーペガシスが破壊され、直撃を喰らった銀河は死亡してしまう。

しかし、キョウヤ達の魂が自らの命の欠片を銀河とペガシスに注ぎ込んだことで復活、ペガシスがビッグバンペガシスに進化した。

凄まじいアタックでケルベクスを押し返すが、本気を出したダミアンの「バーストインフェルノ」を喰らい、回転力が落ちる。

だが、F:Dボトムの効果によって回転力が復活、再度放たれた「バーストインフェルノ」を突き破り、新必殺転技「天馬爆翼翔」でケルベクスを破る。

この瞬間、日本チーム「ガンガンギャラクシー」の優勝が決まった。


劇場版での活躍

ツインドームバトルのAブロックに出場し、準々決勝でケンタを、準決勝で翼を撃破してAブロック代表になるものの、突然乱入してきたヘリオスに完敗してしまう。

その後リベンジバトルでヘリオスを撃破し、小惑星アドニスの地球落下を阻止する為にスペースシャトルを奪って宇宙に上がり、ヘリオスと協力してペガシスで小惑星を破壊して地球を救った。


ゲーム版での活躍

全作品に登場。

『超絶転生!バルカンホルセウス』ではアニメとは異なり日本代表選抜大会に出場している。


使用ベイ

いずれも攻撃型で、ペガサス座(ZEROGでは幻獣としてのペガサス)をモチーフにしている。アニメで使用するものは全て純白の天馬のオーラが現れる。

ペガシス105F

初代ぺガシス。

大きな三枚刃が特徴的。漫画版のみ登場。


練習用ペガシス

ウィール、トラック、ボトムが木製のペガシス。漫画版のみ登場。

少年時代に練習用として用いていた他、富士の樹海で出会った猿とのベイバトルで使用。


ストームペガシス105RF

ペガシスの進化系。アニメ版では最初から所持している。

はるか昔、ライトニングエルドラゴに対抗するため銀河の祖先が作り出したベイとされ、封印後はペガシスを基に様々なベイが生み出された、即ち作中の大半のベイの起源やご先祖さまとも言うべき存在。

特に無印ではエルドラゴに唯一対抗できるベイとして、大道寺に狙われていた(破壊神ネメシスに対抗できる可能性を大道寺が危惧していたかは不明だが、結果的に下記のビッグバンペガシスが破壊神ネメシスを封印している)。

ラバーフラットボトムによる圧倒的なスピードが特徴で、天高く飛び上がり必殺転技を繰り出すほか、摩擦熱と高速回転で激しい上昇気流を生み、そこに一瞬の真空空間を作ることができる。


ギャラクシーペガシスW105R2F

ストームペガシスの試作品の中でも、その元になった伝説のベイ。

メタルウィール含め全体が青一色となっており、複雑にうねったギャラクシーウィールとうずまき銀河のような形のライトラバーフラットボトムが大きな特徴。

ライトラバーフラットボトムの回転方向とは逆に突き出たスパイクが通常では考えられないスピードを生み、その速さこそがギャラクシーペガシスが伝説のベイと呼ばれる所以だとされている。その反面、制御することは難しい。


ビッグバンペガシスF:D

星の欠片の力で進化を遂げた、4Dまでの最終機。

多重構造のビッグバンウィールにより四つのモードチェンジを可能とし、多彩かつ多面的な攻撃を繰り出すことが可能。

4Dボトムのファイナルドライブは最初はセミフラットボトムで小回りのきく攻撃を行い、回転力が落ちてくるとラバーフラットに変化、一度だけ回転を復活させ最後の攻撃を行うことができる。


サムライペガシスW105R2F

ZEROGでのペガシス。神属性。

トラックにZEROGシリーズで最も低いW105、ボトムにラバー軸R2Fを搭載。



漫画版では、ペガシスはエルドラゴに対抗できるただ一つのベイと呼ばれ、エルドラゴが敵を破壊して強くなるのに対し、ペガシスは仲間たちの想いで強くなるとされる。


必殺転技

  • 天馬流星撃

「ペガシスシューティングスターアタック」。

ペガシスを上空に飛ばし、相手の頭上から攻撃する技。

空中で迎え撃たれるとカウンターになり、高さが足りていないと十分な威力を発揮できないという弱点がある。


  • 天馬旋風翼

「ペガシストルネードウイング」。

フィールドを円周状に旋回することによって、巨大な竜巻を発生させる技。

アニメ版ではキョウヤの獅子暴風壁を思い出して使っている。

漫画版では回避技として使用している。


  • 天馬流星群撃

「ペガシスメテオシャワーアタック」。

空中高く飛び、落下しながらアタックを仕掛ける技。

アニメ版ではレオーネの必殺転技によって空中高く飛ばされたことを利用している。

ゲーム『ガチンコスタジアム』ではペガシス専用技となっている。


  • 天馬爆嵐撃

「ペガシスストームブリンガー」。

フィールドを高速周回してダウンバーストを発生させることで、周回内部を真空状態にする技。


  • 天馬極星撃

「ペガシススターゲイザー」。

シューティングスターアタックの強化版。正宗との一騎打ちにてギャラクシーペガシスの制御に成功した際、この技で正宗のユニコルノを破った。


  • 天馬星塵蹴

「ペガシススターダストドライバー」。

ギャラクシーペガシスの力を完全に引き出すことに成功したことによって編み出した技。


  • 天馬爆翼翔

「ビッグバントルネード」。

ビッグバンペガシスのファイナルドライブモードの、真の力を引き出すことに成功し編み出した技。

ラバーフラットの軸先を生かし、竜巻のように高速で円を描きながら突撃する。


  • 銀河の一閃

漫画版で使用。

正宗のユニコルノのCSボトムをギャラクシーペガシスに組み込み、ペガシスのパワーとユニコルノのスピードを合わせた技。


究極転技

  • 銀河新星

「ギャラクシーノヴァ」。

究極の必殺転技と呼ばれる最大最強の転技。

アニメ版では普通に「必殺転技」と呼ばれる。

ブレーダーの心(たましい)とベイが1つになって初めて発動する技。

一点に留まって回転し続ける事で、ペガシス最大の特長である圧倒的な回転力を純粋なエネルギーとして溜め込み、臨界と同時に一気に解き放つことで超絶的な攻撃力に還元し、新星の如き一撃を以て敵を撃ち砕く。

竜牙やヘリオス、メカ大道寺(ZEROG未放送版)など、強敵への決め手として使用している。

(Wikipediaより)


絶望先生へのゲスト出演

さよなら絶望先生の1エピソード「ぐりとぐだぐだの大岡裁き」にて、「ベーゴマで決着!」というキメゼリフを発しながら、ちょこっとゲスト出演。

バンダナには、『ベ』の字が印されている。


関連タグ

メタルファイトベイブレード ベイブレード 主人公 ペガサス 光属性

湯宮ケンタ 天野まどか 花輪ベンケイ

大鳥翼 天童遊 角谷正宗 天野まどか:ガンガンギャラクシーチームメイト

盾神キョウヤ 竜牙:ライバル

木ノ宮タカオ 黒銀ゼロ 蒼井バルト:ベイブレード主人公

銀まど

関連記事

親記事

メタルファイトベイブレード めたるふぁいとべいぶれーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 805171

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました