ピクシブ百科事典

スーパーGUTS

すーぱーがっつ

スーパーGUTSとは『ウルトラマンダイナ』に出てくる防衛組織である。Super Global Unlimited Task Squadの略。
目次[非表示]

概要

前作のGUTSを強化・再編した特捜チーム。ウルトラシリーズの特捜チームの中でも、屈指の戦闘力を誇る。
映画『ウルトラマンサーガ』ではTVシリーズの最終回から15年後の世界が描かれ、当時のスーパーGUTSメンバーもマイを除き再登場を果たしている。
ちなみに、6話で明かされたことだが、命を張った危険な仕事にも関わらず、給料はマツタケが1本も食べられないほど安いらしい。


人物

アスカ・シン/ウルトラマンダイナ
本作品の主人公。リーフラッシャーでウルトラマンダイナに変身する、破天荒な22歳の青年。

ヒビキ・ゴウスケ
隊員たちを見守る良きスーパーGUTSの隊長。46歳。『サーガ』ではTPC総監に就任している。
説教するときの口癖は「バカモン!」
子供思いな人物だが、娘とは上手く行っていない。TPC隊員時代にゴルザ(強化)との戦いで無茶を犯したせいで同僚のワシズを失い、悲嘆に暮れていた所、両親を怪獣災害で失ったにも関わらず、自分を励ましてくれるハルナに恩義を感じ、孤児達の「あしながおじさん」として毎年クリスマスや誕生日になるとプレゼントをあげていた。
ヒビキを演じた木之元は当時46歳(第1話放送までは45歳)で、平成ウルトラマンシリーズでは歴代最年長記録を更新した(昭和ウルトラマンシリーズを含めれば『帰ってきたウルトラマン』の当時48歳で演じた伊吹竜役の根上淳が最年長である)。

コウダ・トシユキ
アスカに次ぐ熱い性格を持つ隊員。意外にも趣味はオペラ鑑賞である。
非常に責任感が強く仲間思いな人物で、仲間を侮辱したものは誰であろうとも食ってかかる。
第34話では臨時の隊長を務め、同話で正式に副隊長に任命される。34歳。『サーガ』ではTPC宇宙開発局参謀に就任している。

ユミムラ・リョウ
才色兼備の女性で口よりもまず手が出る、男勝りな性格。しかし、女性らしい一面もある。27歳。
作戦行動中は非常に冷静で、サングラスを付けている事が多い。意外にもオカルトに精通している一面もある。
小説版によれば、幼少期に両親を失って親戚のもとで育った過去を持つ。
アスカに対してフラグを立てていたが、ダイナがブラックホールの中に消えてしまった為、思いが叶う事がなかった。
『サーガ』ではスーパーGUTS隊長に就任している。

カリヤ・コウヘイ
28歳。オールバックヘアが特徴的な人物で射撃と考古学、サバイバル戦のエキスパート。
冷静で真面目な性格だが、同じ研究家気質のナカジマとは気が合うらしく、作戦を共にする事も少なくはない。
好きな物はコーヒーと古生物。
前日談を描いたウルトラマンティガTHE_FINAL_ODYSSEY当時は訓練学校ZEROの訓練生で、リョウやコウダの同期であった。
『サーガ』ではスーパーGUTS副隊長に就任している。

ナカジマ・ツトム
29歳。メカニックや科学分析(生物学、宇宙物理学、行動心理学が専門)を担当しており、非科学的な事はあまり信じず、「矛盾」という言葉を嫌うタイプだが、大食いでコミカルな言動が多い為、あまり頑固さを感じさせない好人物。慎重派で危険な事に首を突っ込みたがらないが、やる時はやる男(チェーン星人の策を見破り勝利の一手に繋げた他ジャギラ星人に捕らえれた友人を宇宙人探知機の反応を逆転させることで位置を特定させている)。
前日談を描いたウルトラマンティガTHE_FINAL_ODYSSEY当時はTPCの分析セクションに勤務していた。
『サーガ』では科学班主任になっており、アスカを追いかけるべく次元移動が可能な新型ネオマキシマ機の開発を行っている。

ミドリカワ・マイ
18歳。非常に明るい性格で、ウルトラマンダイナの名付け親。
メンバーの中でもコンピュータに精通していて、基地内では通信を担当、惚れた男性の誕生日は頭の中に全てインプット済みという恐ろしい頭脳の持ち主なのだが、年齢と年相応の言動のせいで軽んじられる事が多かった。劇場版ではアスカにも恋心を抱いていたようだが、あまり進展しなかった。
前日談を描いたウルトラマンティガTHE_FINAL_ODYSSEY当時はまだ高校生であった。
『サーガ』本編ではマイ役の山田まりやが当時産休だった為未登場だが、教官としてTPCに所属しており、タイガを推薦したのはマイとの事。

タイガ・ノゾム
『サーガ』にて登場したルーキー隊員。ダイナが活躍していた頃に怪獣によって両親を失っている。

メカニック/テクノロジー

ガッツイーグル
α号(イーグルジェット)、β号(イーグルウィング)、γ号(イーグルガイ)で合体編制され、後に「αスペリオル」と呼ばれる新型機が登場した。主武装は各機の兵装の他、3機のエネルギーを収束させた「トルネードサンダー」。
クラーコフ NF-3000
GUTSが運用していたアートデッセイ号の後継機種。移動式の司令部として運用される事が多い。南極で沈没したり、金星でスフィア合成獣に襲われるなど作中ではロクな目に遭っていない。ちなみにデザイン画ではメカゴジラ調の顔が付いていた。
コネリー07
調査・偵察が目的の小型艇。ヘリのようなローターで飛行し、武装は威嚇用レーザー「ムーア・キャノン」消火弾「ダルトン・ボム」を搭載している。機体名及び武装名は「007」から。ウルトラマンサーガでも登場予定だったのか、マーズベースのイメージイラストに登場していた。
ガッツマリン
水中探査/攻撃用の潜水艇。武装は「ブルー・レーザー」と小型ミサイル「ブレーク・シャーク」を搭載。「ブレーク・シャーク」を外し、有人小型ミサイルを搭載する事も出来る。
ガッツディグ
地中探査/攻撃用の掘削機。γ号を除いたガッツイーグルによって運搬される。武装は「アトミック・サンダー」を搭載している。ちなみに前作のピーパーよりかは出番が少なくなっている。
ゼレット
地上パトロール用の車両。ボッパーに比べ速度が速く、時速800km以上で走行できる。武装はルーフに搭載された「ゼラリアン砲」。ベース車は「ホンダ プレリュード(5代目)」。
ボッパー
地上パトロール用の車両。ゼレットに比べ速度が劣るが、どんな荒れ地でも時速600km以上で走行できる。武装はルーフに搭載された「バウンティ砲」。ベース車は「ホンダ CR-V(1代目)」。
ガッツ・ブラスター
スーパーGUTS隊員の主力銃。通常のビーム弾の他、アタッチメントでより多くの機能を使用できる。
ブレイク・シューター
円盤状の光弾を発射する大型銃。使用は初期のみで、ほとんど使用されていない。
XXバズーカ
大型光弾を発射するレーザー砲。読みは「ダブルエックスバズーカ」。
ギャラクシー・スナイパー
光弾を3連射するライフル銃。ダランビアに対し、アスカが使用したが大したダメージを与えられずエネギー切れとなった。
W.I.T.
Gの字に似た超小型コンピューター。通信機の役割を果たすが、サイズは大きめ。

余談

古代に蘇る巨人時点(ウルトラマンサーガから3年後である2038年)では『ネオスーパーGUTS』に再編されており、マドカ・ダイゴの息子マドカ・ツバサは訓練生にあたる。
小説版「ウルトラマンダイナ 未来へのゼロドライブ」によればグランスフィア撃破とダイナ消息不明の後に再構成が行われ、土星などの太陽系各所にスーパーGUTSが設置されており、以前のメンバーは火星駐留のスーパーGUTSマーズとして活躍しており、地球ではネオスーパーGUTSが設置されていると言う。また怪獣や侵略宇宙人の侵略はあったもののスーパーGUTSの努力で被害は最小限に留めていると言う。

関連

おれたちスーパーGUTS!



関連タグ

GUTS前作の防衛組織。
XIG次作の防衛組織。
ウルトラマンダイナ TPC
怪獣 宇宙人 スフィア
防衛チーム

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーGUTS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39444

コメント