ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「やっと今、この地球が僕の故郷になったんです」


演者:真夏竜『ウルトラマンレオ』(ウルトラマンレオの声と兼任)


概要編集

外見年齢20歳。故郷のL77星マグマ星人に滅ぼされて地球に亡命してきたウルトラマンレオの仮の姿で、レオリングを使用して変身。背番号は「7」。MAC入隊前は城南スポーツセンターの指導員として勤務しており、MAC入隊後も顔を出している。

なぜ漢字表記でもオールカタカナでもないのかは不明。おゝとりゲンと表記されることも多い。

第48話での台詞から逆算するに、本編開始の2年前の時点で既に地球に来ていた模様。


マグマ星人ギラス兄弟との戦いで変身能力を失ったモロボシ・ダンから地球防衛を託され、MACに入隊。


お願いします!隊長やめてください!

初期のダンからのムチャな特訓(ジープ特訓など)は今なお語り草になっており、演じた真夏氏ですら後に「ありゃマジで殺されるかと思いました」と述懐している。


梅田カオルが拾ってきたを地球の花でないと察知し捨てるように促すも山口百子に反論され動揺したり、アトランタ星人が化けた内田三郎隊員が高倉長官の娘の婚約者であると知るなり、彼女の事で苦悩したりとナーバスな面がある。



MAC入隊当初は隊員と対立していたが、ダンの課する特訓によって心身ともに大きく成長していった。だが、築き上げたわずかな幸せはあっという間に崩された。


赤獅子の修羅道


地球を狙うブラック指令が送り込んだ円盤生物シルバーブルーメによってMACはゲンを残して全滅し、ダンは行方不明になり(後に生存が判明)、ゲンの友人や恋人までもが犠牲になってしまう。以後、難を逃れた梅田トオルとともに美山家に身を寄せ、民間人の立場で円盤生物群に立ち向かっていく。円盤生物群との戦いでも苦悩することはあったが、それを乗り越えてさらなる成長を遂げた。


最終回(第51話)でブラックエンドを倒した後、本当の故郷となった地球の平和をその眼で確かめるため、ヨットに乗って海の彼方に旅立っていった。


その後編集

ウルトラマンメビウス

俺は、地球での最初の戦いで、沈むこの島を守れなかった…

そのために多くの人たちが犠牲になった。ここは俺が絶対に忘れてはならない場所だ


第34話に登場。すべての光線技を無効化するリフレクト星人に敗北したウルトラマンメビウスヒビノ・ミライを黒潮島に呼び出し、托鉢の恰好で現れる。既に地球から離れたゲンだが、今も彼には地球こそが本当の故郷であり、メビウスが自分の故郷を託せるに相応しいかを試すためにやって来たのだ。


みんなの未来を壊しちゃいけない

メビウスと手合わせを行い、彼に欠けていることを教えたのだった。その姿は、かつて自分に技を叩き込んだダンにそっくりだった。なお、その際に怒ったリュウとジョージからトライガーショットを突き付けられた際には「武器に頼れば隙が生まれる」と語った。


お前たちの戦いは、必ず勝たなければならん戦いなんだ! そんなこともわからずに、よくウルトラマンを名乗れたもんだ…

その顔はなんだ? その目は! その涙はなんだ! そのお前の涙でこの地球が救えるのか?


自分自身に決別するかのように、ゲンはかつて自分がダンから言われた言葉でミライを叱咤激励し、さらに自分が使った胴着を投げ渡した。

ミライはGUYSとの猛特訓の果てに新技を編み出した。そして、リフレクト星人に戦いを挑むメビウスだったが、リフレクト星人はガンフェニックスを捕まえて人質に取ろうとする。ゲンは再びレオに変身し、メビウスとともにキックを放ち、リフレクト星人を撃破する。その雄姿を見て、ゲンはミライに地球の平和を託して去っていった。怪獣たちに殺された人々のを慰めるために。


尚、この事件でGUYSのメンバー達は彼がかつてMAC隊員としても戦っていた事実を知らされており、何気に世界観を共有している続編作品の登場人物達が、過去のウルトラ戦士の秘密を明確に知る初めての事例となった(正確には『ウルトラマンダイナ』で客演したマドカ・ダイゴの方が先なのだが、あちらは曖昧な形となっている)。



ウルトラマンサーガ編集

本編では光の国でダン、ハヤタ北斗とともに登場。人間態でのダン、および郷とは38年ぶり、ハヤタ、北斗とは初共演となった(ただしハヤタ役を演じた黒部進とは『レオ』第30話で共演しているが、こちらはハヤタとは別人として出演している)。DC版にてハイパーゼットンが召喚したタイラントを始めとした怪獣兵器の前に現れると、他の兄弟とともにウルトラマンの姿で立ち向かう。



ULTRAMAN編集

こちらの作品でも、正史においてゲンに当たる人物が登場。も同伴しており、スクルーダ星人・アダドを追う刺客として、星団評議会に雇われる。

その正体は滅びたL77星最後の生き残りの兄弟である。


その風貌は獅子の鬣のような髪型と髭の青年として描かれており、耳もエルフ耳のように尖っており、正体を表すとウルトラマンレオに似た姿となる。

性格も過酷な人生を送ってきたが故か、見た目に違わず荒々しいが非常に弟思い。


戦闘の際には弟共々コンバットスーツを着用し、ドーピングして戦闘力を大きく上げたアダドとも互角以上に渡り合う戦闘力を見せるが、SEVENとウインダムのコンビネーションには手も足も出ず、弟を人質に取られてしまうが、SEVENとの問答を経て、身の上を共感されると自らを始末しに来たノーバを相手に共闘した。

以後は諸星を兄貴と仰ぎ、彼についていく事を決意した。


当初はかつてウルトラ族の封印に関わっていた事や考え方の違いから自分たちは「ウルトラマン」ではないと否定していたが、ザラブ星人らが化けたULTRAMAN達との戦いでベムラーから科特隊の仲間=ウルトラマンと認められ、弟共々コンバットスーツを改造したウルトラマンスーツを装着。名実共にウルトラマンの仲間入りを果たしたのであった。曰く、地球人のいう「ウルトラマン」像はそこまで不快には感じないとのこと。


戦闘力も最新式バリアをラッシュで容易く破壊できるほどにアップしている。


余談編集

企画時の初期名は「おおとりレオ」。


キッズ・ウォー3』第2話で真夏が演じる津村信彦が大沢校長を演じた大和田伸也から「大工さんからサンドイッチ屋に転身ですか」と話しかける場面があり、信彦が照れながら「華麗なる…転身!!」とレオの変身ポーズをとるシーンがあった。ちなみにドラマで共演した井上真央、双子の斉藤祥太斉藤慶太兄弟は真夏と同じ横浜出身であり、前作『ウルトラマンタロウ』で海野八郎でゲスト出演した大和田獏は大和田の兄である。また、『ウルトラマンコスモスTHE_FIRST_CONTACT』のSRC隊長のアカツキ・ノボル役や『ウルトラマンブレーザー』で源川稔役を演じた川野太郎とは、シリーズ4まで共演しており、シリーズ4には『ウルトラマン80』でイトウ順吉役を演じた大門正明と共演している。


真夏はダンを演じた森次晃嗣が主人公を演じた『ウルトラセブン』をリアルタイムで見ていたと語っている。


レオが格闘主体なために勘違いされがちだが、「武器に頼れば隙が生じる。最後に頼るべきは自分自身だ」というメビウス客演時のセリフは武器を使う事を否定しているわけではない、事実としてレオは必要とあらば、レオヌンチャクで戦うシーンがあったし、愛弟子であるウルトラマンゼロは格闘だけでなく、ゼロスラッガーでの戦闘が主体である。

ここで彼が言っているのは「武器を過信しすぎず、己の実力を磨く事が大事」ということ。その言葉を裏付けるようにリフレクト星人は自分の防御力を過信して敗北している(GUYSを雑魚と呼んだことからもその慢心具合が窺える)。いかに優れた武器でも、使う者の実力が伴っていなければ真価は発揮されないのだ。



関連項目編集

ウルトラシリーズ 少林寺拳法


マゼラン星人マヤ:かつてダンに牙を向いた敵宇宙人。最後は母星に見捨てられて、ダンから差し伸べられた手を拒否して自決した。ゲンの生き様はダンからすれば彼女の裏返しだと言える。

イグニス後のウルトラ作品にて同じように邪悪な輩に故郷を滅ぼされた宇宙人。後にウルトラマンの力を手に入れる。


歴代ウルトラマンの主人公系譜

東光太郎 → おおとりゲン → ヒカリ超一郎

関連記事

親記事

MAC(ウルトラマンレオ) ぼうえいちーむまっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました