ピクシブ百科事典

市川森一

いちかわしんいち

市川森一とは、日本の脚本家である。
目次[非表示]

概要

1941年、長崎県に生まれる。

1966年に快獣ブースカでデビュー。それ以来は子供向け番組に多数関わるようになる。

クリスチャンであり、彼の執筆する作品、特にウルトラシリーズにはキリスト教の影響を受けたキャラクターや設定が多数登場する。ウルトラマンエースではウルトラ兄弟をゴルゴダ星の十字架にかけたことで「ウルトラマンを殉教者にしてしまった」と一時メインライターを降板したというエピソードがある(裏番組のシルバー仮面に移るためともいわれている)。しかしスタッフの願いにより最終回の脚本を書いた。

その後は一般ドラマに移り、多数の章を受章。脚本の仕事以外にもワイドショーのコメンテーターとして活動していた。
平成名物TVえびぞり巨匠天国では審査員を務めたが、ブースカをネタにされると激怒し審査の点が辛くなると評判であった。

2011年、肺がんにより死去。享年70歳。

主な参加作品

特撮

アイロス星人-古代ギリシャのギリシャ悲劇確立者「アイスキュロス」より
カナン星人-旧約聖書の約束の地「カナン」より
ペテロ-「聖ペトロ」より
ザンパ星人-フェデリコ・フェリーニ監督の「道」に登場する旅芸人「ザンパノ」より
プロテ星人-ギリシャ神話の火の神「プロメテウス」より
サロメ星人-新約聖書に登場するヘロディアの娘「サロメ」より
プルーマ-イタリア語の「羽」より
  • 仮面ライダー(1971年-1973年)-企画参加、及び第4話を島田正之と共に執筆
第4話は植物の怪人であるサラセニアンに言葉を話させない構成であるため、他の脚本家に称賛された。
バラバ-新約聖書に登場するキリストの代わりに恩赦で釈放された囚人バラバより
ゴルゴダ星-キリストが処刑されたゴルゴタの丘より
サイモン星人-旧約聖書に登場する人物シメオンより

大河ドラマ
黄金の日々
花の乱
山河燃ゆ

ドラマ
火曜サスペンス劇場
藤子不二雄の夢カメラ
泣いてたまるか
私が愛したウルトラセブン

関連タグ

脚本家

pixivに投稿された作品 pixivで「市川森一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1061

コメント