ピクシブ百科事典

久里虫太郎

くりむしたろう

「久里虫太郎」は、『ウルトラマンA』の登場人物。

演:清水紘治

概要

 第4話「3億年超獣出現!」に登場する劇画作家。狂気と妄執に憑りつかれた男で、「悪魔のテレパシー」で何でもできると思い込んでいる。

 TAC美川のり子隊員とは中学時代の同級生。劣等生だったが当時から絵だけは得意だったという。美人で優等生だった美川に片想いしており、卒業式の日にラブレターを渡したが封も切らずに突き返された苦い思い出を持つ(彼女のほうはすっかり忘れていた)。

 手紙の中には自身の描いたガランの絵を同封しており、これが後に自らの思念から生み出した超獣のもととなった。確かに上手に描けていたが好きな女の子への手紙にそんなものを添えるとは、当時からかなり危ない性格だったことが窺える。

 後に高名な劇画作家になったが、その歪んだ精神からヤプールに魅入られ、魂を売ることになる。彼の描く漫画の通りに動く超獣ガランを操ると共に、初恋の人・美川への想いを今こそ実らせようと、同窓会と偽って彼女を自分の屋敷に誘い、軟禁。執拗に結婚を迫った。かつて同様に結婚を迫られながらあくまで拒んだためそのまま死に至り、白骨死体となった女性がいた。

 逃げ出した美川隊員を取り戻そうと、漫画でガランを動かしてTACウルトラマンAを相手に大暴れするが、ガランと一体化していたために超獣が受けたダメージが久里にもフィードバックしてゆき、最後にガランが死ぬと同時に久里も屋敷もろとも爆死した。

 その後、ウルトラマンメビウスにおいて、ヤプールが彼の姿を借りて登場している(演じているのはAと同じく清水)。

関連タグ

ウルトラマンA ヤプール
ストーカー ヤンデレ

蛭川光彦…虫太郎と同様にヤプールの甘言に唆されて、ウルトラマン抹殺の手先になった悪しき地球人の代表格。ちなみにメビウス登場時にヒルカワを誘惑したのは虫太郎の姿である。

pixivに投稿された作品 pixivで「久里虫太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2273

コメント