ピクシブ百科事典

玄武

げんぶ

玄武とは中国の神であり、中国の伝説上の神獣である。四神の一体にして実質上の四神の最高位。
目次[非表示]
  1. 中国の伝承における神獣四神」の一柱。本稿で記述
  2. 聖闘士星矢Ω』のキャラクター。→玄武(聖闘士星矢Ω)
  3. 幽☆遊☆白書』のキャラクター。「四聖獣」を参照。


概要

方角
季節
五行
地形山岳


四神の一柱であり、北を守護する。
一般的にはの体にが巻き付いた姿、或いはが蛇になっている亀、或いは亀単体の姿で描かれる。
亀と蛇がどういう関係にあるのかは諸説有り。
また、「玄」は「黒」を意味しており、黒色の体色をしている。

「北」という方角は、二十八宿(古代中国における星座)において北に位置する「斗・牛・女・虚・危・室・壁」を連ねたものを亀に見立てた事から来ている。
五佐においては玄冥が同じ方角に当てられており、玄冥は玄武の本来の名であるとも言われている。
「黒」という色は、五行において北が水、水が黒である事に関連しており、冬という季節もこれによる。

風水においては山岳に棲まうとされる。

相対する方角には朱雀がおり、一説ではこれが鶴亀の由来であるという。
四神の中で唯一、下の字が動物になっていない。「」が何を意味するのかは諸説有り。

また、昨今のカルチャーにおいては「強さ」のイメージこそ上位の印象はないが、実際は玄武こそが四神最強最古であり、最上位として信仰された

日本では他の四神に比べて馴染みが薄いが、かつて中国では非常に人気が高い神の一柱であり、この主人公にした民間伝承がいくつか存在する。道教の神・眞武帝君(しんぶていくん)は、この玄武を擬人化して誕生した神である。

武神としての性質は薄まり、後に白虎が軍神としての性質を強めたが、玄武も真武大帝/玄天上帝となった事により最高位の戦神としての格を帯び、北遊記では主役となった。そして、水神であり、生命を司り、冥界との往き来を可能とし不老不死や子孫繁栄の象徴とされる霊性から民間では最も信仰された四神である。かの北極星および北斗七星との繋がりも発生し、天帝も座する極めて重要な方位である「北」を守護している。五行等における概念としては「」にあたり、こちらでも水神や生命力を司るとされる。そもそも、天地玄黄の言葉にある通り、玄→黒とは天を指す色である。

日本の神仏習合では、妙見菩薩との繋がりがある。

四霊においては霊亀がこのポジションに置かれており、霊亀は玄武の元型であるとも言われている。
五龍では黒龍が対応し、福建省では黒虎に置き換わってるという。

サブカルチャー上での扱い

近年の創作物では、本来の水属性ではなく、地属性土属性)に割り当てられているケースも散見される。その場合では水属性が青龍に移される事が多い。
「玄」が「黒」を意味する事が知られていないためか、ただの緑亀にされてしまう例が多い。
また、蛇の要素も忘れられがちである。
ついでに四神を全面に出した作品では主人公として使われることもほぼなく、サブポジションにいる事が多い。

平成ガメラ/徳間ガメラは、後付けながらも玄武との関連性が言及され、体色も黒が混じっていて蛇にも似た頭を持ち、たぶん最強格である事から、割と正確かもしれない。

玄武をモチーフとしたキャラクター

特撮

神羅万象

漫画

ゲーム

アニメ

その他


関連イラスト

玄武
白澤図076「ゲンブ」



関連タグ

四神青龍 朱雀 白虎 玄武


信仰 
中国神話 中国妖怪 神獣 霊獣 幻獣 五行 風水 十二天将
   霊亀 黒龍 黒虎
   / 水属性  /  玄冬 山岳 /
玄武岩 玄武洞
五神/五獣 黄龍 麒麟
別名・表記揺れ
げんぶ ゲンブ
玄天上帝 真武 현무

外部リンク

関連記事

親記事

四神 しじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「玄武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1139379

コメント