ピクシブ百科事典

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

うるとらまんめびうすあんどうるとらきょうだい

特撮番組『ウルトラマンメビウス』の劇場版。
目次[非表示]

概要

2006年9月16日に公開された『ウルトラマンメビウス』の映画。同時期に放送されていたTV版の第23話・24話の間のエピソードとされている。

神戸市全面協力のもと、阪神・淡路大震災復興10周年として神戸を舞台に撮影される予定だった『ULTRAMAN2 requiem』が制作中止となったため、そのお詫びという意味も含めて本作では神戸を舞台にしている。

かつてウルトラ兄弟を苦しめた強力な宇宙人(の同族)たちとメビウスが激戦を繰り広げるという物語である。

次回作『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、パラレルワールドに住むマドカ・ダイゴが夢の中で本作の戦闘の最中に紛れ込んでおり、ウルトラ4兄弟の変身からメビウスたちの勝利までの様子を見守っていたとされている。

初期の企画段階では敵は怪獣軍団という案もあったが、『メビウス』の前番組『ウルトラマンマックス』で昭和ウルトラの怪獣が多数登場したため、宇宙人連合に変更された。この時期には、酉澤安施によるベムスターのデザインが起こされている。また、ボスには、『ウルトラマンゼアス』に登場したベンゼン星人が検討されていた。



あらすじ

ウルトラマン80が地球を去ってしばらく時が過ぎた1986年、ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックウルトラマンAの4人はヤプール憑依した最強の超獣Uキラーザウルス」を倒すためにで激戦を繰り広げていた。ウルトラ4兄弟は全エネルギーを使ってUキラーザウルスを神戸沖に封印した。
 それから20年の時が過ぎ、ウルトラマンメビウスは地球平和を守るためにヒビノ・ミライの名を借りて尽力していた。ある日、危機を察知したミライは神戸へと向かい、GUYSの海洋科学者「ジングウジ・アヤ」と接触する。そこでミライは、怪獣ケルビムから愛犬の命を救えなかった慙愧の念に囚われるアヤの・タカトと出会う。タカトの悲しみは自分たちの責任でもある、と悔やむミライだったが、そこに4人の中年男性が現れる。彼らはかつて自分と同化した勇者たちの姿を模した姿となったウルトラ4兄弟だった。4人は封印エネルギーを使いすぎて変身能力を失っていたのだった。地球人として暮らすウルトラマンたちは、「ウルトラ戦士は決してではない」とミライに伝える。
 一方そのころ、地球には人知れず魔の手が迫っていた。かつて同族たちがウルトラ戦士を苦しめた4人の侵略者が、Uキラーザウルス復活を狙い日本上空へと降り立ったのだ。

登場怪獣

宇宙人連合

テンペラー星人(CV:郷里大輔)
ザラブ星人(CV:青野武)
ガッツ星人(CV:ピストン西沢)
ナックル星人(CV:中尾隆聖)

ヤプール

Uキラーザウルス/Uキラーザウルス・ネオ(CV:玄田哲章)

余談

本作に出演した声優は『ドラゴンボール』や『それいけ!アンパンマン』でも共演している。

関連項目

大決戦!超ウルトラ8兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29076

コメント