ピクシブ百科事典

アストラ

あすとら

ラテン語で「星」「星座」「天」を意味する名詞「astrum」の複数形。そこから名前を採った会社、自動車、キャラクターなどがある。
目次[非表示]

曖昧さ回避


本項目では、『ウルトラマンレオ』に登場するアストラを主に解説する。

概要

獅子座L77星マグマ星人の侵略によって滅ぼされた際に瓦礫の下敷きになり逃げることができず、結果レオと生き別れ、囚われてしまう。捕虜として過酷な日々を送り、この時大怪我を負ったという(小学館の児童書設定)。後にウルトラマンキングに助けられたが、左足のマグマチックチェーンは彼の力を持ってしても外す事は出来なかった。この設定は現在でも円谷プロ公式サイトに記載されているほど有名なものだが、後続作品ではキングは明らかにマグマチックチェーンを外す方が簡単だったのでは?という大偉業を成し遂げているので、結構ネタにされる。

その後はレオの危機には必ず駆けつけ、兄弟同士息の合った連係で戦った。そしてババルウ星人が引き起こしたウルトラキー強奪事件解決の功績を称えられ、二人揃ってウルトラ兄弟の仲間入りを果たした。
なお、この異例の人事にはウルトラマンキングの推薦があったらしい。
名前は放送当時の公募から。由来はギリシャ語のアストラ(astra)、星の女神アストライアーなどから。そのまま星や天体などの意味を持つ単語である。またサンスクリット語源ならば飛び道具、矢の意味を持つ(英語での綴りは同じ)。しかし単に兄が「獅子」ゆえに「虎」としたともいわれはっきりしない。
兄がワイルドな性格なのに比べ、弟の方はやや控えめに描写されている。一人称は本編などを参照するに「僕」。

番組では事件が終わるといつも宇宙を放浪していた。
その所在は実兄であるレオにすらわからない。

補完として、児童書では「宇宙を旅しながら悪い怪獣をこらしめている」「キングに頼まれて宇宙パトロールに励み、レオがピンチになったときだけ駆けつけている」としている。他にはL77星の生き残りを探していたなどが考えられるだろう。

現在はレオと共に宇宙警備隊隊員となっており、ウルトラマンゼロの修行の第一段階を行い、その後はレオとゼロの修行をキングと共に見守った。(ゼロ曰く「ずっと見てて気が散った」とか)。戦闘面での出番としては兄の方が多くなかなか戦闘に参加する機会がなかったが、『ウルトラファイトビクトリー』にて久々に兄弟揃って怪獣と戦い、いい所を見せている。しかもよく喋る。
この作品では逢坂力が声を担当しているが、従来の高めで大人しい声と打って変わって物凄く渋い声となっており、兄のレオより低く聞こえる程

ウルトラマンSTORY0』では人間態が描かれており、文庫版に際し書下ろされたエピローグで、L77星壊滅後に別の惑星で療養していたり惑星を襲った円盤生物ノーバを戦ったことがわかっている(もっとも、この漫画は現在のウルトラシリーズからは分岐した世界観ではあるが、若干TVシリーズとの繋がりを感じさせるような形にもなっている)。
文庫本エピソードにて、歴代ウルトラ戦士と同様の変身シーンも登場。変身アイテムはレオリングに酷似したリングだが、正式な名称は明かされていない。

データ

身長50メートル
体重4万9千トン(旧設定では4万6千トン)
年齢1万歳
飛行速度マッハ20(旧設定ではマッハ10)
走行速度時速900km(旧設定では700km)
水中速度140ノット
ジャンプ力400メートル
腕力キングより貰った腕のアームリングで2倍に強化されており、レオより強い
視力海中でも10キロ先が見える
活動時間不明
スーツアクター久須美護(『レオ』本編)
永地悠斗(『ウルトラマンジード』)
声優丸山純二(『レオ』本編)
逢坂力(『ウルトラファイトビクトリー』)
水島大宙(『ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突』)


容姿

兄より若干大人しい造形の頭部で、レオに似つつも未成熟さを表したデザインらしい。
その他基本的なデザインは同じだが胸の装甲の形、腹部のシークレットサインが「アストラ」を表す文字であるという点、そして左太腿のマグマチックチェーンなど、随所に違いがみられる。マグマチックチェーンを外していないのは上述した理由からだが、現在では戦いの勲章としてむしろ誇りを持って受け入れているらしいため、仮に外せるようになったとしても外さないと思われる。

小学館の児童誌設定で「レオとは双子の兄弟で、元々はそっくりだったが、マグマ星人に奴隷にされていたときに拷問を受けて大怪我を負い、キングの手術を受けて見た目が変わった」というものがある(ただしゲンの回想では生き別れたときすでに現在の姿だったが……)。

ちなみにマグマ星人に捉えられた原因としては、レオの持つ宇宙的な秘宝である獅子の瞳の行方を知るために拷問にかけて居所を聞き出そうとしたなどとも書かれていたりする(レオはマグマ星人襲撃まで武者修行に出かけていて、異変に気づくのが遅れたとも)。

現在どこまでこの設定が生きているかわからないが、映画のパンフレットや『STORY0』などでは双子と言及されることもある。オーブTHE CHRONICLEでもガイが「双子」と明言していたため、現在も公式設定と見るのが妥当だろう。

能力

兄に勝る部分も劣る部分もあり、ファンの間では俗に「技のレオ、力のアストラ」と評されることもある(ルーブクリスタルでは実際に「力」の属性となっている)。兄の助太刀に来るイメージが強いが、彼一人で円盤生物を倒したこともあり、個人戦でも相当な強さを誇る。
額のビームランプには敵が近付くと点滅して知らせる機能がある。また、胸のアストラブレストの四角い穴から太陽エネルギーを吸収するらしい。

必殺技

児童誌によると、地球の格闘技ではレオが空手、アストラがキックボクシングに長けているという記述がある。真偽はともかく、アストラは劇中スピーディーな動きを見せてくれる。

ウルトラダブルフラッシャー
兄弟の合体光線。使用頻度は高い。

○ウルトラリダクション
体をミクロまで小さくして敵の体内に侵入し、内部より爆破する。

○アストラキック
兄のレオキックに相当する技。元はゲーム『Fighting Evolution 3』が初出だが、『ウルトラファイトビクトリー』にて映像作品初使用となった(合体技としてはゼロから「ダブルレオキック」と言われていた)。
亜種としてアストラスパイクキックもある。

○ハンドスライサー
大怪獣バトルRRで使用できる事が判明。レオのものと大体同じ。

○アストラアイアンパンチ
ウルトラビッグファイト『ウルトラ怪獣大百科』で紹介された必殺技…だが、詳細は不明。
おそらくレオパンチに相当する技だと思われる。

○エネルギー光球
『ウルトラマンフェスティバル2003』で使用。

○アストラシャワー
合わせた両手の先から消火液を放つ。

○ウルトラダブルスパーク
レオ兄弟が両腕を合わせて円を作り、発射する光線。
破損したウルトラキーを修復した。

○レオヌンチャク
『ウルトラマンファンタジックライブ2007』ライブステージ第2部でレオが生成した2本目を借り受けて使用。
マグマ星人やババルウ星人の武器に対抗した。

○スペシウム光線
無論、他のウルトラマン同様使用でき、『新世紀ウルトラマン伝説』では兄や同年代のウルトラマン達と共に構えを取った。

その他、兄のシューティングビームなども使えるようである(ベリアル銀河帝国にて使用しているような描写あり)。
また、ウルトラカプセルの音声では「アストラパンチ」も登場している(アストラアイアンパンチとの違いは不明)。
さらに当時の書籍によると、額のアストラビームランプからエレクトロンビームという光線を発射するとある(詳細は不明)。

ULTRAMAN

L77 Brother


イラスト左の人物。ちなみにこの姿はL77星人としての姿。

ULTRAMANアストラ模写+α


原作ではなかった人間態も登場。エルフ耳で顎髭が無い分兄より若々しい

こちらでは兄のレオと共に星団評議会のエージェントとして登場。
暗黒の星を巡るいざこざでアダトを抹殺すべく送り出されるが、評議会がアダトや街諸共吹き飛ばそうとしたところに進次郎に兄弟ともに救われ以降は弾をアニキと慕うようになる。

兄共々裏世界を渡り歩いてきたためか好戦的で、が人質を取って怯ませようとしても仕方のない犠牲と割り切って敵を潰そうとする等悪と見定めた相手には容赦しないタイプ。流石に居合わせた東光太郎にドン引きされ遅れて駆け付けたベムラー―にも諭されてしまったが。

ウルトラ忍法帖

原典と同じくレオの弟として登場。ウル忍ではないが兄と同様に技盗みを使用可能で、ある程度は戦える。当初はレオが泥棒をする理由として同情を誘うため貧乏で病死したことにされていた。後に忍者小学校の新入生となるが、他のカオスな顔ぶれによって1日で登校拒否を起こしてしまった。入門こそしてはいないがダイナの門下生たちとは仲が良い様子。

余談

ウルトラマンネクサス』で千樹憐役を演じた内山眞人は、一番好きなウルトラマンはアストラと語っている。

監督の坂本浩一はレオの大ファンであるが、アストラも大好きである為、出せるチャンスがあれば基本的に出しており、坂本監督でも「アストラを出すシチュエーションはなかなか難しい」と語っている(『ファイトビクトリー』でやっとレオ兄弟の共闘を描けたとの事)。また、レオ兄弟以来の兄弟ウルトラマンである『ウルトラマンR/B』に参加していたのなら、レオとアストラを出して活躍させていたらしい。

ネタ

台詞が殆ど「レオ兄さん」。こう断言されても仕方ないほど語彙が少ない。

そもそも本編中での出番が限られていたこと&現在の客演でもほとんど無言で通すことからこんなイメージが定着してしまった。一応児童誌ではフォローがなされ、無言で見つめあっているときにテレパシーでレオに語りかけているということになっているが、周りから見たらレオ兄さん!しか言わない。

本編でも明らかに会話がかみ合っていないところがあり、視聴者は兄弟の絆を感じ取ることは出来ても、わけはわからないまま進んでいた。

この台詞のため非常に化けやすい。(例:ババルウ星人)言動を似せる必要すらなく、レオ兄さんレオ兄さんいっておけば「アストラっぽい」のである。

平成の客演作品でも『銀河伝説』では「大丈夫か、メビウス?」くらいしか喋っていなかった。
そういう意味では彼が映像作品でよく話すようになった作品は『ファイトビクトリー』が事実上初である。

関連タグ

ガロンリットル アクマニヤ星人 アトランタ星人 ハングラー:アストラがレオと強力もしくは単独で撃破した怪獣と宇宙人
イナズマン:光の球で地球にやってくる効果音が彼のジャンプ音と同じである。

関連記事

親記事

レオ兄弟 れおきょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アストラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アストラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1937708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました