ピクシブ百科事典

ゼブブ

しにがみのしょうたい

ゼブブとは、ウルトラマンガイアの後半に登場した死神と呼ばれる敵の正体である。 本稿では、変身体である死神と彼が使用したモキアンについても解説する。
目次[非表示]

データ

  • 身長:66m
  • 体重::6万6千トン
  • 別名:破滅魔神
  • 出身地:不明

概要

第48話「死神の逆襲」に登場。
後述する死神の正体で、昆虫のような顔と悪魔のような体つきをしている。
右腕のウルトラマンアグルの体を簡単に傷つけ、貫けるほどの強度を誇り、左腕からは光弾、触手を相手の体に巻き付けての放電攻撃、全身に電磁バリアで包んで身を守るという戦法を得意としている。ただし、バリアは目の間にのみ隙間が存在する。
武器の刀でアグルの体を刺し貫いて敗退させ、ウルトラマンガイアのクァンタムストリームやシグファイターの攻撃を電磁バリアで防御した。このバリアはキックなどの物理攻撃なども防ぐことが可能で、ガイアのキックも防御した。
しかし、目の間に隙間があるという弱点を見抜いた米田のファイターSTの攻撃を受けて左目を潰されバリアを出せなくなったところにフォトンストリームを受けて倒された。

死神

死神


破滅魔神の一人で、モキアンを利用して地球を滅ぼそうとした。
吉井玲子を拉致し、藤宮博也をモキアン内部の異空間におびき寄せると「進化しすぎた人類はウィルスとなって宇宙を蝕んでおり、はその苦しみを治癒しようとしている」と説明して自分たちの行為の正当性を主張することで藤宮とアグルを再び人類の敵にしようと企んだ。
だが、それに失敗した挙句モキアンを破壊されると自ら破壊に乗り出して「ウルトラマンを差し出せ」と人類に迫った。
ウルトラマンアグルに変身した藤宮を自らの手で始末するために最後はゼブブに変身した。

超巨大単極子(モノボール)生物モキアン

超巨大単極子生物 モキアン


  • 身長:333m
  • 体重:33万ト
人類の浄化のために死神が送り込んできた超巨大怪獣。
体内にはこの宇宙にビッグバンが発生したときに存在したと言われている磁気単極子(モノボール。要するに磁石の片方の極しか存在しない物質。モキアンの場合はN極のみが存在する)を内蔵しており、これで地球のマントルを移動させて地震や津波を発生して地上を破壊し、浄化しようと企んだ。
武器は触手と目玉から放つ光弾。
XIGの総攻撃を受けたが、鰭から光の槍を放って基地であるエリアルベースを半壊させた。ベースを巨大なS極磁石に変えることで引きつけられたがベース内部の量子エネルギーが弱ってしまったため地球に落下してしまう。
ガイアのクァンタムストリームで表層を破壊されて巨大な口を現し、内部にある単眼からの光弾と触手で拘束することで放つ電撃で苦しめたが、XIGの石室コマンダーがエリアルベースをモキアン本体に特攻させたため大爆発した。
コマンダーは触手から脱出したガイアに救出されたため無事だったが、XIGの壊滅という目的には成功した。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣 根源的破滅招来体

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼブブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3244

コメント