ピクシブ百科事典

盗まれたウルトラ・アイ

ぬすまれたうるとらあい

「盗まれたウルトラ・アイ」とは『ウルトラセブン』の第37話。
目次[非表示]

登場怪獣

マゼラン星人マヤ

概要

1968年6月16日放送。

モロボシ・ダンと宇宙人少女の悲恋物語。

STORY

未確認飛行物体が墜落したという情報を受け、ウルトラ警備隊が出動した。
調査に向かったフルハシ隊員とアマギ隊員は、墜落現場とされる夜の山でダンプカーを運転する謎の少女とすれ違う。その先には血まみれになったトラック運転手と、宇宙船が離陸した跡と思われる痕跡が見つかった。

報告を受けたモロボシ・ダンは検問を引いたが、少女は強引に突破していく。ポインターに乗って追いかけたダンだったが、宇宙船からの攻撃を受けて崖から転落。そのまま気を失ってしまった。
少女は倒れているダンに近づき、ウルトラアイを盗んでいった。

その少女マヤはプラネタリウムにいた。地球を賛辞するナレーションを冷めた顔で聞きながら、マヤはレコーダーを操作する。
宇宙ステーションV2ではマヤが宇宙に向けて発信していた怪電波によるメッセージをキャッチしていた。

「マゼラン星へ。第一任務完了しました。迎えの円盤を送ってください」

V2からの報告を受け、地球防衛軍は電波の発信源特定を開始した。
それから4日後、「迎えはまだか。迎えはまだか」という新しい電波がキャッチされた。場所は「ノア」というスナック
スナック・ノアの中で踊り狂う人々。その中にマヤがいた。ダンとマヤはテレパシーで会話する。

「ウルトラアイを何故とった?」
「それが私の任務だから」
「地球を侵略するつもりか?」
「こんな狂った星を?見てごらんなさい。こんな星、侵略する価値があると思って?」

ダンは「迎えはまだか」と言うマヤのメッセージを反復させると、マヤは踊るのを辞めて立ち去って行った。
調査の結果、スナックの中にあるリズムボックスが電波発信源となっていた。ウルトラ警備隊はリズムボックスを回収し、マゼラン星へとむけたメッセージを転送する。
返ってきたメッセージは驚くべきものだった。
「恒星間弾道弾すでに発射せり。迎えに及ぶ時間無く」マゼラン星人は地球にミサイルを発射したのだった。マヤはその任務を帯びて地球に来たのだった。
迎えに来れないという部分を不審がるアンヌ。ダンは彼女は用済みとみなされて見捨てられたのだと推測する。

ミサイル着弾予想時間は午前0時。残り7時間。ミサイルは刻一刻と地球に接近し、ステーションV2を破壊。すぐさまウルトラホーク1号ウルトラホーク2号が出撃するが、ミサイルにダメージを与えることができない。

一方、ダンはマヤを求めて再びスナック「ノア」を訪れる。
だが彼を出迎えたのは、顔にウルトラアイを付けた客たちだった。客からかたっぱしにウルトラアイを引きはがしていくダンだったが、客たちは操られたかのようにダンに襲い掛かり、ダンは気絶してしまった。
午後11時。時計の鐘で目を覚ましたダンは、客が一人もいなくなっている事に気付く。そこにマヤが現れた。

「この星の命も午前0時で終わりです」
「君も死ぬのか?」
「私は仲間が迎えに来てくれるわ」
「誰も来ない。君は始めから見捨てられたんだ」

そう告げると、ダンはマゼラン星へのメッセージが記録されたパンチカードを手渡す。マヤはそれを受け取り、内容を確認するとダンに向き直った。

「この星で生きよう。この星で一緒に……」

ダンはマヤを説得するが、マヤは無言のままウルトラアイを返却した。
ダンはウルトラセブンに変身。宇宙に飛び立つとミサイルの中にあるコントロール装置を操作してミサイルの軌道を逸らしたのだった。

地球滅亡の危機は免れた。しかしマヤはスナックの中にあるジュークボックスの「J-7」のキーを操作して細胞分解ガスを浴び、自ら命を絶ったのだった。
ダンがスナックに戻った時にはもうマヤの姿はなく、彼女が付けていたブローチだけが残っていた。

「何故他の星ででも生きようとしなかったんだ……僕だって同じ宇宙人じゃないか……」

「数年後には、我々も月旅行が可能になるかもしれません。しかし月にも土星にも生物が全くいないという確証はないのです。我々が月に、その他の惑星に行けるとしたら、あるいは不思議な少女と同じ運命が待ち受けているのかもしれません。」(ナレーション)

ノアを出たダンは、人込みとネオンにあふれた夜の街を出るとポインターで走り去っていった。

関連タグ

ウルトラセブン

pixivに投稿された作品 pixivで「盗まれたウルトラ・アイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント