ピクシブ百科事典

蛭川光彦

ひるかわみつひこ

『ウルトラマンメビウス』の登場人物にして、ウルトラシリーズ屈指の問題人物。
目次[非表示]

※注意


このキャラクターは、その所業ゆえにアンチが非常に多く、時折過剰なキャラヘイト表現や、『似たような人物』など本来の記事内容の趣旨からズレた書き込みが行われることがあり、それが原因となって編集合戦へと発展することも多々あります。
原則中立性のある記事を保つ為、そして無益な編集合戦を防ぐ為にも、そういった書き込みは極力控えるよう、お願い致します

概要


「触るなぁ! 化け物ッ!」

「…俺は見たぞ、お前の正体を…黙ってるつもりはないからな」

GUYSクルー、ヒビノ・ミライです!…もちろんGUYSの連中もグルですよ 奴の正体を知りながらずっと隠してたんです!」

データ

本名:蛭川光彦(ヒルカワ・ミツヒコ)
職業:ジャーナリスト(フリーランス)
役者:加藤厚成


ウルトラシリーズにはウルトラマン第23話『故郷は地球』や、帰ってきたウルトラマン第33話『怪獣使いと少年』等、時として人間側の過失や人間の持つ醜さ等を表現し、批判している話が少なからず存在し『A』、『80』等の作品でも、人間が持つ負の感情=マイナスエネルギーがテーマとなったり、怪獣出現に大きな影響を与えると言った話が存在する。
だが、その中でもこのヒルカワと言うキャラクターは、マイナスエネルギーをそのまま具現化させた、地球人の悪しき一面のみを象徴しているとも呼ぶべき悪役で、シリーズの中でもかなり特異な存在である。

劇中では終始あまりにも下劣な行動ばかり取り続け、主人公達(そして視聴者)の苛立ちを募らせた上、ウルトラシリーズにおいては珍しく最後の最後まで一切改心する事はなく、挙句の果てに一応断罪を示唆させる描写はあるものの)敵怪人・怪獣のような決定的な制裁は受けないままフェードアウトすると言う、非常に後味の悪すぎる退場の仕方をした。
この事実から、全国の子供達や往年のウルトラシリーズファンから、悉く怒りや反感を買い、一部からは『ウルトラシリーズ史上最低最悪な地球人』という声も上がり、その嫌われぶりは、演じた役者本人も否定的な意見を出した程。
放送終了から十数年が経過した現在でも、ネット上で特撮作品における最も悪名高い人間(地球人)の1人として、必ず名前が上がる程である。

人物像

性格は陰湿、狡猾、自分本位、傲慢、強欲、粗暴、不誠実、不作法、無慈悲、粘着質、恩知らずと言った、人間のあらゆるマイナスエネルギーが凝り固まったかのような、外道の中の外道
その悪辣さは仕事上でもフルに発揮されており、ゴシップやスキャンダルと言った他人の粗を探ったり、不幸にさせるような記事を常に追い求め、根も葉もない話から記事を捏造したり、相手の心境や事情を顧みない強引な突撃取材は勿論の事、他人の弱みにつけ込んで利用したり、果ては盗撮等の卑劣な手段を使う事も辞さない、典型的な悪徳記者
だが、その一方でジャーナリストとしてのスキル自体は決して悪くはないと、正に『才能の無駄遣い』と言う言葉を悪い意味で体現している。
と言うか、こう言うロクでもない奴に限って、有能だったりするのはある種のお約束だったりするが……。

何故か「GUYS」に対し、過剰なまでに批判的な見解を示しており、劇中では専ら彼らの評判や信頼を下落させる為の粗探し(※1)に余念が無い。
また、GUYSが地球防衛組織と言う立場上、下手に民間人に対して暴力等の強行手段を採る事が出来ないのを知って、GUYSメンバーを真っ向から好き放題に挑発する等、自身が民間人(にして報道関係者)である立場を最大限に悪用する一面も。

更にはあろう事か、長年に渡って地球を幾度も怪獣や侵略者の脅威から守ってきてくれた、ウルトラマン達に対しても、その恩義を一切感じる事なく、『異星人である』と言う理由だけで差別意識を抱く始末。
その偏見ぶりは彼等を宇宙人呼ばわりする事は愚か、面と向かって化け物と侮蔑する等、完全に怪獣や侵略者達と同列の存在に考え、「アイツら(ウルトラマン)が居るから地球が怪獣や宇宙人に狙われるんだ!」と疫病神扱いする程(※2)。

このような人物像故に、出会った人物のほぼ全員から強い忌避感を抱かれ、特に彼の為に散々迷惑を被ったり、窮地に立たされる羽目になったGUYSメンバーからはハイエナ」、「人間のクズと毛嫌いされ、遂にはウルトラシリーズ随一ともいえる陰険さを持つ異次元人ヤプールをもってして「下等な人間」と言わしめた程である(※3)。



※1……蛭川の様な捏造紛いの悪質な取材は許されないが、防衛チームが正しく機能、運営される上で、GUYS(及び防衛チーム)は取材において内部を探られ続ける事も必要なのだと、肝に銘じておかなければならない。
と言うのも、この防衛チームも過去のケースにおいて、人命を軽視した作戦を実行したり、上層部の都合で隠蔽等に走ったりした事があり、GUYSの具体例としてはコダイゴンジアザーの一件が挙げられる。
グロテスセルの処理に失敗して隠蔽に走り、その上コダイゴンジアザーと言う怪獣が現れた事例がある以上、決して潔白であると言いきれない。
但し、取材は防衛チームやウルトラマンの存在意義や立場を理解し、批判する事になろうとより良いあり方を模索する為の、極めて真っ当な記事を書く者でなければならない(後述にある『ウルトラマンガイア』のテレビ局「KCB」取材班クルーや、『ウルトラマンオーブ』のSSP等は、その模範的な例と見ても良い)。
自身の私的な功績、怨恨等の感情や私利私欲に左右される「蛭川光彦」ではなく、社会的秩序・正義に基づく追及はある程度必要だと言う点は留意すべきであろう。

※2……事実として、このような言及をしたのは蛭川がシリーズ初ではなく、『ウルトラマンレオ』終盤において、準レギュラーキャラの美山いずみが「(ウルトラマン)レオが地球にいること自体が怪獣や侵略者達が出現する原因になっているのでは?」と述べたのが最初とされている。
後作では『ウルトラマンギンガS』の神山長官が「ウルトラマンといえど宇宙人。いつ地球の脅威になるかも分からない」と言った意見を述べたり、『ウルトラマンジード』においてかつて地球を含む全宇宙を滅ぼそうとした悪しきウルトラマンと風貌が似ているウルトラマンに対して、市井の人々が猜疑心や恐怖心を向ける等、ウルトラマンをはじめとした善良な異星人に対しても、地球人が過剰に警戒する場面はウルトラシリーズ全体を見ても決して珍しいケースではない。
またナックル星人ブラック指令のように、侵略宇宙人が地球侵略に際して、最大の障壁となりうるウルトラ戦士の抹殺を第一目標にした作戦を仕掛けてくる事や、バット星人エンペラ星人のように地球がウルトラ戦士達にとって、光の国に次ぐ重要な星であると認識した上で、ウルトラ戦士達への嫌がらせがてらに侵略しようとしてくる事は珍しくなく、万が一にでもその過程(巻き添え)で地球人の犠牲者が出る事になれば、「ウルトラマンのせいで侵略者が襲来してきた」と認識する人達が出てきても無理はないだろう。
中にはテンペラー星人のように、本当にウルトラ戦士だけをターゲットにして地球に襲来した宇宙人や、後のシリーズにおいて、実際にウルトラマンに唆された事で地球を侵略しようとした宇宙人も現れたが、怪獣や怪人自体はいずれのウルトラシリーズの世界観においても、ウルトラマンが飛来する以前から存在・登場している。
つまり彼らの存在そのものは、ウルトラマンの存在に関係ないので、「ウルトラマンがいるから怪獣や宇宙人が来るんだ!」と決めつけるのは、たとえそれらの事実を把握していない・知識不足からくるものだったとしても、あまりに一方的で筋の通っていない暴論、屁理屈に過ぎず、更に言えばただの八つ当たり言いがかりもいいところである。

※3……元々『A』の頃から幾度となく人間を見下す発言を繰り返してきたヤプールであったが、意外にも個人を指してその手の発言をしたことはほとんどなく、たびたび自分が利用してきた悪人達の醜い様を目の当たりにしても、大抵は「人間」と言う種全体を指す形で見下していた。
その事からも、個人的に「下等」呼ばわりされた蛭川はヤプールの視点から見ても、異様な程に低劣な人間性であったのだろう。

来歴

登場以前

GUYS入隊前のイカルガ・ジョージのバッシング記事(更に後述する蛭川初登場時のジョージの言葉を推測するに、その記事も実際には虚構記事であったと思われる)を書いており、この頃から既にジョージは彼に嫌悪感を持っていた模様。

初登場時

初登場の第28話ではGUYSのアマガイ・コノミの幼なじみで、傷害事件を起こして芸能界から干され気味になっていた俳優スザキ・ジュンと結託(実際は前述したスザキの事情を把握し、その弱みを突く形で半ば無理矢理協力させた)し、スザキの友人と偽って、コノミに接触する。

いち早くその正体に気付いたジョージを中心とした、GUYSメンバー達から詰問されるも、本人は開き直るような態度を見せただけでなく、スザキがコノミを騙していたと知り、激昂してスザキに殴りかかろうとしたアイハラ・リュウや、ウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライの様子をカメラで盗撮。
それを使ってバッシング記事を捏ち上げる事を企んで、逃亡した。だがその後、自分の過ちを悟ったスザキに、盗撮した写真のデータをGUYSに引き渡されてしまい、目論見は失敗に終わる。

再登場時

第43話で再び登場。街で海洋学者ジングウジ・アヤと遊びに来ていたミライを偶然発見し、第28話での一件の逆恨みを兼ねて、今度こそGUYSを貶める為のスキャンダルのネタを仕入れようと、彼に強引かつ厭味な取材を試みる。その時はアヤの毅然とした応対によって退けられたが、その後もしつこくミライやアヤに付きまとう。
しかし、その最中突然現れたメビウスキラーを前にして驚愕し、アヤを突き飛ばして真っ先に逃亡。
なんとかメビウスキラーが倒されると、体力を激しく消耗しアヤに介抱されていたミライのところへ戻り、更に厭味な言い回しでミライを詰問しようとした(勿論、前述の愚行についての謝罪も無し)。
 
だが、そこへ現れたヤプールによって、ミライやアヤと共に異次元に拉致されてしまう。

そこから続く第44話では、異次元に広がる荒廃した街を見て絶望感からパニックを起こし、宥めようとしたミライに対して「(こんな目に遭ったのは)お前のせいだ!」と八つ当たり。
それでも虫のおさまらない彼はなんとミライに暴行し、しかもミライを殺そうとする
 
まず蛭川はヤプールに人質にとられたのをミライに助けられたが、そこでヤプールから「あの男(ミライ)を殺せば、お前だけは助けてやるぞ」と言う誘惑に呆気なく乗せられ、今しがた助けられた恩も忘れ、ヤプールから提供された光線銃でミライを射殺しようとしたのである

極めつけは、彼がウルトラマンであることを知った蛭川が、上記したセリフ(一段目)を言い放って拒絶したシーン。
光線銃を撃たれたミライが、身を守ろうと(そしてアヤの巻き添えを防ぐ為)生身のまま発動させたシールド技「メビウスディフェンサークル」で、発射した光線を跳ね返した事で正体がバレたのだ。

それを見たヒルカワは、ミライを「化け物」と罵ったのだ。

そんなあまりに理不尽で身勝手過ぎる蛭川の暴挙は、歴代ウルトラ戦士の中でも特に地球に対し、深い敬愛心を抱いていたミライをも激しく幻滅させる事となり、それまで地球人に悪い感情を抱いた事等なかった彼に、僅かながらも初めて嫌悪感・失望の念を抱かせた。

これらは全て、ヤプールが過去にエースとの戦いでも、たびたび利用してきた手であった人間のエゴを利用した、ウルトラマンを心理面から追い詰める作戦であり、ヤプールは端から蛭川にミライが殺せるとは期待しておらず、本当の狙いはミライに蛭川の醜悪な言動を見せつける事で、地球人に対して失望させた上で仲間に引き込む事であった。

それでもミライは完全に屈する事はなく、彼を受け入れ、支える事を選んだアヤを信じ、Aからも激励を受けてヤプールの誘いを退ける。
そしてメビウスに変身してヤプールを倒し、アヤや蛭川も助け出されたが、この時蛭川は微塵の反省も悪びれる様子も見せず、ミライに向かって不吉な笑みを浮かべながら上記二段目のセリフにもある「黙ってるつもりはないからな」と言う、意味深な言葉を残しつつ去っていった。

この一連の事件はミライにとって初めて、自分の善意や優しさが尽く踏みにじられる衝撃的な出来事となり、同時に蛭川のようなウルトラマンに対し敵意同然の感情を抱く、悪しき地球人も居ると言う、当たり前ながらも大きな教訓を学ぶ機会となった。
そんなミライに対し、A(北斗星司)は地球人への敬愛心を失わない様に、かつて自分が地球を去る際に子供達に残した、あの名言を語り、激励するのだった。


優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達 になろうとする気持ちを失わないでくれ。例えその気持ちが何百回裏切られようと。それが私の……変わらぬ願いだ

本編終盤時

第44話終盤に残した言葉の通り、最終三部作の序章である第48話にて彼は週刊誌に「GUYSに宇宙人が潜伏」と言う記事を公表。ミライの正体をマスコミに暴露するという、恩を仇で返す行動を平然とやってのける。
さらに自らワイドショーに出演して、上記のセリフ(三段目)を宣言して、ミライとGUYS双方を非難し世間に動揺を走らせ、GUYSやメビウスの信頼を失墜させようとする。

更に間が悪い事に、この時地球は、侵略の為に迫りつつあったエンペラ星人から「メビウスを差し出せ」という要求を受けている最中であり、この公表は結果的にミライを地球追放の危機に立たせることとなった。
しかし、GUYS隊長にして総監のサコミズ・シンゴの世界に向けた演説(その最中も、サコミズの言葉に嘲笑いながら茶々を入れたりしていたが、即座に同席していた司会者から「静かに!」と一喝されてしまった)によって、人類はミライの引渡しを拒否する意向を示し、エンペラ星人を前に団結力を強くし、GUYSやウルトラマンをより強い信頼を向けるようになるという蛭川の意図とは真逆な展開と進むこととなる。

こうして蛭川は、図らずも人類とウルトラマンの絆を絶対的なものへと昇華させるというメビウス最終章序盤の大一番の立役者の一人として貢献する形となってしまった。
人々が「守る」と決意したメビウスを散々批判していた事も仇となり、自分自身の面目が丸潰れとなり、大恥を晒すという痛烈なしっぺ返しを受け、最後はGUYSやメビウスへの激励の声が飛び交う中で、唯一人予想外過ぎる現状に信じられないと言わんばかりに愕然とした表情を浮かべながら、茫然自失となっていた。

考察

前述した通り、最後まで自分の非を改めるどころか、認める事すらしなかった蛭川であったが、何故、彼が欠片ほどの善意さえ持たない性格となり、ウルトラマンや防衛チームを徹底的に拒絶し続ける様になったのか?。

  • 劇中では彼の人物像に関わるバックヤードを考察させる描写は無いが、視聴者の意見としては……
    • 過去に悲しい出来事「怪獣災害に巻き込まれた際に、助けが間に合わなかった」、「公権力の不祥事に巻き込まれた」、「幼少期にいじめられた」等)があり、その際に自分に味方をしてくれる人物がいなかった事で、自分以外の全てを信じられなくなったのではないか。
    • ジャーナリストという職業から当初は正義感で真実を追い求めていたつもりが、世の中の悪しき一面に触れた事で自らも毒され、次第に人間としての情を失い、手段を選ばなくなった。
    • (メビウス当時は若い世代であったと言う事実を鑑みて)怪獣頻出期をよく知らない世代故に、ウルトラマンや防衛チームの苦労がわからず、彼らの存在意義を懐疑的に見るようになった。
      • そもそも侵略を受け、主導権が宇宙人になり変わってしまった場合、今までのような衣食住や人権に生活、最悪命が保証されない可能性が高く、ウルトラマンや防衛チームが居なければ、容易に地球が奪われると言う危うさを理解していれば、彼等を私怨で排除等やろうとする筈がない。余談だが、過去のウルトラシリーズにも「宇宙人の侵略を受け入れよう」と唱えた少年がAのヒッポリト星人の時に居る。ただしその少年は幼さ故に、侵略を受けた未来を想像できず、父を失った自暴自棄強い敵に逆らわない方がいいと言うものであり、彼は竜隊長の説得を受けた後、前述の考えを改めている。
    • 元より、ウルトラマンや防衛チームの様な人々から称賛される存在に対して、羨望・嫉妬心を抱いていたが、いつしかそれが悪い方向へ増長し、一方的な怨恨へと変わっていった。
      • 事実、新生GUYS結成前には有名サッカー選手として名声を得ていたジョージを、執拗にバッシングする等をしていた。
と言う風に、元々は悪人ではなかったが、何らかの理由で歪み、捻くれてしまったのでは?と考察するファンも多いようだ。

勿論、劇中で見せた『他人の善意を容易く踏みにじり、自らの保身や名誉の為ならば、容赦なく他者を心身共に傷つける事を厭わなかった姿勢』から、先天性の情性欠陥者と言う、生まれながらのモンスターの可能性も、残念ながら十二分に考えられる。

余談

蛭川を演じた加藤厚成氏は、メビウス放映終了後に自身のブログで蛭川の事を取り上げ、「役者として演じる上ではインパクトのあった人物だった」としながらも、一連の悪行に関して「男はおろか人間としても風上におけない」と苦言を呈し、人物像については「最低野郎」と評するなど、演じながらも相当な不快感を抱いていたようだ。

しかし、メビウスを視聴していた甥からは嫌われてしまい、他の親族や子持ちの友人達からも「ムカついた」「最低」等と苦言や皮肉を呈されたと言う。

言うまでもないが、非人道的な悪行を重ねたのは『蛭川光彦』と言う架空のキャラクターであり、加藤氏自身は元から何も悪くなく、微塵の非もない
これはそれほどまでに加藤氏の演技が卓越していた証であり、視聴者は愚か、素の自分を知っている筈の身内さえも錯覚させてしまう程に見事な演技力を持っている点は、俳優としては非常に名誉ある事と言える。

その為、純粋に加藤氏の迫真の怪演を高く評価する声も多いが、それ以上に過激なファン・視聴者を中心とした本物のヘイトの声が集まる事となってしまう。メビウス出演から後年『大怪獣バトルNEO』において、ペダン星人ダイルを演じるまでの間、『ネクサス』において物語の黒幕ダークザギこと石堀光彦を演じていたことも加えて「出演する度にウルトラマンを苦しめている」と一部の視聴者から悪印象を抱かれ、さらにその中でも一部の心無い視聴者からは手酷い誹謗中傷を受けたり、八つ当たり同然かつ筋違いな内容のコメントを、当時加藤氏が運営していたブログや、番組公式ホームページの感想板などに多数送りつけられたりもしたという。

ちなみに『大怪獣バトルNEO』の初期脚本ではダイルは改心せずに悪役のまま退場する予定だったが、演者に決定した加藤氏が上述の風評被害に遭っている事を知ったスタッフの配慮によって、設定を変更したという裏話がある。それが功を奏してか、未だに蛭川のイメージを引きずっていた視聴者達の中にも、認識を改めた者が少なからずいた。

蛭川の最終登場回である第48話と、49話には『ネクサス』に平木詩織役として出演し、加藤氏とも共演していた五藤圭子氏が、メビウスを応援する親子の母親役としてゲスト出演しており、報道特番司会役には『ネクサス』の斎田リコの母親の斎田典子役の元井須美子氏がゲスト出演している。

関連人物

※注意 この項目に追記できるのはウルトラシリーズの登場人物だけです。

中の人関連

石堀光彦ペダン星人ダイル…ウルトラシリーズにおいて加藤氏が演じたキャラクター。詳細は各項目先を参照

メビウス関連

トリヤマ・ジュウキチ…同じくそのキャラのインパクト故に、『メビウス』の作中において大きな話題や注目を集めた準レギュラーキャラ。ただし彼は蛭川とは真逆で、所謂『愛すべき馬鹿』として注目された。

ハルザキ・カナタアンデレスホリゾントと(設定こそ異なるものの)アーマードダークネスに登場したGUYSの新人隊員。アンデレスホリゾントでは、当初は訳あって(蛭川の様な)ウルトラマンを含む宇宙人に対して強い偏見や敵意を抱いている人物であった。

ウルトラシリーズにおけるマスコミ関連

姫矢准ウルトラマンネクサスに登場したジャーナリスト。
蛭川とは逆に、報道の仕事を通して人間の欲深さや闇に触れ、その失望から人間不信に至ってしまった。

根来甚蔵…ウルトラマンネクサス前半に登場したジャーナリストで上述の姫矢の元同僚。
真実追及と彼なりの正義感に基づいているのだが、蛭川程卑劣ではないもののアウトローな取材手段を用いる。
それでもちゃんとした信念があるため蛭川よりマシだが、ネクサスの世界観では真実追及が必ずしも正義ではないと言う描写もあり、下記のKCBやSSPに比べるとグレー寄り。

KCBSSP…前者はウルトラマンガイア、後者はウルトラマンオーブにそれぞれ登場した蛭川と同様にウルトラマンや防衛チームを主な取材対象としている報道機関(後者は厳密には個人情報サイト運営チーム)だが、彼らは蛭川の様な私利私欲や偏見ではなく、純粋に真実を知る為自分達の報道を人々に役立てる為にウルトラマンを追っており、何れも最終盤には自分達の扱うコンテンツの力を活かして、各々ウルトラマンの勝利に貢献している

ウルトラシリーズにおけるトラブルメーカー関連

久里虫太郎ウルトラマンAに登場した劇画作家で、こちらもヤプールの甘言に唆される形で手先となった地球人。ヤプールが蛭川を誘惑する際に扮した人間態は彼の姿をモチーフにしている(演者も同じ)。

高倉司令官ウルトラマンAに登場した防衛組織の高官。
防衛軍の人間とは思えない程に身勝手且つ無責任な言動から、一部のウルトラシリーズファンの間では「蛭川に次いで最低な地球人」と評されている。

神山政紀ウルトラマンギンガSに登場した防衛組織の高官。
蛭川程偏ってはいないがウルトラマンを懐疑的に見ている他、その変身者に対して発砲し、こちらは実際に命中させている

カルロス黒崎劇場版ウルトラマンXに登場したWebTVタレント。蛭川同様、己の私利私欲の為に怪獣が絡む大騒動の当事者となったマスメディア関係者。
それでも蛭川と違って根っからの悪人ではなく、ウルトラマンに対する偏見も抱いてはいない。

石刈アリエウルトラマンジードに登場したノンフィクションライター。蛭川の様に自らの意志でウルトラマンの敵対者に加担している操觚者であったが、物語の終盤で、実際には蛭川とは(ある意味)何もかも逆のポジションのキャラクターであることが判明した。どっちかというと加藤氏が過去に演じていたあのお方に近い。

今里光ウルトラマンタイガに登場したベンチャー企業社長。
地上波放送では蛭川以来、久々に登場した名前付きの悪辣な地球人であるが、劇中では(過失であるが)実際に人を死なせるという蛭川以上の悪行を犯している。その為、ファンからは「(事故とはいえ)実際に人を死なせているだけ、蛭川以上のクズ」と評する声が相次いだという。蛭川と違い、護衛に就いていた人物に殴られる形ではっきりとした制裁されている。

田崎修ウルトラマンタイガに登場した主人公の所属組織の試験採用者。こちらも宇宙人に対して半ば一方的な憎悪を抱き、主人公の敵対者に唆されて、無抵抗の宇宙人に対して身勝手な暴論を吐いたり、暴力を振るうなどしたが、こちらはそうなってしまったのにはそれなりの理由があった為、蛭川よりは同情する余地がある。最終的には自身の身勝手さを反省し、迫害した宇宙人に頭を下げて謝罪した事で無事和解している。

関連項目

ウルトラマンメビウス 円谷プロ 吐き気を催す邪悪 マスゴミ 人間のクズ 外道 小悪党 風評被害

ウルトラマントレギア:実際にその暗躍が原因で複数の次元の地球怪獣を襲来させたウルトラマン。少々こじつけかもしれないが、蛭川の宣った屁理屈を現実にしてしまったと言えなくもない。

ラディゲ一条総司令楼山早苗仁良光秀蛮野天十郎:いずれも蛭川同様にアンチ勢からの嫌われ具合が酷過ぎて、それぞれピクシブ百科事典内の記事にて、過激なヘイト的記述が繰り返された事から、注意喚起を記載された特撮作品の悪役達。

天津垓:同様の言動を見せる存在でも、特に記憶に新しい存在。この存在も記事が荒れていたが、どちらかと言えば複数人の悪質ユーザーによって記事の検閲・私物化がされていた為。ちなみに奇遇な事に、加藤氏は天津垓の父親を演じている

ジャスレイ・ドノミコルス:演者の見事な怪演により、多数の視聴者から嫌われたキャラクター繋がり。こちらは視聴者に止まらず、共演者からも嫌われている。
 

※最後に


改めて言うが、ヒルカワに限らず、ドラマや映画に出てくる悪人達がどれほどイヤな奴であっても、それはあくまでも「演技」である。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという言葉の通り、番組中における役者の言動に対して嫌悪感を覚えるのは仕方が無いが、演じた方々はこういう役を演じた事自体は悪くない事を忘れてはいけない。罪を憎んで人を憎まずという言葉があるように、悪人キャラ(がとった行動)を憎んでもそれを演じた役者まで憎んではいけないという事を忘れないように。たとえ、客観的に自己責任の要素が在ってもそれを理由に徹底的に攻撃し、あまつさえ、そうやって自分の腹いせをしようと考える事は間違いである。役者に限らず、こういった誹謗中傷をする理由は知らない人間だからが大半だと思う。知らないから悪い印象しか無い人間それだけの人間と思い込み、仕事でも自分を不快な気分にさせた人間を許さないのである。

更に言うと、世の中には演じた役と同じ様な悪行を現実でも犯した役者も無きにしもあらずだが、勿論これは異例中の異例であり、そうした稀例や『悪役=演者も悪人』『テレビの中で許せない行動をとった=コイツは断罪すべき人間』という安易な偏見だけで、悪役を演じたり、問題行動をとった役者を過剰に攻撃する事は、安直で身勝手な偏見や、個人的な嫌悪だけでGUYSやメビウスを迫害、貶めようとしていた蛭川と何ら変わりない愚行である事を覚えておこう。

そして、軽はずみな正義感や憂さ晴らしがてらに攻撃した相手の誰もが、劇中におけるメビウス=ミライのような『どんなに虐げられようとも相手を思いやる寛大な包容力』や、その心の支えになる『仲間』の存在があるとは限らず、当事者にとっては軽い気持ちで向けた言葉の暴力によって傷つき、その傷を受け入れる心や癒やしてくれる存在がいない為に、人知れず追い詰められ、下手をすると最悪の事態に繋がってしまう可能性だってある事も忘れてはならない。

ウルトラシリーズでは度々、人間側の正義の暴走や、科学・兵器競争のいたちごっこを警鐘・揶揄する事がしばしばあり、特にウルトラセブンではモロボシ・ダンが、これを「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」と例えたエピソードはつとに有名であるが、『GUYS、ウルトラマンに対する理不尽な偏見から彼らを虐げ、陥れんとした蛭川←この悪辣な仕打ちを行った蛭川(を演じた加藤氏)をメビウス達に代わって懲らしめる為に貶しめようと理不尽なあてつけや誹謗を繰り返す視聴者』の構図もまた、趣旨こそ異なるものの、根本的に見れば同じ血を吐きながら続ける悲しいマラソンといえよう。

関連記事

親記事

ウルトラマンメビウス うるとらまんめびうす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蛭川光彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33314

コメント