ピクシブ百科事典

マゼラン星人マヤ

まぜらんせいじんまや

「マゼラン星人マヤ」は、『ウルトラセブン』に登場する宇宙人。

演:吉田ゆり

第37話「盗まれたウルトラ・アイ」に登場したマゼラン星の工作員。
マゼラン星人は、これまでに登場した宇宙人と異なり、地球を侵略対象とするにも値しない「狂った星」と蔑み、破壊することを目的としていた。

ウルトラセブンにこの計画を妨害させないためにモロボシ・ダンからウルトラアイを盗むことが任務だったが、任務を果たしても母星から連絡が取れないことで、自分が最初から見捨てられていたことを知り絶望する。
その後、ダンからの「この星で生きよう。この星で一緒に…」というある意味プロポーズにも聞こえる必死の励ましもむなしく、ウルトラアイを返却すると消えるようにして自ら命を絶った。

尚、マゼラン星から地球破壊の為に発射された恒星間弾道弾は宇宙ステーションV2を破壊し、ウルトラホーク1号ウルトラホーク2号の攻撃も寄せ付けなかったがセブンの手によって地球に直撃する前に軌道を変更され宇宙の彼方へ飛んでいった。

地球上では18歳前後の少女の姿をしていたが、これが本来の姿だったかどうかは不明。
劇中一度も発声せず、ダンとは宇宙人同士、専らテレパシーを通して会話していた。

余談

人間と同じ姿の宇宙人という設定は、怪獣を登場させる予算がなかったためとされている。

ジュークボックスのキーは「I」が欠けており、「ウルトラアイ」が無いことやマゼラン星に「愛」がないこととかけているものとされている。

初期稿ではアルファ星人マーヤという名で、最後は星人の正体を現しジュークボックスで自爆するという展開も考えられていた。また恒星間弾道弾にも「ブラマトン」という名が付けられていた。

尚、後にセブンことダンが出会うウルトラマンレオこと おおとりゲンの生き様はダンから見るとマヤの裏返しだったと言う。

関連タグ

哀しき悪役

関連記事

親記事

ウルトラセブン うるとらせぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マゼラン星人マヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10669

コメント