2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ウルトラマンガイア

うるとらまんがいあ

『ウルトラマンガイア』とはウルトラマンシリーズの作品であり、劇中に登場するヒーロー(画像右)である。
目次[非表示]

正義の味方か、悪魔の使者か。


キャラクターとしてのウルトラマンガイア→ウルトラマンガイア(キャラクター)

概要

平成ウルトラマンシリーズ第3作目。
制作は円谷プロダクション及び毎日放送。1998年(平成10年)9月5日より1999年(平成11年)8月28日まで全51話が毎週土曜日18:00~18:30にTBS系で放映された。

ガイアの名の通り地球をテーマとした作品であり、その根底では環境問題生命倫理などを扱っている。ウルトラマンの本質は力の象徴である『光』であり、それを行使する『人』でもあるというテーマは前作から継承されており、まさかの完全地球産、それも自然の概念から生み出されたウルトラマンが爆誕した。
また、ライバルのウルトラマンであるウルトラマンアグルが登場するのも特徴。
これまでにも悪のウルトラマンやニセのウルトラマンは登場していたが、別のウルトラマンがレギュラーで活躍するのは初めてである(企画自体なら『ウルトラマンネオス』の方が先だったが、対立関係にあるという意味ではやはり『ガイア』が最初である)。
しかも、公式の映像媒体で青い正規戦士を登場させたのも当時としては画期的であった。

防衛チーム側の設定も、一つの組織にそれぞれのエキスパートチームが存在し、状況に応じて出動するチームが切り替わるという新しい試みがなされた(それまでの作品では出動する部署は一つだったり、別部署が登場してもゲストか設定のみの存在で終わるというケースが多かった)。それだけでなくサブレギュラーのマスコミ関係者(KCB)や風水師、上位組織の高官、天才集団(アルケミー・スターズ)といった異なる人物の視点からもドラマが展開され、魅力のあるサブキャラも多い。メカもコンテナから変形するという秀逸なデザインとなっている(一部メカはコンテナに収納されているという体裁で玩具が販売されたが)。

更に設定面はより緻密になり、SFらしさを増した。ガイア理論ワームホール反物質パラレルワールドシュレディンガーの猫ニュートリノなど専門用語が登場しただけでなく、SF作品らしからぬ回ギャグ回も存在したり、風水の概念や聖書といった伝承・オカルト方面からの引用(例えばゾグ(第2形態)の身長が悪魔の数字とされる666m、ドビシ系の元ネタがヨハネの黙示録に登場する飛蝗であるなど)も見られたりと単なるSF作品の枠に止まらない作品でもある。OVではクトゥルフ神話の要素まで取り入れられているという守備範囲の広さを見せた。

特撮の方も平成三部作ラスト及び20世紀最後のウルトラマンシリーズということで、スタッフ達がお金に糸目をつけず(採算を考える者がいなかったともいうが)に制作に当たり、第1話などは一説には1億円を超える制作費がかけられたとさえ言われる。 結果的に円谷プロが後に子会社化する遠因となってしまったが、その分迫力・完成度共に素晴らしいものとなっている。

また、テーマが地球である為、他のシリーズほど宇宙を舞台にした戦闘や登場宇宙人が少ないのが特徴。(ゼブブゾグ第一形態は明確に宇宙人カウントである様子。金属生命体、ブリッツブロッツは微妙な範囲である。)

ウルトラシリーズのテレビシリーズで全編フィルム撮影で製作されたのは本作が最後であり、次作『ウルトラマンコスモス』からはドラマパートが、『ウルトラマンネクサス』以降は特撮パートを含む全編がビデオ撮影になった。

世界観

これまでのウルトラシリーズとは全く異なる世界観であり、完全に独立している。
M78星雲ウルトラ兄弟たちと関係がないのは前作・前々作のダイナティガと同じであるが、その2作ともまた違う世界の話である。
時代設定は20世紀末となっており、放送当時とほぼ変わらないが、それより少し科学の発達した近未来が舞台となる。(TDG三部作の中では時代設定が最も昔の作品となっている。)

ウルトラシリーズで初めて、「過去作要素皆無」の作品を実現し、これまでの作品から一変、完全に独立した作品となった。
この流れはネクサス』まで続くことになる。というより、「過去作が皆無、一切なし」の作品は、テレビシリーズに限定しても、本作から『ネクサス』までの3作品しか存在しない。
ただし、コスモスは、客演ではない劇場版で、バルタン星人が、がっつり本編の重要な設定に関わっている。むしろTDGでは諸般の事情で避けられていた、成田亨怪獣の封印を解いた最初の作品がコスモスだったりするが、本編には一切過去作要素がない。また、本作も劇場版では過去作のキャラクターと共演してはいるが、M78要素は存在せず、共演した場も本編とは別世界である。
そのため劇場版を含め、劇中世界観にM78ワールドの要素が完全になくなったのも『ガイア』と『ネクサス』だけである。
また、本作から『マックス』までの作品と『ギンガS』以降の作品は世界観的に見れば単発で終わっており、本作以降の世界は一部を除いて本編終了後の客演作品などその後が描かれることは一切なくなった。

第1話において「宇宙戦闘獣コッヴ」が飛来するまで人々は怪獣の存在を知らなかった。
もちろん「ウルトラマン」という存在も最初から人々は知らず、ガイアは最初は「巨人」などと呼ばれていた。

あらすじ

科学が発展していく近未来、藤宮博也の光量子コンピューター「クリシス」が地球に破滅をもたらす「根源的破滅招来体」の襲来を予測した。
それを機に世界中の若き天才科学者が集められた科学者集団「アルケミー・スターズ」が結成された。
そしてアルケミー・スターズと国連の協力により、破滅招来体から地球を守るための組織「G.U.A.R.D.(ガード)」及び「XIG(シグ)」が設立されることとなった(この辺りの経緯は作品中で語られる)。

一方、アルケミー・スターズの一人であり、城南大学の学生でもある「高山我夢」は、大学の粒子加速実験の最中、粒子とシンクロした意識の中で地球の意思=(ウルトラマンガイア)と出会う。
そしてコッヴが姿を現した時、地球を守りたいと叫ぶ我夢は時空間でウルトラマンガイアと一体化する。
コッヴ撃破後、彼は地球を守るためにXIGに入隊し、仲間やライバルと共に根源的破滅招来体と戦うこととなる。

主な登場人物、主な怪獣

ウルトラマンガイアの登場人物一覧
ウルトラマンガイアの登場怪獣・宇宙人一覧を参照。

主題歌

作詞:康珍化/作曲:松原みき/編曲:大門一也/歌:田中昌之&大門一也
OP主題歌。地球人が精一杯頑張った時にこそウルトラマンは力を貸してくれるというハヤタ隊員のセリフを地で行く歌詞になっているが、2番の歌詞など考えさせられるものもある。
「COLUMBIA Cover Version」ではボーカルを前田達也宮内タカユキが担当している。
『Project DMM』がカバーしたバージョンは牧歌的なアレンジとなっている。『ウルトラマン・ベストヒットメドレー!』に収録されたカバーとは雰囲気からして異なる。

なお、作詞担当の康は過去に『仮面ライダーBLACKRX』や『超電子バイオマン』などで楽曲提供経験がある。

  • Lovin' You Lovin' Me
作詞:渡辺なつみ/作曲・編曲:P.KAWAI/歌:B.B.WAVES
1期ED。
テレビシリーズでは初の女性アーティストが担当したED(TV放送された『パワード』を含めるならば、これで2回目となる)。

  • Beat on Dream on
作詞:小室みつ子/作曲:井上大輔/編曲:須藤賢一/歌:菊田知彦
2期ED。歌詞の内容は作中で描かれたきたガイアとアグルの考え方の違いからくる衝突と和解、地球怪獣と地球人の共存というテーマの総決算となっている。

挿入歌・イメージソング
  • LOVE IS ALIVE
作詞:青木久美子/作曲・編曲:佐橋俊彦/歌:須藤ひとみ

  • ガイア ノ チカラ
作詞:青木久美子/作曲:小杉保夫/編曲:大門一也/歌:田中昌之&大門一也
ガイアの戦闘テーマ。ミーモス戦での戦いを彩る処刑用BGMとして名高い楽曲。

公式配信

放映開始20周年となる2018年、放送日と同じ9月5日18時からyoutubeのウルトラチャンネルにて毎週一話ずつの一週間限定の公式配信が開始。
この配信はガイア20周年の記念イベントとなっており、再び動き出した根源的破滅将来体が『ガイア』の世界の時間軸を書き換え、ガイアとアグルの存在を抹消しようとしているため、人々の記憶にガイアを共有する必要がある、という趣旨になっている。
動画の冒頭には高山我夢からの新撮メッセージ映像が追加されている。

余談

新世代ヒーローズ」が過去作要素を含む展開が多いためか、TDGは「過去作要素のない作品」と言われることが多いが、実際には『ティガ』では49話初代ウルトラマンが客演しており、前作『ダイナ』はティガの続編であるため、本作が初めてであり、TDGでは唯一である。

地球怪獣の扱いが難しいのか、そちらの勢力の怪獣はは客演機会に乏しい(大怪獣バトルでミズノエノリュウが出てくるぐらい)。敵勢力ではガンQが登場回数がトップ。他にもゲームやライブステージなどの媒体を見る限りでは超コッヴ金属生命体なども出演する機会がそれなりにあるようだ(商品化という面ではゾグもか)。

関連イラスト

ガイアノチカラ
ウルトラマンガイア&ウルトラマンアグル


ちなみに、平成ウルトラマンの「着地時に地面が舞い上がる」演出が本作ではかなり派手である。
過去に発売されたガイアV2のフィギュアの購入特典として、この際のそそり立つ土煙を再現した『光臨エフェクト』なる物が付属したことからも、ファンに強烈な印象を残していることがうかがえる。

関連タグ

ウルトラマン XIG ウルトラマンアグル KCB 根源的破滅招来体 超時空の大決戦
ギリギリまでがんばって
まもって守護月天!:当時の裏番組

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間:本作の第9話の10月31日に『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間』が公開された映画。こちらも舞台が本作と同じお台場が使用されている。

ウルトラマンダイナ → 本作 → ウルトラマンコスモス

主なゲスト出演者

真地勇志:アナウンサー役(第1・25話)
小宮孝泰(第9話)
信達谷圭(第9話)
二家本辰巳(第15話)※第39話に別役で出演。
寺島進(第29話)
町田政則(第29話)
パトリック・ハーラン(第33話)
橋本真也、井上亘、金本浩二柴田勝頼、福田雅一、吉江豊、田山正雄〈レフェリー〉(第34話)※当時は新日本プロレス所属レスラー及びレフェリーで橋本は本人役。
津村鷹志(第35話)
今田耕司(第46話)
ガレッジセール(川田広樹、ゴリ)、Z-1(上戸彩、西脇愛美、根食真実、藤谷舞)、ビビる大木淳、大内登)(第46話)
赤星昇一郎(第50話)

外部リンク

関連記事

親記事

TDG三部作 てぃーでぃーじーさんぶさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラマンガイア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウルトラマンガイア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3093239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました