ピクシブ百科事典

おおとりゲン

おおとりげん

『ウルトラマンレオ』の主人公、レオの人間体。
目次[非表示]

「男はいつも戦うんだ。自分自身と戦うんだ」

概要

演者:真夏竜

 故郷L77星マグマ星人に滅ぼされて地球亡命してきたウルトラマンレオ人間態。なぜ漢字表記でもオールカタカナでもないのかは不明。おゝとりゲンと表記されることも多い。
 普段は城南スポーツセンターに指導員として勤務しているが、レッドギラス暴行を受けて変身能力を失ったモロボシ・ダンの危機を救ったことで彼が隊長を務めるMACの隊員として「第二の故郷」地球を守るために宇宙人怪獣と戦った。
 初期の師匠とのムチャな特訓は今なお語り草になっており、演じた真夏氏ですら後に「ありゃマジで殺されるかと思いました」と述懐している。

お願いします!隊長やめてください!



赤獅子の修羅道


 アストラとの再会、幻の超人ウルトラマンキングとの出会い、M78星雲からの使者ウルトラマンジャックとの共闘、ババルウ星人の陰謀との戦い…とゲンは様々な強者と出会い、解れ、人間として、武者として大きく成長していくが、築き上げたわずかな幸せはあっという間に崩された。
 地球を狙うブラック指令が送り込んだシルバーブルーメにより、MACはゲンを残して全滅、ダンは行方不明になった。更にシルバーブルーメは東京を襲撃し、ゲンの友人恋人までをも手にかける。豪雨降りしきる中シルバーブルーメを撃滅するレオだったが、その雨の様にレオの心は荒れた。
 円盤生物との激闘を経て、遂にレオは最後の敵、ブラックエンドを勇気ある少年少女(のリンチ)によって得た水晶玉で撃破。更に邪悪の根城・惑星ブラックスターたった一撃で破壊した。そこには怪獣や宇宙人に毎週のように叩きのめされる頼りないヒーローの姿は、もう無かった。
 全ての戦いを終えたゲンはレオリングをトオル少年に託し、ヨットに乗っての彼方へと消えていった。やっと今、本当の故郷となった地球の平和を、その眼で確かめるために。

再登場

 そして31年の時が流れた。
 新たにM78星雲光の国からやって来たウルトラ戦士ウルトラマンメビウスは、全ての光線技を無効化するリフレクト星人に苦戦を強いられていた。メビウス(ヒビノ・ミライ)はリフレクト星人を倒す方法を模索するが、そこに一人の托鉢が現れる。彼こそが、おおとりゲンその人であった。

 この時既に宇宙警備隊の一員としての任務に就いていたゲンであったが、彼にとっては今も地球こそが本当の故郷であり、メビウスが自分の故郷を託せるに相応しいかを試すためにやって来たのだ。

みんなの未来を壊しちゃいけない



 トオルから返してもらったのか、きらりと輝くレオリングでウルトラマンレオに変身。メビウスと手合わせを行い、彼に欠けていることを教えたのだった。その姿は、かつて自分に技を叩き込んだダンにそっくりだった。

「お前たちの戦いは、必ず勝たなければならん戦いなんだ! そんなこともわからずに、よくウルトラマンを名乗れたものだ!」
その顔は何だ? その目は! その涙は何だ! そのお前の涙でこの地球が救えるのか!!

 かつての弱かった自分自身に決別するかのように、ゲンはミライを叱咤激励し、かつて自分が使った胴着を投げ渡した。
 ミライは防衛組織GUYSとの猛特訓の果てに新技を編み出した。そしてリフレクト星人に戦いを挑むメビウスだったが、リフレクト星人はGUYSの戦闘機を捕まえて人質に取ろうとする。ゲンは再び獅子の瞳青空に向けて突出し、ウルトラマンレオへと変身した! レオとメビウスはダブルキックを放ち、リフレクト星人を撃破する。その雄姿を見て、ゲンはミライに地球の平和を託し、去っていった。怪獣たちに殺された人々のを慰めるために。

 その後レオはエンペラ星人による太陽黒点殲滅作業にウルトラ戦士と共に参加し、宇宙の平和を守るためにウルトラマンとして戦い続けている。

 そして、やがて彼は出会うこととなる。大切な人の、大切な息子と。

関連項目

ウルトラシリーズ 少林寺拳法

pixivに投稿された作品 pixivで「おおとりゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43219

コメント