2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

前作から舞台を7年後に移し、新主人公・黒銀ゼロの活躍を描く。新たな世代のブレーダーたちを育成する役割として前作のキャラクターも引き続き登場する。
タイトルの「ZEROG」は漫画版では「ZERO G」が正確な表記とされるが、アニメ公式サイトでは一貫して「ZEROG」となっている。
しかし、pixivでは「ZERO-G」と表記されるのが一般的。

前作までが星座をモチーフにしていたのに対し、本作は幻獣とファンタジー職業をモチーフとしており、現れるオーラもファンタジー職業に扮した幻獣である。しかも主人公機がドラゴンやペガサスといった人気が高い幻獣ではなく、イフリートを採用している中々にニッチな方面を攻めている作品である(尤も、ベイブレードバーストではワルキューレが主人公機のモチーフなのだが)。

漫画版は前作同様に原作とは設定が大きく異なり、たった9話で終わってしまうというベイブレード漫画の中でも短命な作品であった。

ベイの特徴としてはフェイスがストーンフェイス、クロムウィール(前世代までのメタルウィール)、クリスタルウィール(前世代までのクリアウィール)と上半身部分が前世代との互換性を打ち切っており、互換性があるのはトラックとボトムのみ(4Dボトムも対応)。
クロムウィールとクリスタルウィールの天面を入れ替えてモードチェンジが可能な他、クロムウィール同士を合体させる「シンクローム」システムを搭載しており、戦略に幅が広がった(メタルを中心に据えたエルドラゴデストロイF:Sですら、基本設計はプラとメタルの構成であった為にこのメタル同士の融合システムは思い切った判断であると言える)。
また、スタジアムはゼロジースタジアムを採用。ベイが駆け巡る振動でスタジアムが荒れ狂い、既存のタイプ相性に止まらない予想外のアクションを実現している。これによりボトムやトラックの形状もゼロジースタジアムに合わせた形状のものが多数開発された。ちなみにほぼ設定だけだが、属性の概念も導入されている。
前作から進化を遂げたベイはペガシスのみである(エルドラゴ、ケルベクス、サジタリオ、キメラ、ユニコルノなど本作の設定に噛み合いそうなベイは他にもいたのだが…そちらはZERO-G化されず)。

商品展開、テレビアニメ、及び漫画は9ヶ月で終了したが、アニメ版は当初放送予定だったものをDVDとして収録。
15分番組を1話30分形式にして、地上波未放送7話を含めた全26話がリリースされる。
本来は1年間展開予定だったが、国内での商品展開が早く終わったことが理由とされる。
そのためか今後発売される予定だったと思われるアニメオリジナルのベイブレードも登場している。
よって、本作をもってメタルファイトベイブレードシリーズは幕を閉じることになった(海外では派生シリーズが放送されたのでもう少し長く続いている)。

ストーリー

鋼銀河たちレジェンドブレーダーとネメシスの戦いから数年後、世界はようやく復興し、ベイブレードもまた新たな時代を迎えていた。
そんな中、銀河に憧れ最強のブレーダーを目指す黒銀ゼロはかつて銀河たちがいた街にやって来た。
しかしそこに銀河はおらず、明日の最強ブレーダーを目指す強豪が集まっていた。
新型のゼロジースタジアムの扱いに慣れず苦戦するゼロだが、持ち前のガッツと天性の勘で攻略法を理解し勝利していくのだった。

登場人物

黒銀ゼロ

CV:岡本信彦

ゼロ!


本作の主人公。使用するベイはサムライイフレイド

火竜院忍

CV:内山昂輝

忍さん


「無敵のサラマンダ」と称される少年。本作のライバルキャラ。使用するベイはシノビサラマンダ

海原エイト

CV:小平有希

「洗濯物一緒にしないでくれる?」


傲慢な性格のブレーダー。生意気だがどこか憎めない。使用するベイはパイレーツオロジャ

海原カイト

CV:寺島拓篤

うなばらさん


エイトの兄。データを集めて戦う理論派だが、一度キレると手が付けられない。使用するベイはガーディアンリヴァイザー

マル

CV:諸星すみれ

らくがき


アニメオリジナルキャラクター。天野まどかの弟子。

紅蓮(くれない れん)

CV:沖佳苗

omake 3


アニメオリジナルキャラクター。ゼロと同じ技を使う少女。使用するベイはシーフフェニック

獅々谷鷹ノ助

CV:潘めぐみ

た~か~の~す~け~(「´ω`)「


ゼロを探しに来た少年。「ゼロと同じくらい暑苦しい」と称される熱血キャラ。使用するベイはアーチャーグリフ

登場機体

ベイブレードモチーフブレーダー備考
サムライイフレイドW145CF/イフリート黒銀ゼロ
シノビサラマンダSW145SD忍者/サラマンダー火竜院忍
ガーディアンリヴァイザー160SB守護者/リヴァイアサン海原カイト
パイレーツオロジャ145D海賊/オロチ海原エイト
シーフフェニックE230GCF盗賊/不死鳥紅蓮バーンフェニックス135MSとは無関係
アーチャーグリフC145S弓兵/グリフォン獅々谷 鷹ノ助
パイレーツキラーケンA230JSB海賊/クラーケン木倉ゲン
ダークナイトドラグーンLW160BSF闇騎士/ドラゴン暗闇左京左回転
アーチャーガーゴルSA165WSF弓兵/ガーゴイル鬼崎悪矢
バーサーカーベギラドスSR200BWD狂戦士/ベヒーモス破山キラ
グラディエーターバハムディアSP230GF剣闘士/バハムート同上メタルファイトシリーズ最後のベイブレード。漫画版ではベギラドスの進化系
バンディッドゴレイムDF145BS山賊/ゴーレム岩山美男
バンディッドゲンブルF230TB山賊/玄武亀垣玄十郎ドラシエルのオマージュ機
シーフジラーゴWA130HF盗賊/麒麟スパイクボーンガイアドラグーンのオマージュ機。ロックギラフR145WBとは無関係。
アーチャーワイヴァング145WB弓兵/ワイバーンキャプテン・アロードラグーンのオマージュ機
バーサーカーホワイガー125S狂戦士/白虎シャオ・バイフー商品化されず。ドライガーのオマージュ機
ガーディアンガルダスSD145PF守護者/ガルーダカルラ商品化されず。ドランザーのオマージュ機
ネクロマンサーヴァンリルT125JB屍術師/フェンリル大道寺商品化されず。
サムライペガシスW105R2F侍/天馬鋼銀河


余談

同じく幻獣をモチーフに据えた爆転シュートベイブレードのキャラクターとデザインや性格が似通ったキャラクターが多い。(例として金李に似たシャオ・バイフー水原マックスに似た亀垣玄十郎など。)

表記ゆれ

メタルファイトベイブレードZEROG メタルファイトベイブレードzerog など。

関連タグ

メタルファイトベイブレード
爆球HIT!クラッシュビーダマン:主人公機のモチーフが「イフリート」、ラスボス機のモチーフが「バハムート」という点で共通している。

外部リンク

アニメ公式サイト

関連記事

親記事

メタルファイトベイブレード めたるふぁいとべいぶれーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メタルファイトベイブレードZERO-G」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メタルファイトベイブレードZERO-G」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました